柴田 健雄/シバタ タケオ

Takeo Shibata

講師

学位:
博士(医学)

研究内容

初発急性心筋梗塞を対象としたProspective Studyのデータをもとに、非斉時Markovモデルを応用して退院後のイベント発生率の長期予測を行う。

患者満足度の新たな測定・評価手法として、階層分析法を応用した評価手法を確立する。

本研究では心理因子の重要度重み付け係数の信頼性を高めるために、一対比較尺度での測定方法とその数量化に工夫を加える。

複数の健診施設の健診データをもとに、より信頼性の高い正常値範囲の推定を行うためのデータベース作成と、正常値範囲の推定を行う。

正常値の推定方法に関しては、正常者のみを集団から抽出するために最適化の手法で用いられる数理モデルを応用する。

所属学会

日本医療情報学会

戻る