八木 隆志/ヤギ タカシ

Takashi Yagi

教授

学位:
Ph.D

研究内容

赤外からγ線までの波長でパルス幅がフェムト秒程度(10^-^1^5秒)の超短光パルス及び電子線パルスの発生技術を研究しています。このような短い光パルスでは波動としての光の山と谷が数個だけとなり、原子と相互作用する場合では、原子核を周回する電子の回転周期と同程度となるため、原子が励起あるいはイオン化される過程が観察できるようになります。また、レーザーパルスを圧縮して得られるフェムト秒パルスはピークパワーを非常に大きくできるためレーザービームの電場は電子が原子核から感じるクーロンポテンシャルと同程度となり、原子内電子の運動が通常とはかけ離れたものとなります。又、フェムト秒の光パルスと電子パルスを正面衝突させることでコヒーレントなX線を発生でき、これを用いた大型構造物の透視観測ができると言われています。このように、フェムト秒光パルスあるいは電子線パルスと物質の相互作用については新しい現象が多く発見されていてアクティブな研究分野となっています。また、さらにフェムト秒より短いアト秒パルスの発生法についても研究を展開しています。さらに、フェムト秒レーザーの応用として微細加工およびクラスターとの相互作用について研究しています。

所属学会

日本物理学会

日本応用物理学会

米国物理学会

米国光学会

入学をお考えの皆様へメッセージ

大きな夢を持とう。それを強く思い込むことで夢は必ず実現されます。

主な論文・著書

  • 「KrFレーザービーム中のスペクトル分布をファブリーペロー干渉計で計測する」
  • 「液体表面での誘導エントロピー散乱によるエキシマレーザーの短パルス化」

戻る