角田 博明/ツノダ ヒロアキ

TSUNODA Hiroaki

教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • 振動工学A, B
  • 振動工学特論
  • 宇宙利用技術(共担)
  • 航空宇宙機デザイン(共担)
  • 航空宇宙学実験1, 2(共担)
  • 入門ゼミナール1, 2(共担)

専門分野

  • 宇宙工学
  • 宇宙構造工学
  • 宇宙システム工学

現在の研究課題

  • 宇宙用構造物の構成法と応用化技術
  • 超軽量な展開構造物の構造特性と応用化技術
  • 研究内容

    大きな面積や長さを必要とする人工衛星用のアンテナや太陽電池パドルなどは,小さく

    折り畳んだものを宇宙で確実に展開させる必要があります.そこで,展開・伸展構造物を

    対象に,宇宙で確実に展開し性能が発揮できるように,基盤から実用化のためのシステム

    技術まで幅広い分野で研究を行っています.また,一層の軽量化と低コスト化・高信頼度

    化が可能なインフレータブル式(膨張展開式)構造の研究も行っています.新しいアイデ

    アに基づく超軽量な構造物の折り畳み方法・展開方法・形状安定化方法などの解明を目指

    します.

    所属学会

    日本航空宇宙学会

    American Institute of Aeronautics and Astronautics (AIAA)

    日本機械学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    本専攻は,飛行機や人工衛星・ロケットなどに興味がある方が希望されることが多いと

    思います.もちろん,そのような分野において授業で基礎からじっくりと学ぶことができ

    ます.しかし,これらは極めて複雑なシステム技術の典型的な例でもあり,2年生・3年

    生と進むにつれて,応用分野やシステム技術が学べる機会が増えてきます.さらに,高学

    年では,少人数のゼミナールや卒業研究を通して最先端の研究に触れることができます.

    教科書には書かれていない新しい課題に挑戦することにより,創造力・問題解決能力・実

    行力など,社会に出るとどのような分野でも求められる能力が身に付きます.このため,

    卒業後には航空宇宙産業だけではなく,製造業から研究開発機関まで様々な分野で活躍す

    る道がひらけます.

    主な論文・著書

    • Deployment Characteristics Evaluation of Inflatable Tubes with Polygon Folding Under Airplane Microgravity Environment, Space Technology, Lister Science, Vol. 25, Nos. 3-4, 2005.
    • インフレータブルチューブの折り畳み方法が展開特性に与える影響, 日本航空宇宙学会論 文集, 第53巻612号, 平成17年1月.
    • Deployment Characteristics of Rigidizable Space Inflatable Structures, Space Technology, Lister Science, Vol. 23, Nos. 2-3, 2003.
    • 低織密度三軸織物を硬化層に用いた宇宙インフレータブル構造の検討, 日本航空宇宙学会 オンラインジャーナル「宇宙技術」, Vol. 2, 平成15年5月.
    • 熱可塑Co-Wovenを硬化層に用いた冷却硬化型インフレータブル構造の検討, 日本航空宇宙 学会オンラインジャーナル「宇宙技術」, Vol. 1, 平成14年10月.

    メールアドレス

    tsunoda@tokai-u.jp

    戻る