藤本 修平/フジモト シユウヘイ

Shuhei Fujimoto

教授

学位:
博士(医学)

主要授業担当科目

  • 感染と防御「細菌学総論・各論」
  • 感染と防御「臨床感染症学」
  • 感染と防御実習 細菌・ウィルス
  • 感染防御学2・同実習
  • 感染症学特講・同実習

専門分野

  • 細菌学
  • 感染症学
  • 感染疫学

現在の研究課題

  • 感染対策
  • 感染対策の高精度化・電子化
  • 研究内容

    お薬の効かない耐性菌による院内感染症が大きな社会問題となっています。病院では、医

    学の進歩によって、がん、白血病を始めとする悪性腫瘍、心臓、肺、肝臓、腎臓、或いは

    骨や筋肉、神経の大きな障害も治療が可能になってきました。これらの治療のためには、

    もともとヒトが持っている様々な生体防御能(ばい菌の病気から体を守るしくみ)を一時

    的に取り除く操作が多く行われ、そのために、健康な人がかかることのない弱いばい菌に

    よる病気(日和見感染症)が多く発生するようになりました。病院では患者さんの治療や

    予防のために、ばい菌をやっつける薬(抗菌薬)が多く使われており、病院の中に長くい

    る菌の内、薬の効く菌は淘汰されて、薬が効かない菌(耐性菌)だけが残るようになりま

    す。健康な人がこれらの菌に感染することは少ないので病院の外ではあまり問題になりま

    せんが、日和見感染症の原因となるのは、これら病院に長くいる菌ですので、患者さんに

    とっては大きな問題です。私は、このような菌が病院に拡がるのを防ぎ、また、このよう

    な菌による日和見感染症を防ぐための研究をしています。

    所属学会

    日本細菌学会

    米国細菌学会(American Society for Microbiology (ASM))

    日本感染症学会

    日本環境感染学会

    米国医療関連感染疫学学会(The Society for Healthcare Epidemiology of America (SHEA))

    日本臨床微生物学会

    内科学会

    日本公衆衛生学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    大学での研究によって国民全体を守るための成果が多く生まれています。幹細胞、がん、

    再生、移植研究から生まれる高度医療を支えるのが院内感染の無い医療環境です。感染

    症、院内感染症の防止を研究し、それによって、国民の安全を守り、健康を増進するため

    の医療を支え、さらに、その中から、さらに未来に繋がる生物学的現象を見いだす機会に

    恵まれる、生体防御、感染症、感染対策、細菌学の領域は多様性に富んだ幅広い分野であ

    ると考えます。

    主な論文・著書

    • Tanimoto, K., Fujimoto,S., Ike, Y et al. Fluoroquinolone enhances the mutation frequency for meropenem-selected carbapenem resistance in Pseudomonas aeruginosa, but use of the high-potency drug doripenem inhibits mutant formation. , (2008) Antimicrob Agents Chemother, 52
    • Fujimoto, S and Ike, Y pAM401-based shuttle vectors that enable overexpression of promoterless genes and one-step purification of tag fusion proteins directly from Enterococcus faecalis. Appl Environ Microbiol,67:1262-1267,2001.
    • Fujimoto, S. and Clewell, D. B. Regulation of the pAD1 sex pheromone response of Enterococcus faecalis by direct interaction between the cAD1 peptide mating signal and the negatively regulating, DNA-binding TraA protein. Proc Natl Acad Sci USA ,95:6430-6435,1998.
    • 藤本修平 院内感染を防ぐ細菌院内拡散自動検出法, (2008) Medical Technology, 36, 682-683.
    • 藤本修平, 富田治芳, 池 康嘉, 「(特集病院感染対策にかかわるサーベイランス)「サ ーベイランスの電子化」」, Medical Technology, 2007, Vol. 35 No. 5 (2007 ・ 5): 449-455.

    戻る