北村 隆憲/キタムラ タカノリ

Takanori Kitamura

教授

学位:
法学修士

専門分野

  • 法社会学
  • 法とヘルスケア
  • エスノメソドロジー・会話分析

現在の研究課題

  • 介護保険の相互行為分析
  • 法学教育のビデオエスノグラフィー
  • 航空管制官の相互行為分析
  • 研究内容

    法、法学教育、法律相談、介護保険要介護認定、航空管制、看護のコミュニケーション、

    法とヘルスケア、などの領域で、主として、フィールドワークとエスノメソドロジー・会

    話分析の手法を用いて研究をしています。人々の協同的な実践行為により、どのようにし

    てそれぞれの制度的場面が構成されているのか、どのようなコミュニケーション実践によ

    り制度世界が構成されていくか、といった問題を探求しています。

    所属学会

    日本法社会学会

    日本老年看護学会

    医療保険社会学会

    日本社会学会

    Law & Society Association

    エスノメソドロジー・会話分析学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    新聞は法律・法制度に関する問題の宝庫ですから、普段からよく読む訓練をして、法的セ

    ンスを磨こう。

    主な論文・著書

    • Une Introduction aux Cultures Juridiques Non Occidentales, Sous la direction de Bruxelles, Bruylant, 1998.(フランス語、『非西欧法への誘い』、1998年)
    • 『法廷における<現実>の構築』(日本評論社、2007年)
    • 『患者参加の質的研究―会話分析からみた医療現場のコミュニケーション 』

    戻る