谷口 俊恭/タニグチ トシヤス

Toshiyasu Taniguchi

教授

学位:
博士(医学)

専門分野

  • 分子生物学
  • がん生物学
  • DNA修復

現在の研究課題

  • Fanconi anemia-BRCA pathwayの制御機構
  • 抗がん剤耐性獲得のメカニズムの解明
  • microRNA biogenesis machineryとDNA修復
  • 研究内容

    「DNA修復の解明を通して医療に貢献する」のが私たちの研究室の目標です。

    私たちの細胞には 重要な遺伝情報をもつDNAが含まれています。DNAはいろいろな原因で損傷を受けますが、DNA修復メカニズムのおかげで損傷を効率よく治すことができます。しかしDNA修復メカニズムがうまく働かないと、損傷がうまく治せずに細胞が死んでしまったり、変異が蓄積してがんになりやすくなったりします。

    私たちの研究室では「ファンコニー貧血」というまれな遺伝疾患に注目して研究をしてきました。

    この病気の原因は、DNA修復メカニズムの一つである「Fanconi anemia-BRCA pathway」に関わる遺伝子の変異です。この「Fanconi anemia-BRCA pathway」を研究することにより、DNA修復とヒトの病気との関係を明らかにし、それを将来的には治療に役立てたいと思っています。

    いままでに「卵巣癌の抗がん剤耐性のメカニズムの解明」など、重要な成果をあげてきています。

    所属学会

    The American Society of Hematology(アメリカ血液学会)

    American Association for Cancer Research (アメリカ癌学会)

    日本放射線影響学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    「DNA修復の解明を通して医療に貢献する」のが私たちの研究室の目標です。いままでに「卵巣癌の抗がん剤耐性のメカニズムの解明」など、大きな成果をあげてきました。米国シアトルで研究をしてきましたが、平成28年10月に東海大学に移ってきました。同じ目標に向かって新しい研究室で一緒にがんばってくれる方を歓迎いたします。

    主な論文・著書

    • Castella M, Jacquemont C, Thompson EL, Yeo JE, Cheung RS, Huang J, Sobeck A, Hendrickson EA, Taniguchi T. FANCI regulates recruitment of the FA core complex at sites of DNA damage independently of FANCD2. PLos Genetics, Oct 2;11(10):e1005563, 2015
    • Norquist B, Wurz K, Pennil CC, Garcia R, Gross J, Sakai W, Karlan BY, Taniguchi T**, Swisher EM**. Secondary somatic mutations restoring BRCA1/2 predict chemotherapy resistance in hereditary ovarian carcinomas. Journal of Clinical Oncology, 29(22):3008-3015, 2011
    • Sakai W, Swisher EM, Karlan BY, Agarwal MK, Higgins J, Friedman C, Villegas E, Jacquemont C, Farrugia DJ, Couch FJ, Urban N, Taniguchi T. Secondary mutations as a mechanism of cisplatin resistance in BRCA2-mutated cancers. Nature 451: 1116-1120, 2008
    • Taniguchi T, Tischkowitz M, Ameziane N, Hodgson SV, Mathew CG, Joenje H, Mok SC, D’Andrea AD. Disruption of Fanconi anemia/BRCA pathway in cisplatin-sensitive ovarian tumors. Nature Medicine 9: 568-574, 2003
    • Taniguchi T*, Garcia-Higuera I*, Xu B, Andreassen PR, Gregory RC, Kim ST, Lane WS, Kastan MB, D’Andrea AD. Convergence of the Fanconi anemia and ataxia telangiectasia signaling pathways. Cell 109: 459-472, 2002

    メールアドレス

    ttaniguc@tokai.ac.jp

    戻る