今年度の第1回オープンキャンパスを開催しました

2018年06月22日

伊勢原キャンパスで6月17日に、今年度の第1回オープンキャンパスを開催しました。医学部医学科と看護学科が、教育の特徴や入学試験に関する説明、教員による個別相談、学生とのフリートーク、キャンパスツアーなどを実施し、多くの高校生や保護者らが参加しました。

医学科は1号館を会場に実施。「学科説明・入試説明」では伊勢原教育計画部の職員が、教育の理念やカリキュラムを紹介し、日本で初めて導入したクリニカルクラークシップ(診療参加型臨床実習)や少人数による問題解決型学習(PBL)、最先端の医療を提供している医学部付属病院での実習といった、人間性豊かな「良医」を育成するための教育について説明しました。さらに、多彩な海外留学・海外研修制度や本格的なアメリカ式医学教育を実践する「ハワイ医学教育プログラム(HMEP)」などの先進的な取り組みを紹介。最後に、2019年度の入学試験から開始する現役生対象のアドミッションズ・オフィス(AO)入試「希望の星育成」ほか、各種入学試験制度の概要や近年の出願者・合格者数の動向、奨学金制度についても説明しました。

松前記念講堂で行った看護学科の「学科説明・入試説明」では、教員が教育目標やカリキュラム、取得できる資格、卒業後の進路、各種入学試験制度、奨学金制度などについて説明。3号館2階の教室では、講義形式の模擬授業や現役看護師による仕事の紹介、「ハワイ語学研修」「デンマーク医療福祉研修」「メイヨクリニック研修」「海外研修航海」の4つの海外研修プログラムに参加した学生による成果発表も実施し、本学科の教育や看護職の魅力をアピールしました。また、6階の実習室には看護教育用人形「フィジコ」を使った成人看護実習や血圧測定などの体験学習コーナーを設置。さらに、本学科の実習を行う医学部付属病院の見学ツアーも行いました。

両学科がそれぞれに設けた学生とのフリートークや教員による個別相談コーナーでは、入試対策や授業、実習について、参加者が熱心に質問する姿が見られました。また、キャンパスツアーでは、各学科の学生がキャンパスライフを紹介しながら、図書館や実習室、コンピューター室などを案内しました。

医学科を目指す高校生は、「受験勉強の体験や面接試験の心構えなどについて丁寧に教えていただき、参考になりました」「現役合格が目標なのでAO入試に挑戦したい。しっかり準備して臨みます」などとコメント。また看護学科志望の高校生は、「看護師になるための学習や看護師の仕事について、直接先輩方から話を聞けてよかった。演習を体験したことで、勉強へのモチベーションが高まりました」と話していました。また保護者からは、「対応してくれた学生たちが生き生きしているのが印象的でした。充実した学習環境が整っていると感じました」といった声が聞かれました。

なお、今後のオープンキャンパスは以下の日程で開催します。
7月22日(日)
8月11日(土・祝)
8月25日(土)
11月3日(土・祝)
詳しくはホームページをご覧ください。
http://www.tokai-adm.jp/opencampus/#isehara

一覧へ戻る