新屋敷 直木/シンヤシキ ナオキ

Naoki Shinyashiki

教授

学位:
博士(理学)

主要授業担当科目

  • 物理実験
  • 物理学実験Ⅱ
  • 物理実験学
  • エレクトロニクス
  • 分子凝集系物理学A,B,C,D
  • 複雑液体のダイナミックスⅠ,Ⅱ

専門分野

  • 分子物性物理
  • 高分子物理
  • 生物物理

現在の研究課題

  • 水溶液のガラス転移
  • 複雑液体の分子ダイナミクス
  • 広帯域誘電分光測定システムの開発
  • 研究内容

    水は我々の生活に密着し、生命を維持していくうえで欠くことのできない物質ですが、

    水は液体の中では特殊な性質を持っています。生物の中をはじめとして、いたるところに

    水は存在しますが、水はそれを含む物質との相互作用により水自身の性質を大きく変化さ

    せ、さまざまな機能を持つ非常に興味深い物質です。

     液体は無数の分子の集合で、分子は移動や回転、振動を行っています。誘電分光測定で

    は分子の回転運動を観測します。水分子は1秒間に100億回以上回転するため、マイクロ

    波先端技術を駆使しこのような速い分子運動を測定している一方で、低温や固体中などの

    非常にゆっくりとした分子運動も観測します。我々は水を中心として、非常に多数の分子

    の様々な速さの運動を支配する物理法則を解明すべく研究を行っています。このような研

    究は、物理や化学、生物の研究にとどまらず、食品、薬品、材料、医療、建築、土木など

    多くの分野で応用することができます。

    所属学会

    日本物理学会

    高分子学会

    日本生物物理学会

    日本化学会

    日本熱測定学会

    American Chemical Society

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    よく見て、よく聞いて、よくさわって、よく考えて、たくさん話をしてください。

    主な論文・著書

    • "Segmental Relaxation of Hydrophilic Poly (Vinyl Pyrrolidone) in Chloroform Studied by Broadband Dielectric Spectroscopy" Macromolecules, 44, 2140-2148 (2011).
    • “Glass Transitions in Aqueous Solution of Protein (Bovine Serum Albumin)” J. Phys. Chem. B, 113, 14448-14456(2009)
    • “The glass transition and dielectric secondary relaxation of fructose-water mixtures” J. Phys. Chem. B, 112 (48), 15470-15477 (2008)
    • “Dynamics of Water in Partially Crystallized Polymer/Water Mixtures Studied by Dielectric Spectroscopy” J. Phys. Chem. B, 111(34), 10079-10087(2007).
    • “Relaxation Processes of Water in the Liquid to Glassy States of Water Mixtures Studied by Broadband Dielectric Spectroscopy”, J. Phys.: Condens. Matter, 19(20) 205113 (2007)

    メールアドレス

    naoki-ko@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp

    戻る