沼田 大樹/ヌマタ ダイジユ

Daiju Numata

講師

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • 空気力学A&B
  • 制御工学
  • 航空宇宙特別プロジェクト
  • 入門ゼミナール1&2
  • 研究ゼミナール1&2
  • 卒業研究1&2

専門分野

  • 実験流体力学
  • 衝撃波工学
  • 流体可視化計測

現在の研究課題

  • 超高速応答型非定常感圧塗料の開発
  • 自由飛行する物体上の非定常圧力場計測
  • 衝撃波管を用いた非定常流体現象の解明
  • 研究内容

    物体の周りに生じる様々な流体現象を理解するためには、通常では見えない流れ現象を見えるようにするための、いわゆる「流体可視化技術」が極めて有効です。当研究室では、その中でも特に「光学的可視化手法」に着目しています。これは、流体現象により物体表面に誘起される圧力場や摩擦応力、もしくは物体周りに生じる現象そのものを「光」を用いることで検出する技術です。その中でも、特に感圧塗料や蛍光油膜法などの技術を駆使することで、翼や航空機の模型もしくは飛翔体上の流れ場、さらには衝撃波の反射などの流体現象を明らかにすることを目指します。

    所属学会

    日本航空宇宙学会

    米国航空宇宙学会

    可視化情報学会

    国際衝撃波学会

    日本流体力学会

    日本機械学会

    主な論文・著書

    • Numata, D., Fujii, S., Nagai, H. and Asai, K., Ultrafast-Response Anodized-Aluminum Pressure-Sensitive Paints for Unsteady Flow Measurement, AIAA Journal, Vol. 55, No. 4 (2017), pp.1118-1125.

    ホームページURL

    http://www.ea.u-tokai.ac.jp/numata新しいウィンドウを開きます

    戻る