健康科学研究科(修士課程)

教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

 健康科学研究科の教育研究上の目的は、時代の変化に合わせ、看護・保健・医療・福祉の領域における従来の専門性の枠を越え、より総合的・国際的な視野に立った保健医療福祉サービスの統合化を志向する高度な専門知識と研究・実践能力を備えた人材を養成することです。本研究科は、社会的要請に対応した高度な専門知識・技能とともに、チーム連携調整能力、国際的視野を兼ね備えた指導的専門職業人を育て、看護・保健・医療・福祉の発展に寄与します。
 看護学専攻の教育研究上の目的は、科学とヒューマニズムの融和を目指して、高い倫理観を培い、創造的な看護実践ならびにその基盤となる研究を遂行できる人材を養成することです。
 保健福祉学専攻の教育研究上の目的は、保健福祉領域における最先端の理論や研究方法を習得することにより、実践課題を分析する手法と問題解決スキルを備えた人材を養成することです。

ディプロマ・ポリシー

【学位授与の方針】
 健康科学研究科では、本学の学位授与の方針に従い、以下の知識・技能・能力を備えたと認められる者に学位を授与します。
1)人間、健康、社会、環境に関する学際的な教養を基盤とし、看護・保健・医療福祉の専門的な実践・研究についての知識を幅広く有することができる。
2)看護・保健・医療・福祉の理念に基づくヒューマンケアを核とした高度な専門的技能及び、その礎となる研究手法を活用して、革新的な実践や課題解決に貢献することができる。
3)看護・保健・医療・福祉のプロフェッショナルとしての使命観・倫理観を基盤として、国内外でチームケア及び看護・福祉の発展に寄与する態度・志向性をもつことができる。

カリキュラム・ポリシー

 健康科学研究科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
【修士課程】
『教育課程・学修成果』
・健康科学研究科カリキュラム・ポリシー
 健康科学研究科では、看護学専攻、保健福祉学専攻の両専攻において、研究の基礎を形成する科目、看護・保健・医療・福祉領域における高度な専門性が修得できる科目、修士論文のための演習科目を配置し、順次性をもって履修できるようカリキュラムを編成しています。また、国際的視野をもった高度専門職を養成するための科目を設定するなどコースワークの充実を図っています。

『学修成果の評価方法(学位論文審査基準)』
 健康科学研究科では、下記の基準に基づき、修士論文の審査を行います。
1)論題が解りやすく簡潔であり、先行研究の整理と問題設定が適切になされている。
2)章立てを含め、論述の構成が適切で一貫性がある。
3)適切な研究方法が用いられている。
4)目的、結果、考察が適切かつ明快に記述され論じられており、設定した問題の解明がなされている。
5)倫理的配慮がなされている。

アドミッション・ポリシー

 本学の「建学の精神」と、健康科学研究科の教育・研究上の目的及び養成する人材像を理解し、自ら学ぶ意欲を持ち、十分な専門分野の基礎学力を有した者を国内外から広く受け入れます。

求める学生像
 健康科学研究科研究科で定めている学位授与のために求められている能力を身に付けることのできることが期待でき、基礎学力が十分にある人材。

入学者にもとめる力(知識・技能・能力)
 看護学分野または保健福祉学分野の専門的な学修をするために必要な学部レベルの十分な基礎学力及び論理的思考力がある者。また、主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度をもつ者。看護学専攻においては、専門分野の情報・知識を得るために必要な英語の語学力を有している者。