HOME > 学部・学科 > 工学部 > 航空宇宙学科 航空操縦学専攻

航空宇宙学科 航空操縦学専攻紹介

学科トップ | 教育研究上の目的・人材像 | 学びの分野 | 学びのスケジュール | カリキュラム | 教員紹介 | 卒業後の進路 | Q&A | 留学生活&フライト映像 | 特集記事「大空への最短ルート」

必要なライセンスを在学中に取得できる、日本の大学初のプロパイロット養成コース

【画像】航空宇宙学科 航空操縦学専攻イメージ

東海大学は1943年に航空科学専門学校として開校したという歴史があり、プロパイロットの養成コースである本専攻も他大学に先駆け2006年4月に設置されました。
2・3年次は米国ノースダコタ大学へ留学し、同学内の「東海大学飛行訓練センター」で15か月間の飛行訓練を行います。十分な航空知識と確かな操縦技術を習得し、試験をクリアすれば、在学中に操縦士免許を取得可能。本専攻でパイロットになる夢を実現しましょう。

学びのステップと将来のビジョン

1年次

事業用操縦士及び計器飛行証明の学科試験合格を目指して「航空法規」や「航空力学」などのライセンスの取得に必要な科目を学びます。また、2年次から米国の大学へ留学するため、航空英語を含めた英語を集中的に学びます。「入門ゼミナール」では、現役パイロットを講師に迎え、エアマンシップなどを身につけます。

2年次

飛行訓練を行うため、アメリカにあるノースダコタ大学へ約15か月間留学します。ノースダコタ大学の航空宇宙学部は、世界各国と提携し、連邦航空規則に基づく最高レベルのカリキュラムを用意しています。同じ夢を持つ仲間との集団生活を通して友情を深め、先進の実践トレーニングを行いましょう。

3年次

留学中は、最初の3か月で米国自家用操縦士の免許を取得し、その後約10か月かけて米国の事業用操縦士と計器飛行証明の免許を取得します。そして最後の2か月で、日本の事業用操縦士と計器飛行証明を取得します。留学が終わるまでに、アメリカ連邦航空局の免許と国土交通省が定める航空従事者技能証明の取得を目指します。留学から帰国後は、文理共通科目や航空操縦専門科目、自己形成科目などを受講し、4年次に取り組む卒業研究へ向けた準備を行います。

4年次

「職業操縦士とCRM」などの専門科目や、大型機のフライトシミュレータを用いた訓練などを通して実践的能力を養います。1年を通して行う卒業研究では、航空に関するさまざまなテーマに問題意識を持ち、自ら研究して毎週の卒研ゼミで議論を行い、最後に卒業論文にまとめて発表します。

将来は…

パイロット養成に向けて万全のプログラムを用意しているため、経済状況により採用が厳しい年もあるなか、通算で80%以上の学生が操縦士訓練生として航空会社に採用されています。フルライセンスを取得した全員がパイロットとして就職できるよう、大学卒業後もサポートを行っています。また、留学中の試験に失敗し、ライセンスを取得できなかった場合でも、パイロット職以外の航空産業や他業種への就職活動を行うことが可能です。

学科のキーワードと概要

アメリカへ飛行訓練留学、操縦士免許の取得、エアラインパイロットの養成

航空宇宙学専攻がもっとわかる、学科オリジナルサイトはこちら(別ウィンドウで開きます)

航空操縦学専攻学費について

2013年度以降の入学生の学費は、教育運営費を1年次が50万円、2年次以降各年次40万円の減額をしています。

(単位:円)
年次 2013年度以降の入学生
1年次 2年次 3年次 4年次
項目 入学手続きと
同時納付金
[春学期]
納付金
[秋学期]
初年度
納付金
合計
納付金 納付金 納付金

入学金 300,000 0 300,000 0 0 0
授業料 367,500 367,500 735,000 735,000 735,000 735,000
教育運営費 250,000 250,000 500,000 600,000 600,000 600,000
施設設備費 185,000 185,000 370,000 370,000 370,000 370,000


学園費 22,000 19,000 41,000 38,000 38,000 38,000
学生会費 6,000 0 6,000 3,000 3,000 3,000
学生健康保険互助組合費 8,200 0 8,200 0 0 0
合計 1,138,700 821,500 1,960,200 1,746,000 1,746,000 1,746,000

(注1)学園費は、後援会の入会金・会費、同窓会費です。
(注2)入学手続きと同時納付金の学生会費には、入会金3,000円が含まれています。
(注3)学生健康保険互助組合費は、入会金200円を含め4年間分、入学手続時一括前納とし、本組合はこの会費によって運営されます。

◆上記のほかに・・・

  • 航空無線通信士受験料、航空従事者学科試験手数料等、30,000円程度の費用がかかります。
  • 留学費用として、2〜3年次の留学中における授業料約$79,000(2012年度)や生活費及び渡米費用等がかかります。
    その際、訓練の進捗状況、もしくは米国内での物価、航空燃料費上昇により追加費用が発生する場合があります。

●本学独自の奨学金(給付)でさらに学びをサポートします。

「航空操縦学専攻留学奨学金」
ノースダコタ大学の実機訓練課程履修者全員を対象に、留学期間中の各セメスターについて50万円(総額150万円)を給付します。

「学部奨学金」
留学期間以外の第2〜第8セメスターにおいて、応募者より学業・人物を審査し優秀な学生に対して各セメスターごとに25万円を給付します。

航空宇宙学科 航空操縦学専攻メニュー一覧

  • 教育研究上の目的、人材像
  • 学びの分野
  • 学びのスケジュール
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 卒業後の進路
  • Q&A
  • 留学生活&フライト映像
  • 大空への最短ルート