HOME > 学部・学科 > 産業工学部 > 環境保全学科

環境保全学科紹介

学科トップ | 教育研究上の目的・人材像 | 学びの分野 | 学びのスケジュール | カリキュラム | 教員紹介 | 取得できる資格・免許 | 卒業後の進路 | わかる!環境保全学科

環境問題を真に把握し、環境保全に貢献できる人材を育成

【画像】環境保全学科イメージ

現在、環境問題は、気候変動、地球温暖化、森林破壊、自然災害、水資源の枯渇、水質・大気・土壌汚染など多岐にわたっています。本学科の基本理念は、これらの環境問題の現状を科学的に把握し、そのメカニズムを解明して「持続可能な循環型社会の構築」につなげることで、環境保全に寄与する工学的技術面における理論・工夫・実践など全体像を学ぶことです。また、人工衛星のデータを活用した画像解析などで、環境の変化をとらえ、環境保全の方法などを考えます。

環境保全コース

環境保全に関する工学的技術やその社会との関連性などについて学びます。ビオトープ(生物の生息空間)の保全・復元・創造、そして川や地下水などの水循環システムの保全と管理を理解し、人類が自然環境と共生する方法を研究します。また、風水害の発生メカニズムと防災技術の理論、産業廃棄物のリサイクルなどのテーマも扱います。

環境観測コース

環境保全に必要な、実測及び観測技術について学ぶコースです。人工衛星や低高速バルーンによるリモートセンシング・データを取得して、植生分布や土地利用、地盤変動などの情報を取り出す画像処理手法を修得します。また、活断層や自然災害の観測手法を学び、GIS(地理情報システム)の技術も身につけられます。

学びを表すキーワード

環境問題、地球温暖化、人工衛星による地球観測、水環境と水質、生物多様性・ビオトープ、地震・気象災害と防災

環境保全学科メニュー一覧

  • 教育研究上の目的、人材像
  • 学びの分野
  • 学びのスケジュール
  • カリキュラム
  • 教員紹介
  • 取得できる資格・免許
  • 卒業後の進路
  • わかる!環境保全学科