辛島 光彦/カラシマ ミツヒコ

Mitsuhiko Karashima

教授

学位:
博士(工学)

専門分野

  • 人間工学
  • ヒューマンインタフェース
  • ユーザビリティ

現在の研究課題

  • 呼吸データによるメンタルワークロード評価
  • ユーザビリティテストのシナリオ集作成法
  • 研究内容

    私の研究分野は人間工学といい、医学、工学、心理学、生理学、社会学などがオーバー

    ラップした非常に学際的で幅広い分野です。その中で私は主に提示情報に対する人間の情

    報処理に伴う特徴として、情報処理の方略の特徴や、情報処理の際の反応時間、エラーと

    いったパフォーマンスに現れる特徴や、情報処理に伴う生体情報や心理情報の変化に現れ

    る負担や疲労に着目して、それらに存在する情報処理に伴う特性を明らかにし、人間に

    とって適切な情報提示方法の指針を示すための研究をしています。これまでの研究成果と

    して、提示された文字を処理する際の処理の難しさと文字数とエラー率の3者の関係を表

    モデルを作ったり、提示された文字を処理する際に同じ文字数なのに処理できたりできな

    かったりする現象のメカニズムを示したり、目に情報が集中している作業においては目と

    耳に同じ内容の情報を同時に提示することが有効であることを示しています。

    所属学会

    日本人間工学会

    情報処理学会

    日本経営工学会

    ヒューマンインタフェース学会

    日本行動医学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    日頃我々が活動している働く場や生活の場に対して,人間の立場から問題意識を持ってい

    る人を歓迎します。

    主な論文・著書

    • 「提示文字情報処理作業におけるエラー特性に関する研究」(『日本人間工学会誌』)
    • 職場適応工学

    戻る