福田 紘大/フクダ コウタ

Kota Fukuda

准教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • 流体力学及び演習
  • 入門ゼミナール1
  • 入門ゼミナール2
  • 航空宇宙学製図
  • 航空宇宙学実験1
  • 航空宇宙特別プロジェクト

専門分野

  • 流体工学
  • 数値流体力学(CFD)
  • 空力音響学

現在の研究課題

  • 飛翔体の非定常運動時の流体力学特性の把握
  • 設計・運転シミュレーション技術の開発
  • 乱流現象、空力音響現象の解明
  • 研究内容

    航空機は、空気の力を利用することで大気中を自由に航行することができます

    が、実際の空気の流れは複雑で乱れています。また、航空機は様々な運動を行い

    ます。そこで、コンピュータによる数値解析および実験により、流れの複雑性、

    乱れの現象を解明し、航空機や宇宙機などの飛翔体の運動時の空気力学的特性を

    把握することで、高性能化・高速化を実現し、運動性能の高い飛翔体を設計する

    ための研究を行っています。また、航空機の周りの流れから発生する騒音の発生

    メカニズムを解明し、低騒音で環境にやさしい航空機の実現に向けた研究を行っ

    ています。

    所属学会

    米国航空宇宙学会(AIAA)

    日本航空宇宙学会

    日本機械学会

    自動車技術会

    太陽エネルギー学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    大学では、高校までとは異なり、自ら考え、切り開くことが大切になります。大

    学生活を通して、目的をもって、自ら考える力を身に着けることができれば、卒

    業後は、航空宇宙産業をはじめとした様々な分野の第一線で活躍できる人材にな

    れるはずです。ぜひ、一緒に、世界中の誰もやっていないことに挑戦しましょう。

    主な論文・著書

    • 渦法による乱流モデル構築に向けたラグランジュ型渦要素再配置モデルの提案, 日本機械学会論文集B編, 70巻697号, 2004.
    • A Grid-Free Redistribution Model for a Vortex Method and Turbulent Flow Analysis, Fluid Mechanics and Its Applications 79, IUTAM Symposium on Elementary Vortices and Coherent Structures: Significance in Turbulence Dynamics, (Ed. Shigeo Kida), Springer, 2006.
    • ロケットモータ地上燃焼試験における地面効果評価のための音響インピーダンス モデル, 日本航空宇宙学会論文集, Vol.58, No.675, 2010.

    メールアドレス

    fukuda@tokai-u.jp

    戻る