野田 敏司/ノダ サトシ

Satoshi Noda

講師

学位:
博士(医学)

主要授業担当科目

  • 感染と防御
  • 医学英語
  • 人間関係学
  • 基本診療学

専門分野

  • ウイルス感染論
  • 感染免疫論
  • 大学高等教育論

現在の研究課題

  • ウイルス感染症発症機序の解明
  • 細胞分化とウイルスの成熟過程に関する研究
  • 医学教育における人格・教養教育の役割
  • 所属学会

    日本免疫学会

    日本ウイルス学会

    米国免疫学会(American Association of Immunologists)

    日本医学英語教育学会

    日本医学教育学会

    ヘルペス感染症研究会(Japan Herpesvirus Infection Forum)

    生物機能研究会

    初年次教育学会

    主な論文・著書

    • Noda et al. Cytomegalovirus MCK-2 controls mobilization and recruitment of myeloid progenitor cells to facilitate dissemination. Blood107:30,2006
    • 野田敏司:サイトメガロウイルス感染におけるNOの生態防御機能. In 生物機能研究の進歩1(山田耕路監修、生 物 機能研究会編集)、アイシーピー、東京、2002、p153-p166
    • Noda et al. Role of nitric oxide synthase type 2 in acute infection og murine cytomegalovirus. J.Immunol.166:3522,2001
    • 野田敏司、ほか:GVHDにおけるサイトメガロウイルス再燃の機序. Annual Review 免疫 2000 (矢田純一, 奥 村康, 佐藤昇志・編), 中外医学社, 東京, 1999, p243-248
    • Noda et al. Protection from anti-TCR/CD3-induced apoptosis in immature thymocytes by a signal through thymic shared antigen-1/stem cell antigen- 2.J.Exp.Med.183:2355,1996.

    メールアドレス

    snoda@is.icc.u-tokai.ac.jp

    戻る