小川 裕子/オガワ ヒロコ

Hiroko Ogawa

准教授

学位:
博士(学術)

主要授業担当科目

  • 平和研究
  • 国際政治学
  • 政治学入門Ⅰ
  • 政治学演習Ⅰ

専門分野

  • 国際政治学

現在の研究課題

  • 国際開発協力の政治過程
  • 研究内容

    21世紀に入ってもなお、世界では紛争が発生し、貧困に苦しむ多くの人がいます。にも

    かかわらず、国際協力は十分進展していません。

     私はどのようにしたら国際協力をより進展させられるかについて、国際政治学的な観点

    から研究を進めてきました。

     特に、援助超大国であるアメリカの開発援助政策を中心に検討してきました。具体的に

    は、アメリカを中心とする各国は、どのように開発援助政策を決定し、実施してきたの

    か、それはどのような政治過程の中でなされたのかを考察してきました。そして国際開発

    協力を進展させた政治メカニズムを明らかにし、その政治メカニズムを、国際協力の様々

    な局面に適用し、国際協力をより一層進展させることを目指しています。

    所属学会

    日本国際政治学会

    日本国際法学会

    日本政治学会

    アメリカ学会

    国際開発学会

    グローバル・ガバナンス学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    世界は刻々と動き、私たちの日常生活を時に少しずつ時に劇的に変えていきます。世界に

    目を向け、私たちの日常生活をとらえ直してみましょう。国際政治と私たちの日常生活は

    密接に結びついています。将来の見通せない不透明な時代だからこそ、大局を見据える目

    をもつことが不可欠なのです。東海大学政治経済学部で一緒に国際政治学を学びません

    か。受験勉強頑張ってください。4月に大学でお会いできるのを楽しみにしています。

    主な論文・著書

    • 小川裕子『国際開発協力の政治過程-国際規範の制度化とアメリカ対外援助政策の変容 -』東信堂、2011年2月。
    • 小川裕子「国際開発協力進展における国際規範の役割-ニクソン政権期におけるアメリカ 対外援助政策を事例として-」「規範と国際政治」『国際政治』第143号、45-60頁、2005 年11月。
    • 小川裕子「開発分野におけるレジームの動態 ―レジーム競合・調整の動因としてのアメ リ カ―」「グローバル経済と国際政治」『国際政治』第153号、122-139頁、2008年11月。
    • 小川裕子「オバマ外交の今後:「開発力」から見た対話・協調路線」吉野孝・前嶋和弘編 著『オバマ政権と過渡期のアメリカ社会:選挙、政党、制度、メディア、対外援助』東信 堂、2012年3月。
    • 小川裕子「ロシア帝国とオスマン帝国のヨーロッパ国際体系への参入―異質な政治体はど の ように取り込まれていったのか―」山影進編『主権国家体系の生成―「国際社会」認識の 再 検証―』ミネルヴァ書房、2012年3月。

    メールアドレス

    ogwhrk@tokai-u.jp

    戻る