水書 稔治/ミズカキ トシハル

Toshiharu Mizukaki

教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • Aeronautical Engineering
  • 高速空気力学
  • 計算工学
  • 航空宇宙学実験1
  • 機械工学特論
  • 入門ゼミナール

専門分野

  • 空力推進
  • 衝撃波医工学
  • レーザ応用計測

現在の研究課題

  • 火星探査機用空力減速装置周囲の流れ場制御
  • デトネーションによる将来型航空推進機
  • 衝撃波が生体組織に与える効果の解明
  • 研究内容

    衝撃波という観点から高エンタルピ流れ(高速流れ)の研究を行っています。衝撃波と

    は,音速を超えて伝播する圧力波の総称であり,媒質の圧縮性に起因する非線形現象で

    す。衝撃波が強く関与する現象の一例として,スペースシャトルなどの宇宙往還機が大気

    圏再突入する際に火の玉に包まれる現象が挙げられます。これは機体前面に発生する極め

    て強い衝撃波によって大気が電離するためです。また,爆発や物体の高速衝突など,局所

    的かつ局時的にエネルギが開放される現象とも不可分な現象です。一方,衝撃波を制御

    し,工学的に応用することで,今まで考えもつかなかった技術を創り出すことも可能で

    す。私たちは,航空宇宙工学に深く関わるトピックスを中心に,さらに学際的な領域まで

    研究対象としています。衝撃波研究は,日常的現象から高温・高圧・高速の極限の世界ま

    で幅広く扱える希有な学問領域です。

    所属学会

    日本航空宇宙学会

    火薬学会

    可視化情報学会

    日本機械学会

    衝撃波研究会

    国際衝撃波学会

    主な論文・著書

    • デトネーション研究会編,デトネーションの熱流体力学1 基礎編,理工学社

    メールアドレス

    mzkk@tsc.u-tokai.ac.jp

    ホームページURL

    https://www.mzkklab.com新しいウィンドウを開きます

    戻る