曲 寧/キヨク ネイ

QU Ning

講師

学位:
博士(医学)

専門分野

  • 生殖免疫
  • アンドロロジー
  • 生殖医学

現在の研究課題

  • 抗癌治療後の生殖障害の漢方治療法の開発
  • 生殖免疫と不妊症
  • 研究内容

    化学療法や放射線療法などの抗癌治療の副作用として生殖機能不全(精子形成障害・妊孕性の消失)が起こることがある。生殖機能への副作用を避けるために欧米を中心として Oncofertility(癌・生殖医療)という新しい領域が確立され、若年癌患者に対する妊孕性温存の診療の考え方が見直され始めている。近年、抗癌治療副作用の軽減に漢方薬が注目されているが、抗癌治療後の生殖機能障害の改善効果に関する報告は未だない。最近本研究者は、不妊症治療において臨床的に有効性が確認されている漢方製剤の中からツムラ牛車腎気丸を選び、抗がん剤ブスルファンによるマウスの精子形成障害に対する牛車腎気丸の効果を精巣・精巣上体の組織学的解析により、牛車腎気丸が有効な治療効果をもつことを明らかにした。これからは漢方薬による生殖機能の改善効果と作用機序について、液性因子と細胞性因子の関与について比較検討し、また各漢方薬の異なるの作用機序を明らかにすることより、Oncofertility視点に基づく抗癌治療後の生殖機能不全の漢方治療法の確立を目指す。

    所属学会

    日本解剖学会会員

    日本生殖免疫学会会員

    日本アンドロロジー学会会員

    日本臨床環境医学会会員

    日本免疫毒性学会会員

    日本病態生理学会会員

    主な論文・著書

    • Qu N, Itoh M, Terayama H, 1C, Male infertility after anticancer treatment and oriental medicine therapy――Gosha-jinki-gan recovers the intact spermatogenesis in busulfan-induced aspermatogenesis in mice. 2017, Jpn J Clin Ecol., (review)(2017 26(2):85-90)
    • Qu N, Terayama H, Hirayanagi Y, 1C, Induction of experimental autoimmune orchitis by immunization with xenogenic testicular germ cells in mice. 2017, J Reprod Immunol., 121:11-16. IF: 3.20
    • Qu N, Naito M, Li J, 1C, Xenogeneic and endogenous spermatogenesis following transplantation of rat germ cells into testes of immunocompetent mice. 2012, Reprod, Fert and Dev., 24: 337-343. IF: 2.58
    • Qu N, Naito M, Terayama H, 1C, Development of autoantigens relevant to localized autoimmunity in murine testis and epididymis. 2010, J Reprod Immunol., 87 (1-2): 45-51. IF: 2.78
    • Qu N, Terayama H, Naito M, 1C, Caput epididymitis but not orchitis was induced by vasectomy in a murine model of experimental autoimmune orchitis. 2008, Reproduction 135: 859-866. IF: 3.07

    メールアドレス

    quning@tokai.ac.jp

    戻る