増田 治史/マスダ ハルチカ

Haruchika Masuda

准教授

学位:
博士(医学)

主要授業担当科目

  • 血管医学

専門分野

  • 血管再生学
  • 幹細胞生物学

研究内容

1. 血管内皮前駆細胞の発生・分化と成体内動態の解析

 成体内血管形成の概念において、血管内皮前駆細胞(Endothelial Progenitor Cells = EPCs)の発見により、従来の既存血管内皮細胞の増殖・遊走による血管新生(angiogenesis)以外に、EPCの骨髄からの動員、局所組織への組み込み、増殖、分化、遊走による血管発生(post-natal vasculogenesis)の概念が加わりました。このEPCsの発生・分化過程、体内動態の解析を行っています。

2.血管内皮前駆細胞移植による血管再生療法の開発研究

 近年の再生医学の発展に伴い、自己組織幹・前駆細胞を用いた細胞治療(Cell Therapy)による再生医学(Regenerative Medicine)の分野が開かれつつあります。虚血性疾患を対象として、EPCsを用いた血管再生療法(Vascular Regeneration)の開発研究を行っています。

所属学会

日本循環器学会

メールアドレス

masu3510@is.icc.u-tokai.ac.jp

戻る