大塚 正人/オオツカ マサト

Masato Ohtsuka

准教授

学位:
博士(理学)

主要授業担当科目

  • MC1
  • MC2

専門分野

  • 動物遺伝学
  • 遺伝子工学・発生工学
  • 分子生物学

現在の研究課題

  • ゲノム編集による遺伝子改変マウス作製法
  • 人工miRNAによる遺伝子ノックダウン法
  • 遺伝子デリバリー法の開発と応用
  • 研究内容

    ノックアウトマウスやトランスジェニックマウスなどの遺伝子改変マウスは、個体レベルでの遺伝子機能解析やヒト疾患のモデルマウスとして、世界中で広く使用されています。我々の研究室では、主に実験用マウスを用いて、これらの遺伝子改変マウスを作製するための方法論の開発を行っています。

     例えば、Cre-loxP部位特異的組換え系などを利用して、Rosa26と呼ばれる遺伝子座位に1コピーの目的遺伝子を挿入することにより、安定した遺伝子発現を示すトランスジェニックマウスが再現性良く得られる方法であるpronuclear injection-based targeted transgenesis (PITT)法を開発してきました。

     最近は、Genome-editing via Oviductal Nucleic Acids Delivery (GONAD)法と呼ばれる、受精卵の単離、顕微注入、移植を要しない新規遺伝子改変マウス作製法を開発し、CRISPR/Cas9ゲノム編集法への応用などを行っています。

     今後は、CRISPR/Cas9系を用いて、より洗練されたゲノム改変技術の開発、遺伝子治療法開発、合成生物学への応用などを進めていきたいと考えています。

    所属学会

    日本分子生物学会

    日本実験動物学会

    日本繁殖生物学会

    歯科基礎医学会

    International Society for Transgenic Technologies

    主な論文・著書

    • Ohtsuka M. et al. Pronuclear injection-based mouse targeted transgenesis for reproducible and highly efficient transgene expression. Nucleic Acids Res. 38, e198 (2010)
    • Ohtsuka M. et al. Recombinant DNA technologies for construction of precisely designed transgene constructs. Curr. Pharm. Biotechnol. 10, 244-251. (2009)
    • Ohtsuka M. et al. Major histocompatibility complex (Mhc) class Ib gene duplications, organization and expression patterns in mouse strain C57BL/6. BMC Genomics 9, 178 (2008)
    • Ohtsuka M. et al. Possible roles of zic1 and zic4, identified within the medaka Double anal fin (Da) locus, in dorsoventral patterning of the trunk-tail region (related to phenotypes of the Da mutant). Mech Dev. 121, 873-882. (2004)
    • Ohtsuka M. et al. Construction of a linkage map of the medaka (Oryzias latipes) and mapping of the Da mutant locus defective in dorsoventral patterning. Genome Res. 9, 1277-1287. (1999)

    メールアドレス

    masato@is.icc.u-tokai.ac.jp

    ホームページURL

    http://masato2.wix.com/ohtsuka-lab新しいウィンドウを開きます

    戻る