児童教育学部

※2022年4月新設

関連動画

代替テキスト
紹介動画

子ども未来を輝かせるためになりたい自分になる

児童教育学部児童教育学科※は、乳幼児・児童期の保育・教育を総合的に学ぶことで、保育士資格、幼稚園教諭一種免許状、および小学校教諭一種免許状を同時取得することが可能です。
保育園・幼稚園から小学校までの教育を統括して理解できる教員・保育者の養成を目指します。
※本学部学科の設置計画は認可申請中であり、内容に変更が生じる可能性があります。


児童教育学部で目指すこと

社会は、多くの「人」で成り立っています。その「人」には、もちろん子どもも含まれます。特に子どもは次世代を担う存在であり、子どもたち
の成長発達、その感性やものの考え方が、次の社会をつくっていくのです。このように考えると、子どもの成長発達を支え、子ども一人ひとりが幸せに生きるための力の基礎をつくる教育・保育の仕事はとても重要なものです。

 大人と違って、発達の途中にある子どもの成長はもともと個人差が大きいものですが、それだけでなく、現在では、発達に課題のある子ども、外国籍や異文化の環境の中で育つ子ども、また虐待や貧困などの養育環境の中で育つ子どもなど、子どもや子どもを取り巻く環境が多様化しています。これらは、子ども自身の持つ資質や文化、または子どもの養育環境とそれを生み出した社会的課題と深く関わっているため、教員・保育者には、その社会的課題に対する深い理解と必要な知見に基づいた適切な対応、判断することが求められています。

 一方で、教育・保育は、「何を教えるか」以前に「子どもが何を求めているか」などの「子ども理解」から始まります。ただ、その子ども理解は、目の前の子どもの姿だけで分かるものではありません。発達途上にある子どもの今の姿は、前の段階からつながっているとともに、次の段階へつながっていて、それらが「成長」となってあらわれています。そのため、教育・保育では、成長のプロセスという連続性を軸に捉えるとともに、その指導・援助も連続性に基づいた「見通し」を持っていなければなりません。

 このような状況を踏まえ、児童教育学部では「多様な子どもを連続的に見通す力」を持った教員・保育者の養成を行います。そして、子どもとそれを取り巻く社会状況を踏まえた、教育・保育に関する専門的な知識・技能を身に付け、多様な子どもたちの成長と学びについて、見通しを持って連続的に援助・指導する力を持った教員・保育者を養成します。そして人々が幸せに生きていける共生社会・調和の取れた文明社会の実現を目指していきたいと考えています。

学部のポイント

①多様な子供を連続的にとらえる実践力の養成

多様な子どもについて学ぶとともに、乳幼児期から児童期までの子どもの姿を連続的に捉えることで、求められる実践力を身に付けます。

②「得意」をつくる特化プログラム

自分の興味関心に応じた教育・保育の諸課題に向き合い、実践の場で活用できる「得意」をつくります。

③地域との連携を重視した現場体験プログラム

学内に開設する子育て支援施設「あかちゃんひろば」(保育実習室)等を活用し、地域と連携して、教育・保育を実践的に学びます。

教育研究上の目的及び養成する人材像

児童教育学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、
子どもとそれを取り巻く社会状況及び教育・保育の役割を理解し、子どもの発達と学びを適切に支えることができる基礎的な知識・技能を基盤として、子どもの多様な発達と学びを総合的かつ連続的に捉える視野を持ち、そこで見出した社会・地域の課題に他者と協働的に向き合い、解決に向けて取り組むことのできる人材を養成することです。
以上の目的を達成するために、児童教育学部では児童教育学科に学士(児童教育学)の学位プログラムを設置し、各々に「ディプロマ・ポリシー」、「カリキュラム・ポリシー」、「アドミッション・ポリシー」を定めています。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー 

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 児童教育学部児童教育学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、社会について幅広く学び、“子どもに係る諸課題は社会全体の課題である”ことへの理解を深めながら、「教育・保育の基礎的な知識と技能」と、「多様な子どもに向き合い、見通しを持った教育・保育を展開できる力」に加え、「教育・保育の課題を地域の課題として実際に向き合い、他者と協働してその解決に向けて主体的に行動できる力」を教育体系の中で養成し、「多様な子どもを、継続的に見通す力」を身につけ、教員や保育者といった専門職において活躍するだけでなく、広く子どもに関わる各分野(公務員、一般企業)において、身につけた人間性や能力を活用して、これからの社会に貢献する人材、共生社会の実現を目指す人材を養成することです。
【ディプロマ・ポリシー】
 児童教育学部児童教育学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(児童教育学)」を授与します。
『知識・理解』
子どもとそれを取り巻く社会状況及び教育・保育の役割を理解するとともに、子どもの発達と学びを適切に支えることができる基礎的な知識を有している。

『汎用的技能』
個々の子どもの発達と学びを総合的かつ連続的に捉えるとともに、適切な教育・保育を構想し、それを実践することができる。

『態度・志向性』
子どもを取り巻く課題に他者と協働して取り組み、新たな価値を創出することで、子どもの健やかな成長を支える共生社会の発展に貢献することができる。

【カリキュラム・ポリシー】
 児童教育学部児童教育学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
カリキュラム・ポリシー(知識・理解)
ディプロマ・ポリシー(知識・理解)を達成するため、区分Ⅳ「主専攻科目」の「専門基礎科目」における、「1教職・保育基礎科目群」の教育・保育に関する原理、制度および方法等の基盤的な学び(「教育原理(幼・小)」、「教育制度論(幼・小)」等)をとおして、子どもを取り巻く社会状況及び社会における教育・保育の役割への理解を深めるとともに、子どもの発達と学びを適切に支えることができる基礎的な知識を身につけます。また、「2教科・保育内容に関する科目群」の教科に関する専門的事項、保育内容の各領域等の学び(「初等国語」、「保育内容総論」等)をとおして、子どもの発達と学びを適切に支えることができる基礎的な知識を基盤として、個々の子どもの発達と学びを総合的かつ連続的に捉え、子どもの内面を理解することができる力を身につけます。

カリキュラム・ポリシー(汎用的技能)
ディプロマ・ポリシー(汎用的技能)を達成するため、学修成果①②を踏まえ、区分Ⅳ「主専攻科目」の「専門応用・実践科目」における、「2教科・保育内容に関する科目群」および「3教科・保育内容の指導法に関する科目群」の各分野、各教科の専門性や、指導法等による、教育・保育実践のための基盤となる学び(「初等生活科教育法」「言葉の指導法」等)をとおして、個々の子どもの発達と学びを総合的かつ連続的に捉え、子どもの内面への理解を深め、それを基盤として、子どもの多様な発達と学びに対応した教育・保育を構想することができる力を身につけます。「4教科・保育研究に関する科目群」の教材研究を深める学び(「初等社会研究」、「保育内容研究A」等)をとおして、子どもの多様な発達と学びに対応した教育・保育の構想力を高め、教育・保育を実践するための基盤を形成します。また、「5教育・保育フィールド科目群」の観察、実践、実習といった、直接子どもと向き合った学び(「学校体験活動」、「保育実習1(保育園)」等)をとおして、子どもの多様な発達と学びに対応した教育・保育を構想し、それに沿った教育・保育を実践する力を身につけるとともに、実践後は評価・反省をとおして、その力を深めます。

カリキュラム・ポリシー(態度・志向性)
ディプロマ・ポリシー(態度・志向性)を達成するため、学修成果①②③④⑤を踏まえ、区分Ⅳ「主専攻科目」の「専門発展科目」における、「6特化プログラム群」の教育・保育に関する現代的課題に対応した学び(「教育・保育インターンシップA」「子育て支援実習A」等)をとおして、子どもの多様な発達と学びに対応した教育・保育を実践し、そこでの課題に他者と積極的に関わりながら、それを乗り越え、真摯な姿勢で子どもの健やかな成長を支える社会の実現のために尽力する態度を身につけます。
これらの教育課程で身に付けた力を、「7卒業研究科目群」(「発展ゼミナール1」、「卒業研究1」等)において“個々の課題意識に応じた主体的研究姿勢に基づく学び”により集約し、「卒業研究レポート(論文)」としてまとめあげることにより、新たな価値を創出し、子どもの健やかな成長を支える共生社会の発展に貢献する力を身に付けます。

【学修成果】
①社会理解
子どもとそれを取り巻く社会状況及び社会における教育・保育の役割を理解している。
②教育・保育基礎理解
子どもの発達と学びを適切に支えることができる基礎的な知識を持っている。
③子ども理解
 個々の子どもの発達と学びを総合的かつ連続的に捉え、子どもの内面を理解することができる。
④教育・保育構想力
   子どもの多様な発達と学びに対応した教育・保育を構想し、実践後は評価・反省することができる。
⑤教育・保育実践力
 子どもの多様な発達と学びに対応した教育・保育を実践することができる。
⑥協働力・創造力
 他者と積極的に関わりながら課題に向き合い、それを乗り越えることができる。
⑦使命感
 子どもの健やかな成長を支える共生社会の実現のために、真摯な態度で向き合うことができる。

これらの学修成果を体系的に身に付けていくことにより、現代に求められている「多様な子どもを、継続的に見通す力」を卒業までに身に付けていく。

『学修成果の評価方法』
 児童教育学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
児童教育学部児童教育学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 英語では、高校の英語の科目の履修をとおして英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
   国語では、高校での国語の履修をとおして日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
   社会では、高校での社会(世界史、日本史、地理、政治・経済、倫理、現代社会)の科目の中から選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。
   数学(1A、2B)及び理科(生物、化学、物理)の中から選び、自然科学的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 文理融合の観点から、文系の知識・技能と理系の知識・技能を総合して応用できること、及び、それらを発信できることが期待できること。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 多様な価値観を理解し、良好な人間関係を築くことができること、物事に対して挑戦的に取り組むこと、及び、失敗や挫折を乗り越えて目標を実現しようとすることが期待できること。


「多様」な子どもを「連続」的に学ぶこと

● 現在は、発達に課題のある子どもや、異なる文化で育った子どもへの支援など、 「子どもの多様性を踏まえた支援」が求められています。
● 子どもの発達を適切に支えるためには、乳幼児期から児童期(小学生) までを見通した「子どもを連続的に捉える力」が求められています。

POINT1
「多様」な子どもを「連続」的に学ぶことで、教育・保育の課題への対応力を身に付ける。
「多様」な子どもを「連続」的に学んだ上で、さらに実践力アップ

「特化プログラム」
保幼小連携・地域子育て支援・障がい児支援・国際理解教育から選択し、自分の「得意」をつくります。

POINT2
子どもの成長を支えること=これからの社会をつくり出すこと

「地域連携型現場体験プログラム」
学内の子育て支援施設「あかちゃんひろば」(保育実習室)等を活用し、 地域で学び、 地域を学び、 地域と学びます。

身に付く力

社会理解

子どもとそれを取り巻く社会状況及び社会における教育・保育の役割を理解している。

教育・保育基礎理解

子どもの発達と学びを適切に支えることができる基礎的な知識を持っている。

子ども理解

個々の子どもの発達と学びを総合的かつ連続的に捉え、子どもの内面を理解することができる。

教育・保育構想力

子どもの多様な発達と学びに対応した教育・保育を構想し、実践後は評価・反省することができる。

教育・保育実践力

子どもの多様な発達と学びに対応した教育・保育を実践することができる。

協働力・創造力

他者と積極的に関わりながら課題に向き合い、それを乗り越えることができる。

使命感

子どもの健やかな成長を支える共生社会の実現のために、真摯な態度で向き合うことができる。

特化プログラム

自分の興味関心に応じて教育・保育の現代的諸課題に向き合い、実践の場で活用できる「得意」をつくるための「特化プログラム」。さらに実践力がアップします。

保幼小連携

保幼小の「連続性」が身に付く
 児童教育学部のコンセプトの一つである「連続性」の力を身に付けるプログラムです。乳児(0~2歳の赤ちゃん)から小学校の児童までの発達と学びを連続的に捉え、またその教育・保育についても連続性を踏まえて考え実践する力を身に付けます。具体的には、幼児期からの学びと結びついた「生活科」に関連する科目や「総合的な学習の時間」などを通して、「学びの連続性」について理解を深め、それを踏まえて、就学前の保育と小学校教育を接続する原理・内容・方法などを学びます。本プログラムの最も特徴的な科目である「接続期カリキュラム研究A」(4年次・春学期)では「スタートカリキュラム」(小学校)を中心に、「接続期カリキュラム研究B」(4年次・秋学期)では「アプローチカリキュラム」(幼稚園、保育園、こども園)を中心に、その教育・保育の実践を学ぶことになります。この力を身に付けることで、小学校教育への見通しを持った幼児教育が展開できる保育者、または、就学前からの学びの連続性を持った教育をできる小学校教員として活躍することができます。

地域子育て支援

保護者を受けとめ、支える方法を学ぶ
 現在の社会の中で、特に保育分野に強く求められていること
の一つが「子育て支援」です。保育者は、自分の園だけでなく、地域の子育て支援の中心的な役割を担い、地域社会の子どもとその保護者に対して適切な支援をする力が求められています。具体的には、「子育て支援」や「子ども家庭支援論」等の理論を学ぶとともに、本プログラムの特徴的な科目である「子育て支援実習A」(3年次・春学期)「子育て支援実習B」(3年次・秋学期)で実践的に学びます。この科目の実践の場となる「あかちゃんひろば」は、学内に開設される子育て支援施設で、平日の午前中に主に乳児(0~2歳の赤ちゃん)と保護者を受け入れ、保育士が子育て支援を行います。学生は、そこに参加し、乳児だけでなく、保護者と直接関わることで、保護者の気持ちや悩みに触れ、保護者が求めていることを汲み取り、どのような支援が必要かについて考えながら、子育て支援の実践を学びます。この力を身に付けることによって、保護者の立場や気持ちを理解し、保護者の子育てをサポートするとともに、子どもの保育を実践できる保育者として活躍することができます。

障がい児支援

多様な子どもに寄り添う
 現在は、心と身体の発達にさまざまな課題を持つ子どもが多くなっています。その発達のあらわれも多様であり、その個々の状態に添った援助・指導が必要とされています。教員・保育者には、個々の発達の状況を理解するとともに、子どもの気持ちを汲み取り、発達や学びについて、見通しを持った教育・保育を展開しなければなりません。本プログラムでは、「障がい児保育」(1年次・秋学期)、「特別支援教育(幼・小)」(2年次・春学期)等を通して、障がい児支援・特別支援に関する基礎的知識や理解を深めるとともに、「アダプテッド・スポーツ」(4年次・秋学期)では、障がいを持った子どもが楽しみながら体を動かすことについて学びます。また、「特別支援教育指導論」(4年次・春学期)、「障がい児保育指導論」(4年次・秋学期)を通して、発達や学びの段階に応じた、連続性を持った援助・指導について学びます。卒業後は、インクルーシブ教育・保育、つまり、障がいの有無に関わらず、子どもたち一人ひとりの特性を見据えた上で子どもたちを包括的に教育・保育することができる教員・保育者として活躍することが期待されます。

国際理解教育(外国人児童支援)

異文化も理解できる教員に
 社会のグローバル化によって、教育・保育においても、さまざまな国・文化の中で育った子どもたちが入園・入学してくることが多くなりました。そこでは、「国際的な視野に立った教育・保育」を考えていくとともに、文化的・教育的ギャップのはざまにある子どもたちへの支援が求められています。本プログラムでは、広く国外の教育を知り、国際的視野に立った教育・保育を考え、それを踏まえながら、外国人児童(幼児含む)への支援を実践できる力を身に付けます。本プログラムの特徴的な科目である「海外教育体験A」(3年次・春学期)ではデンマークのコペンハーゲン、「海外教育体験B」(3年次・秋学期)ではタイのバンコクで、現地の保育園、小学校等で見学・体験活動を行います。 また、 「国際理解教育」(3年次・春学期)では、海外の教育について理解を深めるとともに、歴史、教育・保育方法、文化の観点から国際的視野を身に付けます。卒業後は、さまざまな国の文化への理解を示しながら外国人児童をサポートできる教員・保育者、または、身に付けた国際的な教育感覚を持って海外にある日本人学校の教員などとして活躍することが期待されます。

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

言葉の指導法

 この授業では、乳幼児期の言葉の発達のプロセスを学び、子どもにとって「生きる力の基礎」としての「言葉」について、グループワークを通して理解を深めます。また、子どもがそのような「言葉」を身に付けるために、保育者に必要となる「言葉に対する感覚を豊かにする保育実践」や「言葉を育て想像する楽しさを広げる児童文化財」に関する専門的知識と技術を学びます。

初等図画工作

 この授業では、小学校の図画工作科で行う「造形遊び」、「絵に表す活動」、「立体に表す活動」、「工作」等について、グループワークを通して実践的な表現活動について学びます。自らの技術や感性を磨くことを通して、子どもたちの創造性を理解し、成長を支えるための視点を身に付けます。

初等国語科教育法

 小学校国語科において、主体的・対話的で深い学びを実現するために必要な知識、考え方を身に付けます。それを踏まえて、系統的、段階的に授業設計について学び、授業の目的、内容、および教育方法(情報機器の活用を含む)、教育評価の在り方について学んでいきます。子どもの実態に応じた授業構想を立て、実際に模擬授業の実践を通して、小学校での教育実習での実際の授業実践につなげていきます。

乳児保育

 乳児期は、子どもの健やかな成長の基盤となる、とても大切な時期です。この授業では、その乳児期の発達過程と特性について学ぶとともに、その特性を踏まえた保育を行うための基本的事項や各発達段階の保育内容の特徴について、グループワークを通して理解を深めていきます。

初等生活

 現在の幼児教育には、幼小の共通理解を図ることを目指して、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」が示されています。これは、生活科が低学年における教育全体の充実を図る上で重視するべき方向も表しています。つまり、生活科は、教科間の横のつながりと、幼児期からの発達の段階に応じた縦のつながりとの交点の役割を果たすわけです。この授業では、そのような生活科の役割や内容について、グループワークを通して、理解を深めていきます。

保育実習指導1(保育園)

 本学部の全ての学外での実践活動には「事前事後指導科目」が設定されており、この授業は、第1回目の保育園実習を対象とした科目です。事前指導の中では、実習生として心構えや態度、実習記録の書き方や子どもとの関わり方、それに手遊びなどの「模擬保育」を行います。また、それらの学びを踏まえて、事前に自己課題を設定し、実習後の事後指導では、その課題を中心に、子どもとの関わりや、保育者から学んだことなど、しっかりとした「振り返り」(リフレクション)を行います。


進路・資格・免許

児童教育学部では、所定の単位を修得した場合、卒業と同時に次の免許・資格を取得できます。
※2022年4月設置認可申請中

教職資格

★小学校教諭一種免許状
★幼稚園教諭一種免許状

国家資格

★保育士資格

予想される進路

 児童教育学部では、子どもと子どもに関わるさまざまなことについて広く・深く学ぶことができるようになっています。そのため、予想される進路としては、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士、保育教諭といった、免許・資格を生かした仕事だけでなく、児童福祉施設職員、放課後児童支援員、地方自治体の行政職、学習塾講師など、子どもに関わるさまざまな仕事で活躍することが期待されます。子どもを中心として、多くの人と関わる中で、自らの役割を果たすことができるので、社会で求められるさまざまな場面での活躍も期待されます。また、大学での学びをより専門的に深めていくため、大学院に進学し、教育・保育分野の研究者を目指すことも考えられます。

予想される進路先

小学校教諭
幼稚園教諭
保育士
保育教諭
児童福祉施設職員
放課後児童支援員
学習塾講師
インターナショナルスクール講師
地方自治体職員
民間企業
大学院 など


施設・設備

【ML(ミュージックラボラトリー)】
幼児教育で必要な音楽の実技を学びます。ピアノをネットワークで結び、双方向通信で高度な音楽教育・指導を行います。


【あかちゃんひろば(保育実習室)】
学生にとっては実践力を養う場であり、地域にとっては「子育て支援」の場として活用されます。保育実習室には観察室があり、マジックミラー越しに子どもや保護者の様子を見ることができます。

【e-ポートフォリオ】
入学してから卒業するまでの学びが、学修成果の達成度として可視化され、自分自身で把握できます。また、実践活動とそのリフレクション(振り返り)も、自律的に進められる仕組みになっています。


デジタルパンフレット
イベント情報