公開シンポジウム・講演会「同種細胞シートを用いた変形性膝関節症に対する再生医療の実現」を開催しました

2019年12月04日

本学医学部医学科外科学系整形外科学では11月22日にフクラシア丸の内オアゾで、公開シンポジウム・講演会「同種細胞シートを用いた変形性膝関節症に対する再生医療の実現」(協賛:国立研究開発法人日本医療研究開発機構=AMED)を開催しました。AMEDの平成29年度再生医療実用化研究事業(期間:3年)の採択を受けて取り組んでいる研究の成果報告会として実施したものです。研究代表者である本学医学部整形外科学の佐藤正人教授や共同研究を進めている株式会社セルシード代表取締役社長の橋本せつ子氏らが講演し、関係省庁の職員や大学・企業の研究者ら約120名が参加しました。

開会にあたり、本学大学院医学研究科の小林広幸研究科長が登壇。「本学が取り組んでいる再生医療のトップランナーが整形外科チームです。これまでの成果を踏まえ、さらに多彩な展開ができるようご指導をお願いします」とあいさつしました。続く招待講演ではAMED戦略推進部再生医療研究課長の小野山吾郎氏が、国が定める医療分野研究開発推進計画に基づいて進められている「再生医療実現プロジェクト」のスキームや成果について紹介しました。

「軟骨細胞シートの可能性」と題したシンポジウムでは、佐藤教授と橋本氏が講演しました。佐藤教授ははじめに、本病院が開始する世界初の変形性膝関節症治療である、高位脛骨骨切り術が適応となる患者への自己細胞シート(患者本人の膝軟骨細胞を培養したシート)を用いた先進医療の概要を説明。続いて、今回のテーマである同種細胞シート(1歳前後の多指症患者の手術で廃棄される、指関節の軟骨を培養したシート)を用いた臨床研究の進捗状況や成果を報告し、「自己細胞に比べて早く良質なシートが作製でき、患者さんの負担が少ないのが同種細胞シートを用いる利点。安全性や有効性を確認しながらこのシートを用いた変形性膝関節症に対する治療の可能性を見極め、実現・普及を目指したい」と語りました。また橋本氏は、同種細胞シートが再生医療等製品として承認されるための課題などを説明し、「佐藤教授らが15年という長い年月をかけて築き上げてきた成果をしっかりと引き継ぎ、関係者の方々のご協力を得ながら一日も早く治験を開始して早期実用化につなげたい」と述べました。

AMED再生医療実用化研究事業プログラムスーパーバイザーの小澤敬也氏はこれらの報告を受け、「各団体が得意分野を生かし、よいチームワークで研究に取り組むことで大きな成果が得られたと思います。実用化への展開を期待しています」と講評しました。

休憩をはさんで実施した特別講演では、東京医科歯科大学大学院教授の森尾友宏氏が、再生医療に用いられる細胞の提供者に対する説明や同意のあり方、個人情報の管理、医療機関や仲介機関、細胞バンクの責任といった細胞ソースの供給に関する課題について解説。細胞シートの作製技術を開発した東京女子医科大学名誉教授・特任教授でアメリカ・ユタ大学教授の岡野光夫氏は、ユタ大学細胞シート再生医療センターでの取り組みや同センターと佐藤教授らの連携による新たな軟骨再生医療の展開について紹介しました。最後に、本学医学部付属病院の渡辺雅彦病院長がAMEDをはじめとする関係者への謝辞を述べ、「同種細胞シートを用いた変形性膝関節症に対する再生医療の早期実現に向け、引き続きご支援、ご協力をお願いします」と結びました。

※当日のプログラムは以下のとおりです。
【開会挨拶】
小林広幸(東海大学大学院医学研究科長)
【招待講演】
座長:阿久津英憲(国立成育医療研究センター研究所 
再生医療センター生殖医療研究部長)
演者:小野山吾郎(日本医療研究開発機構戦略推進部再生医療研究課長)
 「『再生医療実現プロジェクト』について」  
【シンポジウム】「軟骨細胞シートの可能性」
 座長:的場 亮(株式会社DNAチップ研究所代表取締役社長)
演者1:佐藤正人(東海大学医学部医学科外科学系整形外科学教授)
「同種細胞シートを用いた変形性膝関節症に対する再生医療の実現」 
演者2:橋本せつ子(株式会社セルシード代表取締役社長)
「軟骨細胞シートによる再生医療の早期実現化を目指して」  
【講評】
小澤敬也(AMED再生医療実用化研究事業プログラムスーパーバイザー
      自治医科大学名誉教授・客員教授)
【特別講演1】
 座長:佐藤正人(東海大学医学部医学科外科学系整形外科学教授)
演者:森尾友宏(東京医科歯科大学大学院発生発達病態学分野(小児科)教授)
「再生医療に用いる細胞ソースの供給における課題と方向性」 
【特別講演2】
 座長:渡辺雅彦(東海大学医学部付属病院長)
演者:岡野光夫(東京女子医科大学名誉教授・特任教授
         ユタ大学教授/細胞シート再生医療センター長)
    「未来医療を切り拓く再生医療の実現と普及」
【閉会挨拶】
渡辺雅彦(東海大学医学部付属病院長)

一覧へ戻る