森田 貴和/モリタ タカカズ

Takakazu Morita

准教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • 工業熱力学B
  • 熱伝達工学
  • ロケットシステム工学
  • 航空宇宙機デザイン
  • 先端科学技術特論
  • 応用数学特論

専門分野

  • ロケット推進工学
  • 熱工学

現在の研究課題

  • 固体ロケットの燃焼
  • ハイブリッドロケットの燃焼
  • 燃焼のモデリング
  • 研究内容

    イプシロンロケットや多くの液体ロケットのブースターは、固形の燃料と酸化剤から構成される推進薬を使用しているため固体ロケットと呼ばれています。固体ロケットは地上からの打上げに対して推力が大きくエンジンの構造も簡単で、他と比べて安価で信頼性を有していることから現在もよく利用されています。ただし、エンジンの燃焼に関しては未だ理解が不十分で、特に振動燃焼は不明な点が多いのが現状です。当研究室ではこの固体ロケットに関する非定常燃焼について研究を行っています。具体的には固体推進薬の火炎モデルを作成し、それらを使って燃焼応答関数を導出し、ロケットの振動燃焼の解析を行ったり、線形および非線形解析から速度結合型の振動燃焼を調べています。ハイブリッドロケットについては、振動燃焼、燃料後退速度、深宇宙探査機の離着陸エンジンの制御に関する研究を行なっています。さらに、ハイブリッドロケットの技術を利用した再使用型ロケットの研究を行っています。

    所属学会

    日本航空宇宙学会

    日本機械学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    現在はロケットにより様々な人工衛星や探査機が打上げられ, 社会にいろいろ役立って

    いますが, 未だによくわかっていない事も多く, これからも信頼性の向上やロケットの再使用化に向けて更なる研究が必要です。当研究室では固体ロケットやハイブリッドロケット, さらに固体推進薬の非定常燃焼に関して理論・実験の両面から研究を行っています。皆さんの熱意と共に現在および未来のロケット開発に向けて研究を進めたいと思っています。

    主な論文・著書

    • 「固体推進薬の気相非定常過程を考慮した放射応答関数の線形解析」

    戻る