建築都市学部

学部動画

紹介動画

建築都市学部紹介

東海大学では2022年4月より学部・学科体制を見直します。工学部に配置されている建築学科と土木工学科は、
独立発展させて「建築都市学部」として新たに生まれ変わります。建築学科には3コース(建築工学コース、建築計画コース、
地域デザインコース)を設置。従来の「工学」の枠組みを超え、ソフトとハードの両面から建築・都市の課題に取り組む、
高い専門性と広い視野を備えた“柔らかな技術者”の育成をめざします。


学びのポイント

多角的な視点を持った技術者を育成

人間の社会活動と生活基盤といったソフトとハードの両面から、建築・都市が抱える課題に向き合うことができる“柔らかな技術者”を育成します。

専門性がしっかり身に付く学びのステップ

まずは建築・土木それぞれの基礎を学修し、3年次からは専門領域を自由に選択。段階的なステップで、無理なく高い専門性を身に付けていくことができます。

実験・演習など実践的科目が充実

数多くの実験や設計演習、インターンシップを通して実践力を磨き、周辺地域を課題とした演習によって、大学にいながら社会的経験が得られます。


学科一覧

建築学科

土木工学科


デジタルパンフレット
イベント情報