児童教育学部

※2022年4月設置認可申請中

学部動画

紹介動画

児童教育学部紹介

国際的な視点と幅広い教養を身につけた「保育・幼児教育のプロ」を輩出し続けてきた
東海大学短期大学部児童教育学科は、2022年4月、東海大学「児童教育学部」として新たに生まれ変わります。
新学部誕生とともに学びの場を静岡から湘南キャンパスへと移設。
さらなるカリキュラムの充実をはかり、大学4年間を通して子どもの健やかな成長を支える小学校教諭、幼稚園教諭、保育士を育成します。


学びのポイント

子どもの発達を連続的に捉える実践力を養成

乳幼児期から児童期(小学生)までの発達を連続的に学ぶことで、子どもの未来を考えながら成長を支えられる教員・保育者を目指します。

多様な子どもに対応する力を育むプログラム

実際の現場には、多様なバックグラウンドを持つ子どもがいます。障がい児支援や国際理解教育などの“特化プログラム”で対応力を磨きます。

地域と連携した教育プログラムを実施

学内に開設する子育て支援施設などで、地域の子どもや保護者と直接交流します。現代の教育・保育現場の課題を見つけ、自分で解決する力を養います。


学科一覧

児童教育学科


デジタルパンフレット
イベント情報