松野 俊一/マツノ シユンイチ

Shunichi Matuno

准教授

学位:
博士(理学)

研究内容

今現在の研究内容は、十数年前に発見され世間を騒がせた高温超伝導物質の性質の理論的解明、というものです。発見当初は、高校生でも簡単にその物質を作り出すことが出来る、というので応用面に関しても極めて楽観的な観測がなされましたが、実際は多くの障害があります。実験的には、ある程度のものを作るのは簡単でも、有用なものにするには極めて精密な結晶構造を作らなければならない事が原因だと分かっています。それを理論的に解明して如何なる指針のもとに物質設計すれば良いかを示すのが現在の目標です。

所属学会

日本物理学会

主な論文・著書

  • Papers
  • 1. H. Kamimura, S.Matsuno , and R.Saito; dz2 Spin-polarons Pairing by Rival Interaction Between Hund's Rule and RVB State: JJAP series 1 Superconducting Materials 245, (1988)
  • 2. H. Kamimura, S.Matsuno , and R.Saito; Spin-polaron Pairing and High Temperature Superconductivity: Solid State Commun. 67 363, (1988)
  • 3. H. Kamimura, S.Matsuno , and H.Ushio; ""How have we understand High-Tc Cuprates"": Comments on Cond. Mat. Phys. vol.15, Nos. 5&6 p.303, (1992)
  • 4. H.Kamimura, S.Matsuno, Y.Suwa, H.Ushio; New theory of superconducting copper oxides -from electronic structure to the d-wave pairing mechanism: Materials Science & Engineering B41, 10, (1996)

戻る