教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー(大学院)

教育研究上の目的及び養成する人材像

 本学大学院の教育研究上の目的は、時代の変化に合わせ、積極的に社会を支えイノベーションを生み出す能力を修得させるよう、専門性に偏ることなく、より学際的視野に立ち、自ら問題解決できる、実践力のある創造的人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

【学位授与の方針】
 本学大学院では、学則に定める修了要件及び、本学の「建学の精神」と教育の理念を体現し、以下に示す要件を満たすとともに、論文または特定の課題についての研究成果の審査で認められた者に対して学位を授与します。

【修士課程及び博士課程前期】
 専攻する特定の学問分野における精深な学識を体系的に理解し、国際社会の新しい側面に対応できる開発能力をもち、文理融合の幅広い教養と研究倫理の知識を身につけている。
 専門性と実践力が求められる職業に従事し、時代の変化に合わせて積極的に社会を支え、高い倫理観のもと改善していく自主性や創造性を身につけている。

【博士課程及び博士課程後期】
 専攻する特定の学問分野における豊かな学識を体系的に理解し、学際的視点で高度な研究開発能力をもち、文理融合の幅広い教養と研究倫理の知識を身につけている。
 国際社会でのリーダーシップと、専門性が求められる高度な専門技術職・研究職に従事し、時代の変化に合わせて積極的に社会を支え、高い倫理観のもと改善していく自主性や創造性を身につけている。

カリキュラム・ポリシー

 本学大学院が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

【修士課程及び博士課程前期】
 学士課程における学修成果を発展させて、より幅広く深い学識を養い、本学における多様な学術的研究を背景とした基盤的・先端的な専門知識と技能を修得させ、専門分野における研究能力と高度な専門的職業を担うための能力を培う教育を行うために、コースワークとリサーチワークを適切に配置した教育課程を編成します。

【博士課程及び博士課程後期】
 博士課程前期・修士課程における学修成果を発展させて、本学における多様な学術的研究を背景とした応用的・先端的な専門知識と技能を修得させ、高度で先端的かつ創造的研究をもって国際的に活躍できる自立した研究者を養成するとともに、きわめて高度な専門的職業において指導的役割を担うための能力を培う教育を行うために、リサーチワークを主体とした教育課程を編成します。

アドミッション・ポリシー

 それぞれの課程において学びのために必要な学力を有した者で、本学の「建学の精神」と、以下に示す教育理念を理解し、専門性を高める意欲をもった者を国内外から広く受け入れます。
1.専門に対応できる基礎力と幅広い視野を有し、自ら学ぶ意欲を持つ者
2.高度専門職業人として、調和のとれた文明社会の建設に大きな役割を担う意欲のある者
3.広く自らの世界観・歴史観を持ち、諸現象を多面的に捉えて考える意思のある者

入試別のアドミッション・ポリシー:
(1)一般入学試験
 本学は、「建学の精神」に基づき、専門だけにとらわれることなく幅広い視野をもち、自ら考えることで未来を切り拓く多様な人材の育成を目指しています。本学はこのことに共鳴し自ら学ぶ意欲をもった人を求めています。
 「大学院一般入学試験」は、「建学の精神」を十分に理解していただき、専門分野の基礎力を評価する入学試験です。この入学試験では、志望する研究科・専攻に対する理解と興味をもち、強い目的意識を有すると認められ、志望する研究科・専攻に関連する専門分野の基礎力に優れているかについて、入学後の皆さんへの期待度とともに総合的に評価して入学者を選抜します。

(2)推薦入学試験
 本学は、「建学の精神」に基づき、専門だけにとらわれることなく幅広い視野をもち、自ら考えることで未来を切り拓く多様な人材の育成を目指しています。東海大学はこのことに共鳴し自ら学ぶ意欲をもった人を求めています。
 「大学院推薦入学試験」は、「建学の精神」を十分に理解していただき、学ぶ意欲や姿勢、入学後の対応力、専門分野の基礎力を評価する入学試験です。この入学試験では、学部長・研究科長等よりの推薦をうけて、志望する研究科・専攻に対する理解と興味をもち、強い目的意識を有すると認められ、志望する研究科・専攻に関連する専門分野の基礎力に優れているかについて、入学後の皆さんへの期待度とともに総合的に判断して入学者を選抜します。