人文学部

人文学科

関連動画

代替テキスト
紹介動画

人文学は自分学。
東海大学で学ぶ人文学とは。

人文学を皆さんはどのような学問と捉えているでしょうか?
本来、人文学とは哲学、歴史 ・文化学、人類学などを通して、人間の本質•本性に関する研究を行い、人間が持つ価値観を考える歴史のある学問体系です。
東海大学人文学部はその根幹を受け継ぎながら、 これからの社会で必要とされる多面的なリベラルアーツ(教養)を展開します。自分のスタイルを大切にしながら社会に貢献できる人材を育てる、それが東海大学の人文学です。

人文学は自分学。


幅広く学ぶ3つの領域

発想力を生み出す応用科目

それぞれの領域から自分自身の興味•関心を持った科目を選択することで学びの幅が広がります。 複数の領域を横断して科目を組み合わせることで、 学びをさらに面白くすることができます。

教育研究上の目的及び養成する人材像

教育研究上の目的及び養成する人材像
人文学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、
私たちが直面する様々な課題に立ち向かい魅力ある未来社会を創造するため、人文学の基礎的知識を修得するとともに多岐にわたる人文社会系の学問分野をつなぎあわせて、社会変化に対応していく人材を養成することです。人間社会が内包する多様な価値観や文化を相対的・総合的に理解したうえで、地域における課題の解決と新たな価値の創出に貢献し、変化する世界に柔軟に対応しうる発想力と行動力をもった人材の育成を目指します。
以上の目的を達成するために、人文学部では人文学科に学士(人文学)の学位プログラムを設置し、各々に「ディプロマ・ポリシー」、「カリキュラム・ポリシー」、「アドミッション・ポリシー」を定めています。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー 

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 人文学部人文学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、現代あるいは将来において生じるであろう問題や変化に対して、新しい価値観を持って対応していく人材を養成することです。人間の多様なあり方を探求する人文学の専門知識を活用して、身近な地域に存在する歴史や文化、自然を基礎に新たな価値を構築し発信する力、グローバル化や技術の進展に伴う諸問題の実態に迫りその解決法を探る思考力、変化する世界に対応したライフスタイルや社会経済活動のあり方を提案する発想力と行動力を持った人材の養成を目指します。

【ディプロマ・ポリシー】
 人文学部人文学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(人文学)」を授与します。

『知識・理解』
人文学の基礎知識を理解するとともに、現代文明の持つ問題について、自らを取り巻く社会的状況と関連づけて具体的に理解できる。

『汎用的技能』
人文学の本質を踏まえた上で、社会における多様な取り組みを理解、分析することを通して論理的思考力及び問題の発見と実践的な対処・解決の方策を導き出すことができる。

『態度・志向性』
人文学の学びで培った発想力を基盤にして、各個人が社会の一員として自らの役割と責務を全うする社会的責任感をもって行動にうつすことができる

【カリキュラム・ポリシー】
 人文学部人文学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
【カリキュラム・ポリシー】を実現するため、以下の科目区分(学科目)と必修・選択・自由科目をその目的別に設定している。
人文学科では、地域社会と人の関わりについての人文学的基礎知識および具体的に社会的状況と関連づける思考力を養うために、専門の基礎科目、発展科目、応用科目を設けている。

「人文基礎科目」
哲学、文学、歴史・考古学、地理・文化人類学を基軸とした人間性への深遠なる問いかけを相対的総合的に理解していく視点の育成を目指し、人文学の基礎的知識の理解を深める科目として、初年次より「総合人文学基礎概論」の必修科目、「人文思想」、「人類学」、「考古学」、「ことばと論理」「人間と環境」などの選択科目を設置している。

「人文発展科目」
人文学の基礎知識に加えて、将来生じるであろう「技術の進歩」、「問題や課題解」を把握し、現代文明の持つ問題について自らを取り巻く社会的状況と関連づけて具体的に理解できる思考力を養うための科目である。そのために静岡校舎の地域的特色を学ぶ「駿河湾学」を必修科目として、また人文学を発展的に捉える力を養う「グローバル時代の人間学」、「文化と現代メディア」、「多文化の共生」、「生と死の文化史」などを選択科目として、現代の社会的状況、未来社会の創造を考察する科目とした。

「人文応用科目」
本科目は、グローカルな考え方で、将来に向けてマネジメントしていく力の育成、柔軟な視点の育成を目指し、社会における多様な取組を理解し分析することを通して論理的思考力、問題発見と解決能力を修得することを目的としている。そこで、地域において持続可能な社会の実現に向けて必要となる情報の論理的な思考力・分析力を養う学科目<地域マネジメント>、多様な価値観を共有し、社会の一員として責任と役割を全うするために必要となるコミュニケーション能力を養うための<グローバル・コミュニケーション>、発想力を養い、地域の魅力をグローバルに発信できる表現力を修得するための <クリエイティヴ・カルチャー>の3区分を設置した。この3つの学修領域において 20 単位以上の取得が必要である。
<地域マネジメント>領域では、地域産業との連携を進める学修科目として「観光人類学」、「地域観光論」、「地域環境論」、「コミュニティ創造論」などの専門科目を設置し、事例研究を通して情報を論理的に分析していく力を養う。
<グローバル・コミュニケーション>領域では、国際化に応じた異文化の理解、コミュニケーション方法の学修科目として「世界の文化とグローバリズム」「生活様式論」、「インバウンド・コミュニケーション」、「国際海洋論」、「国際研修」などの専門科目を設置し、国際社会のなかの日本を理解し、国際交流の実践力を養う。
<クリエイティヴ・カルチャー>領域では、市民参画のもと地域資源の発掘と表現力を高める学修科目として「言語表現論」、「身体論」、「ミュージアム論」、「海洋考古学」などの専門科目を設置し、持続可能な社会に貢献する発想力を養う。

「フィールドワーク演習科目」
「フィールドワーク演習A・B・C・D」を設置して、学生が社会的取組みの現場で特定の事例に臨み、能動的に問題を発見し、解決していく力、実践力を養う。

「ゼミナール科目」
2年次から開始される少人数で運営される「基礎ゼミナール1・2」、「ゼミナール1・2」「卒業研究1・2」の必修科目 12 単位の修得により、これまでの学びを踏まえ、学生自身がグローカルな視点をもって「人間とは何か」を自ら考え、社会で実践していく力を身につけることを目指す。

『学修成果の評価方法』
 人文学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。
 
【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
人文学部人文学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 英語では、高校での英語の科目の履修を通して、英語の文章理解力、表現力といったコミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
国語では、高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力といったコミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
社会では、高校での社会(世界史、日本史、地理、政治・経済、倫理、現代社会)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。
数学及び理科は、文系の学問を学ぶ上で必要な自然科学的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 人文学の観点から、知識や技能を総合して応用でき、それらを発信できることが、期待できること。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 多様な価値観を理解し、友好的な人間関係を築くことができること、物事に対して挑戦的に取り組むこと、失敗や挫折を乗り越えて目標を実現しようとすることが期待できること。


新時代を生きる新しい学び

学びを深める10の研究講座

あなただけのカリキュラム

研究講座とは特定のテーマのもとに複数の科目をセットしたものです。いくつかの研究講座を自由に組み合わせてカスタマイズ。自分らしい学びをつくりあげていくことができます。

例えば『日本の文化と歴史』×『観光とホスピタリティ』×『地域文化と共創』etc.

海の文化と環境


海をフィールドとして、多角的に多角的に人間の文化と自然環境の関りを学び、調和のとれた文明社会のあり方を提案する力に身につけます。

食文化とライフスタイル


食の歴史と多様性、フードビジネスなど、多角的な学びを通じて、文化を新たに創造する力を身につけます。

国際社会と多様性


世界の多様な文化と言語を学び、グローバル時代に求められる実践的なコミュニケーションの力を養います。

アートパフォーマンス


アートやパフォーマンスなどを通して表現力を磨き、多様な人々とのコミュニケーション能力を養います。

日本の文化と歴史


新しい社会を創造するために、私たちのルーツから未来へと、広い視野で日本の文化や歴史を学びます。

古典の人間学


さまざまな時代と地域のユニークな書物を読み解きながら、人間と文化への深い理解と洞察力を身につけます。

経済とビジネス


現代ビジネスの実態を学びながら、地域経済の発展に貢献できる基礎力を身につけます。

地域文化と共創


人びととの交流を通じて地域特有の文化を再発見し、魅力的な地域社会を共に創り出す力を身につけます。

観光とホスピタリティ


「場所」 「 人」 「 アクティビティ」から新しいコンテンツを作り出し、 情報を発信する力を身につけます。

共生の人間学


現代社会が抱える問題を発見・解決し、人間社会と自然環境との持続的な共生を創出する力を養います。

地域マネジメント クリエイティブ・カルチャー グローバル・コミュニケーション


科目紹介

人文学部の多彩でユニークな科目群の中から、いくつかの授業科目をご紹介します。
この他にもいろいろな科目が展開されます。

観光人類学

観光現象は現代社会における文化の問題を考えるにあたり重要な要素と言えます。グローバル化した観光開発に伴って生起する観光文化を文化創造として積極的に評価しつつ、文化の商品化、文化の客体化、文化の主体といった文化人類学的視点から地域の新たな価値を創造するための理論的枠組みを身に付けます。

海洋考古学

海域、沿岸・島嶼域における人類の拡散や定住、海洋水産資源の利用と生業、船舶による海上輪送や海戦などをテーマに考古学、歴史学、人類学を発展的に学びます。陸域に加え、沿岸や海域に関わる資料をみることで、現在に至るまでの社会と文化の形成に、これら環境・資源の利用・活用が大きく影響してきた過程を考察します。

人間と環境

地球環境との関わりの中で、人間と文化のあり方を考えます。「人と自然にやさしく、安心安全な社会の創造」とは何か、「幅広い視野を持ち環境問題を考える」とはどういうことかをテーマに、人文学的な環境の捉え方について学びます。

経済学

経済活動には人間の生活に必要な財貨・サー ビスを生産·分配·消費するすべての過程が含まれます。 そこで、人間が生きていく上で必要な経済活動と、経済活動を通じた他者とのつながりを理解した上で、 日本の経済社会の現状 ・ 理論・歴史を学び、これからの未来をどう切り開くのかを考察します。

言語と社会文化

言語は人間生活のあらゆる場面において重要な役割を果たし、思考に影響を与えたり、社会や文化に関わる問題と密接に結びついています。そこで、世界言語として英語を応用言語学の観点から見直し、英語の背景にある社会・文化的な現象や言語と人間の思考について学びます。

公共政策論

公共政策による活動は、その時々の社会情勢により捉えられ方が異なり、公共という概念は万人の渦足を満たさないという実際的な問題があります。しかし法的根拠に基づく公共政策は、社会活動には不可欠であることから、公共政策の実際的問題を追及し、生活、文化、社会的に持続可能な社会づくりの取り組みについて学びます。

日本文化史

現代のグローバル化は、すでに文化交流にも発展しており、自国の文化を理解することの重要性が増しています。日本文化を歴史的にみると、列島内外から知識と技術を受容し、普及•発展させてきたことが分かります。このような日本文化について、文化の時代的特徴や地域色を学び、その背景にある列島内外との交渉からも考察します。

フィールドワーク演習

卒業研究に向けて3つの領域に関連したフィールドワ ークを行います。「地域マネジメント」では地域が抱える問題や潜在的な資源活用手段について体験し、地域社会の持続可能性を展望する力を養いま す。「グローバル・コミュニケーション」では実際の社会から得られる情報を整理・ 理解し、自らが発信する力を養います。「クリエイティブ・カルチャー」では人間や物の観察から文化の特徴を見出し、未来を見据えた価値を創造する力を養います。

生き物文化誌

人間は自然の中で動植物を利用しながら生存しています。動物の利用は世界各地で多様な文化を生み出し、植物の利用には自然環境を維持する役割もあります。このような人間と生き物のさまざまな関係から生まれた文化的な記録や伝承を「文化誌」と捉え、人間の知性、技術力、精神性を学ぶことで、自然のなかに生きる未来の人間像を探ります。

インバウンド・コミュニケーション

国内における外国人旅行者や在日外国人の数は年々増加し、もはや海外だけが異文化に触れる機会ではなくなりつつあります。身近な生活の中でさまざまな文化や価値観に触れながら、異文化理解の場を考え、交流のためのイベント企画や実施方法を多角的方面から学びます。

国際海洋論

海洋を持続的かつ平和裏に利用するためには国際社会における協力が不可欠です。しかし多様な価値観やルールが併存し、経済利益が競合するなかで、効果的な取組は容易ではありません。そこで海洋をめぐる多国間の協力、対立や競合について、歴史的な経緯、制度構築やそれに関わる人間の行動をテーマに、国際社会が人間と自然の共存という地球規模の課題にいかに対処できるかを考察します。

メディアリテラシー

現代社会には、インターネットやテレビ、新聞·雑誌などによる膨大なメディア情報が溢れていますが、必ずしも正しい情報であるとは限りません。そこで、このようなメディアの機能を理解する力や、情報の正確さを見極める力、そして必要に応じて主体的にメディアを活用する力を備えるためにメディアを分析し誤った情報を認識する方法を習得します。

ウェルネスとセラピー文化

食・運動・入浴など生活科学をもとに健康的に暮らす概念(ウェルネス)や、薬や手術を用いない心理・物理療法(セラピー)への関心が高まっています。これらは多様なビジネスと連携した一大産業である一方で、科学的根拠に乏しい分野でもあります。このような成長産業分野であるウェルネスとセラピー文化のあり方を考えます。

エンターテイメント産業論

人間はさまざまな創造的な活動を行い、それを鑑賞する人々に満足を与えています。しかし、創造的な活動は、その活動によって生きていくことを持続的に可能とするために経済的な対価を与える構造を構築しなければなりません。そこで産業(ビジネス)を切り口に、これからのエンターテイメントのあり方を考えていきます。

神話と美術

人間は昔から世界の成り立ちや社会の仕組みを神話によって説明してきました。世界各地の諸民族にはそれぞれ固有の神話があり、絵画や彫像として表現された神々の姿は、その時代と地域の文化や思想を反映しています。神像の表現と伝播をテーマに異文化の交流やそこから新しい文化が創造される過程を学びます。

ミュージアム論

ミュージアム(museum)は、学術研究の場であり、展示によって研究の成果を社会に広く還元する社会教育の場でもあります。さらに特色ある文化施設として観光や地域振興の拠点の役割も担っています。このような観点から、多様な関心をもつ幅広い世代の人々のニーズに応える魅力的な施設としてのミュージアムの可能性を探求します。


4年間の学びのスケジュール

※詳細はこちら(デジタルパンフレット)よりご確認ください。


就職サポート

「就職支援も教育の一環である」という理念のもとに、全学的な就職支援体制を構築しています。

本学では、学生一人ひとりが早い時期から自分の将来のビジョンを持てるよう、キャリアデザイン科目の開講、プロのコンサルタントによるガイダンス や各種講座の開講など実践的なサポートを行っています。これらのサポートは、就職活動を行う3·4年次生、大学院生のみならず、1年次生から就職 や進路に関してきめ細かく行っています。また、学生が希望する進路をかなえられるように、全学部に設置された就職委員会、キャリア就職担当、校友会、後援会、同窓会(海外を含め同窓生は40万人以上)と連携し、学生の就業力育成に努めています。


クラブ・サークル

■体育会 ■文化部連合会 ■望星会 ■一般サークル ■学生会

合気道部、柔道部、アメリカンフットボール部、準硬式野球部、バドミントン部、海洋部、スキ一部、バスケットボール部、空手道部、漕艇部、弓道部、卓球部、剣道部、端艇部、陸上競技部、硬式庭球部、サッカ一部、硬式野球部、ハンドポール部、鉢道部、山岳部、ラグビ一部、アウトリガーカヌーLila、軟式庭球部、バレーボール部

演劇研究会、自動車研究部、写真研究部、水族応用生態研究会、天文研究会、探検会、美術研究会、フォークソング研究会、漫画アニメーション研究会

環境サークルE.C.O.、吹奏楽研究会、軽音楽研究会、釣魚部、陸水生態研究会、ライフセービングクラブLOCO、サイクリング部

海洋探検研究部TRITON、射撃部、JAZZ研究会、水棲環境研究会、社交舞踏研究会、海洋研究会、大道芸サークルTRICK-ARTS、総合模型同好会、ウィンドサ ーフィン部、トライアスロンクラブ、Classico(フットサル)、トライアスロンクラブ、護身武道研究会

執行委員会、オリエンテーション実行委員会、会計委員会、クラブ連合会、建学祭実行委員会、代議委員会

※上記の内容は、海洋学部の2020年度の実績を掲載しています。


デジタルパンフレット
イベント情報