カリキュラム

2019年度カリキュラム

年度によっては、開講期を変更することがあります。

必修基盤科目及び自己開拓科目の16単位と、領域共通発展科目及び領域別発展科目から20単位以上、合計36単位以上を修得し、修士論文の審査並びに最終試験に合格すること。

授業科目名 必選別 単位数
生体工学特論 必修
生体システム特論 必修
TECHNICAL ENGLISH FOR ENGINEERS 必修
工学倫理知財特論 必修
臨床工学特論 選択
ENGLISH PRESENTATION FOR ENGINEERS 選択
臨床工学インターンシップ1 選択
臨床工学インターンシップ2 選択
生体情報科学特論 選択
医用電子工学特論 選択
生体材料科学特論 選択
生体計測科学特論 選択
生理流体力学特論 選択
医用画像工学特論 選択
放射線物理学特論 選択
臨床透析学特論 選択
呼吸循環力学特論 選択
臨床薬理学特論 選択
リハビリテーション科学特論 選択
医用生体工学研究ゼミナール1 必修
医用生体工学研究ゼミナール2 必修
医用生体工学研究ゼミナール3 必修
医用生体工学研究ゼミナール4 必修