今西 規/イマニシ タダシ

Tadashi Imanishi

教授

学位:
博士(理学)

主要授業担当科目

  • 統計学入門
  • 分子と細胞の医学
  • 医学情報学
  • データ解析論

専門分野

  • 生命情報学
  • ゲノム生物学
  • 集団遺伝学

現在の研究課題

  • 疾患バイオインフォマティクス研究
  • ゲノム進化機構の解明
  • 全生命科学データベースの統合化研究
  • 研究内容

    「ゲノム情報を生かした未来の医療を創る」

    技術革新により、個人の全ゲノムを調べることができるようになりました。ゲノムは病気へのかかりやすさや薬剤応答性などの個人差を規定しているので、近い将来、個別化医療や予防医療を実現していくためには、ゲノム情報解析の技術開発が欠かせません。そこで私たちは、ゲノムのDNA塩基配列を調べることにより、その人の病気へのかかりやすさなどの「体質」を予測する技術を開発しています。具体的には、(1)遺伝子型と表現型の関連についての網羅的なデータベース、そして(2)個人のゲノム情報を計算機で解析して表現型を予測するシステム、の開発を行っています。また、疾患の遺伝要因の解明や創薬ターゲット分子の探索をめざした「疾患バイオインフォマティクス」を研究テーマとして、ゲノム配列解析から疾患データベースまで幅広い研究を行っています。

    所属学会

    日本進化学会

    日本分子生物学会

    日本オミックス医療学会

    International Society for Biocuration

    International Society for Computational Biology

    The American Society of Human Genetics

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    「ゲノム情報を生かした未来の医療を創る」がわたしたちの大きな研究目標です。この目標に向かって、計算機を使ったさまざまな生命情報の解析やデータベースの構築を行っています。ゲノム情報の解析を通して生命の多様性と歴史を理解し、さらに医療への応用を探る、このような研究に興味があれば、あなたも参加してみませんか。

    主な論文・著書

    • Integrative Annotation of 21,037 Human Genes Validated by Full-Length cDNA Clones. PLoS Biology (2004)
    • The H-Invitational Database (H-InvDB), a comprehensive annotation resource for human genes and transcripts. Nucleic Acids Research (2008)
    • Hyperlink Management System and ID Converter System: enabling maintenance-free hyperlinks among major biological databases. Nucleic Acids Research (2009)
    • Reconstructing the demographic history of the human lineage using whole-genome sequences from human and three great apes. Genome Biology and Evolution (2012)
    • Full-length transcriptome-based H-InvDB throws a new light on chromosome-centric proteomics. Journal of Proteome Research (2013)

    メールアドレス

    imanishi@tokai.ac.jp

    ホームページURL

    http://bmi.med.u-tokai.ac.jp/新しいウィンドウを開きます

    戻る