吉田 一也/ヨシダ カズナリ

Kazunari Yoshida

教授

学位:
工学博士

主要授業担当科目

  • 機械構造材料
  • 塑性加工学
  • 塑性力学特論
  • 精密システムデザイン

専門分野

  • 塑性加工
  • 機械材料

現在の研究課題

  • 極細線の伸線加工
  • 形状記憶合金の塑性加工
  • FEMによる塑性加工シミュレーション
  • 研究内容

    優れた性質をもつ新素材、機能材料が開発されていますが、その多くの材料は極細線や

    薄板に加工することが容易ではありません。機械、航空、自動車および医学の分野で注目

    されている新材料の塑性加工の研究を行っています。たとえば半導体の接続線に使用され

    る金や銅の極細線、自動車の運転性能を高めるためにタイヤの中に入っている鋼の細線、

    リニアモーターカーや医学検査装置に使用される超電導線、女性の下着に用いられる形状

    記憶合金線、ステントやカテーテルに用いられる形状記憶合金細管、ロボットに使用され

    る直動案内軸受などの素材(異形棒)の塑性加工研究などが挙げられます。また環境や生

    体にやさしいチタニウム合金や振動を抑えるサンドイッチ鋼板なども注目し、研究を始め

    ています。

     新素材や機能材料を用いて内部や表面の双方に加工欠陥がなく、容易に所定の寸法や形

    状に加工すること、寸法精度を向上させること、髪の毛より細い線材を製造するなどの研

    究を行っています。また計算機を利用した塑性加工シミュレーションの研究も行っていま

    す。

    所属学会

    日本塑性加工学会

    日本鉄鋼協会

    日本金属学会

    軽金属学会

    日本機械学会

    日本伸銅協会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    科学や工学においては疑問や好奇心をもつことが大切です。ともに学び、楽しみましょ

    う。

    主な論文・著書

    • 「形状記憶合金の伸線性と引き太り現象」(『日本塑性加工学会誌』)
    • 『引抜き』(共著、コロナ社)
    • 塑性力学の基礎(共著、産業図書)
    • 塑性加工の基礎(共著、産業図書)
    • 鉄鋼便覧(圧延・二次加工)(共著、丸善)

    メールアドレス

    yoshida@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp

    戻る