教育研究上の目的及び養成する人材像、3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー

教育目標及び養成する人材像

 健康科学部では、大学・学部の教育理念に沿って、次のように教育目標を定めています。  「健康科学」が対象とするのは、「人間」とくに「人の心」です。温かい人間性と謙虚さ、幅広い教養をもとにしたコミュニケーション力を育成し、保健・医療・福祉の専門職として、人権擁護を基盤としたヒューマンケアが実践できる能力の育成をします。多職種間の連携をはかり、チームの一員として活躍できる力をつけ、自ら学び、国内外で活躍し得る人材の育成を目指します。
 健康科学学部では、本学・学部の学位授与の方針に従い、所定の課程を修め、以下の能力を備えたと認められる者に学位を授与します。

学位授与に求められる能力

(知識・理解)
 人間、健康、社会・環境に関する知識とそれらの関連についての理解

(汎用的技能)
 保健・医療・福祉の専門的知識とヒューマンケアの実施に求められる様々なスキルを体得

(態度・志向性)
 温かい人間性、人権擁護を基盤とした態度を身につけ、自ら学び、国内外で貢献しようとする力

カリキュラム・ポリシー

教育理念

 健康科学部の教育理念は、ヒューマニズムと科学の融和、自然と人間の調和をめざし、人道主義の理念のもとに、健康で生きがいに満ちた福祉社会の実現に向けて、人々の多様な健康ニーズに対処する、保健・医療・福祉専門職を育成します。実践的な学習を通じて保健・医療・福祉の専門職としての知識・技術の修得と、幅広い教養を身につけ、人権擁護を基盤としたヒューマンケアを実施できるよう教育します。
 その教育理念に基づき、次のように教育目標を設定します。

教育目標

 「健康科学」が対象とするのは、「人間」とくに「人の心」です。温かい人間性と謙虚さ、幅広い教養をもとにしたコミュニケーション力を育成し、保健・医療・福祉の専門職として、人権擁護を基盤としたヒューマンケアが実践できる能力の育成をします。多職種間の連携をはかり、チームの一員として活躍できる力をつけ、自ら学び、国内外で活躍し得る人材の育成を目指します。

アドミッション・ポリシー

 健康科学部では次のように教育目標を定めています。
 「健康科学」が対象とするのは、「人間」とくに「人の心」です。温かい人間性と謙虚さ、幅広い教養をもとにしたコミュニケーション力を育成し、保健・医療・福祉の専門職として、人権擁護を基盤としたヒューマンケアが実践できる能力の育成をします。多職種間の連携をはかり、チームの一員として活躍できる力をつけ、自ら学び、国内外で活躍し得る人材の育成を目指します。
 この教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人を求めます。

健康科学部へ戻る