情報理工学部

関連動画

代替テキスト
代替テキスト
代替テキスト
紹介動画

理学・工学の両面から
次世代のI T を創造する3学科構成

本学部は、情報処理を幅広く学びその新しい仕組みを考える情報科学科、実社会で役立つコンピュータ応用技術を学ぶコンピュータ応用工学科、
情報メディアの先端技術を実習形式で学ぶ情報メディア学科の3 学科で形成されています。
常に人間を主体として捉え、理学と工学の両面から最先端の情報技術を研究しています。


【Message】
情報理工学部 学部長  黒田 輝 教授

理学と工学の両面から幅広く情報を学び、
新技術の開発に貢献できる人材となる。

皆さん、こんにちは。
 「情報」は現在社会のいたるところにあふれ、それを支えるネットワークはもはや社会基盤化しています。このような社会の中で忘れてはならないのは、情報とは人間や機械との関係を含めて捉えられるべきものである、ということです。このような考えの下、本学部では、人間・情報・機械を総合的に捉えた研究・教育を行っています。情報を総合的に捉えるには、豊かな人間性、強靭な基礎学力、実践的な応用力が重要です。本学部では、皆さんにさまざまな分野における発見や経験を提供します。それらを通じて皆さんが十分に学び、未来の世界が求める研究者・技術者となられることを心から願っています。

教育研究上の目的及び養成する人材像

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
情報理工学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、情報に関する幅広い基礎知織と高度な専門知識と技術を備え、現代の情報社会が抱える多様な課題を正しく理解し、それらの課題に対する解決策を的確に導き出せる創造力及び実践力をもった人材を養成することです。
以上の目的を達成するために、情報理工学部では3学科に学士(工学)の学位プログラムを設置し、各々に「ディプロマ・ポリシー」、「カリキュラム・ポリシー」、「アドミッション・ポリシー」を定めています。


情報を処理する新しい仕組みを探究する

新しい情報技術の開発に貢献できる人材を目指して、情報科学に関わる幅広い知識を学び、技術革新への対応力を身に付けます。また講義だけではなく、ゼミナール、実験、実習、演習などを通じて豊かな発想力や行動力を培い、社会へ出てからも即戦力として活躍できる能力を育成します。

POINT1
あらゆる角度から「情報」を科学的に追究

 情報科学科では10の研究室がそれぞれユニークな科学的課題を持ち、精力的に研究を行っています。研究テーマは「AI・計算科学・数理科学」、「情報計測・可視化」など多岐にわたっています。知識・技術としての「情報」のみならず、「情報」そのものを追究します。本学科の学生は3年次の秋セメスターから各研究室に配
属され、最先端の課題に触れながら研究の一翼を担います。

POINT2
豊かな発想力と強い行動力を涵養

 本学科の教員は各々が自由な発想に基づいた研究を行っています。このような教員に学ぶ学生には豊かな発想力が育まれることでしょう。未来に発生するさまざまな課題を解決する場面において、豊かな発想力は最も頼りになる能力の一つです。発想を具体化するには行動力が必要です。本学科では、ゼミナールなどの授業において、行動して満足な結果を得る、あるいは失敗して改善する、という経験を通して、一般社会を生きていくために必要な行動力を身に付けることができます。

POINT3
即戦力となる人材を育成

 最先端技術の研究を推進するだけでなく、次世代の情報処理の基盤技術を創出すべく、普遍的科学の研究と深い思索による飛躍的な発想力を追究します。また、東海大学の建学の精神に基づき、「自ら考え、集い、挑み、成し遂げる」という4つの力を身に付け、企業などの技術部門で即戦力として活躍できる人材を育成します。
このような教育目標を理解し、その目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った学生を求めます。

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

プログラミング実習 1・2

プログラミングの基礎を習得する
 情報科学分野においてプログラミングスキルは無くてはならないものです。本講義ではプログラミング未経験者を対象に、豊富な実習を通して、今後学ぶさまざまな講義・実習に対応できる基礎知識を習得します。

基本情報処理 1・2

現代の情報処理技術の基本を学ぶ
 コンピュータに代表される現代の情報技術は高度なプログラムや複雑なアルゴリズムによって成り立っています。本講義ではこれらを学ぶ上で必要な情報処理の基本を学び、本学科で学ぶ講義の基礎知識を養います。

情報数学

数学と情報科学の橋渡し
 情報科学分野におけるデータや理論
をどのようにして数学上の変数や方程式に落とし込めば良いのでしょうか。本講義では線形回帰問題などを扱い、情報科学における数学の使い方を習得します。

脳科学

情報技術を先端医療に役立てる
 本講義は、医学の基礎である解剖学および生理学について、生物学に関する知識を持たない理工系学生向けに概説し、情報科学科で学ぶ情報技術を先端医療に応用する基礎的な力を育成することを目標としています。

人工知能

人工知能の基盤技術を学ぶ
 私たちの身の回りのさまざまなシステムに人工知能の技術が浸透するようになってきました。顔認識や音声認識、ゲームAI、ビッグデータ、Twitter 解析などに用いられる機械学習や人工知能の基礎を学びます。

理工系のTOEIC®入門・初級・中級

IT技術者に必要な英語力の育成
 IT分野の話題を題材とした教材を用いて、英語を聴き、英語で話す授業を展開します。理工系学部学生のための実用的な英語を学ぶ機会は、将来研究者として活躍するために必要となる力の育成を促します。

メディカルイメージング

医療で躍動するイメージング技術を知ろう
 現代の医療ではヒトの体内を観察するイメージング技術が目覚ましい進歩を遂げています。この講義ではX線CT、MRI、超音波エコー、PET、内視鏡などの代表的なイメージング技術について、基礎原理から画像処理まで分かりやすく講義します。

情報数理工学

量子コンピュータと
量子テレポテーションの原理を学ぶ
      
 世界の科学者・技術者達は量子力学の原理を利用して情報処理を行う画期的な情報処理技術の開発に乗り出しています。本講義では量子コンピュータと量子テレポテーションの原理について学びます。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 情報理工学部情報科学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って普遍的な科学研究と革新的な着想を追求し、情報分野に関するグローバルな視野と新しい情報処理技術を創成する素養を持った国際社会に貢献する人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
 情報理工学部情報科学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(工学)」を授与します。
『知識・理解』
 理学と工学の両面から情報に関する幅広い基礎知識と人工知能、計算科学、数理工学、情報計測・可視化等に関する専門知識をあわせ持ち、さらに現代社会における様々な課題、ニーズを柔軟に理解する能力を有している。
『汎用的技能』
情報分野の技術を応用し、時代の多様なニーズに対して理学および工学的な立場から解決策を見出すことができる。
『態度・志向性』
 情報技術者のモラルと使命を理解し、情報分野の理学および工学的な発展に寄与し、社会に貢献することができる。

【カリキュラム・ポリシー】
 情報理工学部情報科学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
 主専攻科目は、理工系基礎科目、情報技術者基幹科目、コンピュータ実習科目、情報科学共通科目、AI・計算科学・数理工学分野科目、情報計測・可視化分野科目、自己発展科目、情報科学実験、情報科学ゼミナール、卒業研究1・2と段階付け、徐々にステップアップする構成になっています。
 初年次より「基本情報処理技術者試験」のシラバスを参考にした科目配置を行い、社会が本学科出身者に求める情報理工学分野の幅広い基礎知識を身につけさせます。「情報技術者基幹科目」「情報科学共通科目」の上に、本学科独自の研究分野に関連した「AI・計算科学・数理工学」「情報計測・可視化分野」の科目を配置し、専門的知識を教授します。特に、AI・プログラミング教育に対する社会の大きなニーズに応えるため、「人工知能」「機械学習」「自然言語処理」「確率的最適化」「人工知能プログラミング」「アドバンストプログラミング」を配置し、AI人材に求められる専門的知識を教授します。グローバル人材の育成のため、TOEIC科目を配置し実用英語を身につけさせます。3年次後期には「情報科学ゼミナール」、4年次には「卒業研究1・2」等の実践的教育を通して、新しい情報技術を創成する能力やリーダーシップを育成します。

『学修成果の評価方法』
 情報理工学部情報科学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
情報理工学部情報科学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 現代社会における情報科学の様々な課題、ニーズを柔軟に理解する能力を有している。英語では、高校での英語の履修を通して英文法、文章読解、基礎的な英単語や熟語、リスニングを身につけておくことが望ましい。数学では、高校での数学の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身につけておくことが望ましい。理科では、高校での理科(物理、化学、生物、地学)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。国語及び社会は、理系の学問を学ぶ上で必要な読解力、表現力、文化的な知識を幅広く身につけていることが望ましい。
(2)思考力・判断力・表現力
 数学や理科などの高校の科目を通して論理的思考能力を身につけておくことが望ましい。また、歴史や地理、倫理など高校の社会科目を通して物事の良し悪しを判断する力、国語や英語などを通して文章を正しく理解し実験で得た結果や自分の考えを正確に他者に伝えられる表現力があることが望ましい。
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 高校のクラブ活動や委員会活動、ボランティア活動などを通して、他者の考えを聞き、また他者に自分の考えを伝え、ともに1つの目標達成に向けて協力しようとする態度を身につけておくことが望ましい。

実社会で役に立つコンピュータ応用技術を学ぶ

AIやIoTによる自動化技術に必要不可欠な「コンピュータ」。本学科ではハードウェアとソフトウェアの両方をバランスよく修得します。コンピュータを高度に応用する知識と技術を備え、各種機器やシステムの開発を通じて、より安全・快適・便利な社会の実現に貢献できる人材を育成します。

POINT1
ソフトとハード両面の知識

 現在、あらゆるシステムにハードウェアとしてコンピュータが組み込まれ、システムを開発するためには、必然的にソフトウェアの開発も必須となっており、両分野の知識が必要となっています。マイクロコンピュータをはじめとした、コンピュータを活用したものづくりを通して、ソフトウェアとハードウェア両面の知識を習得します。さらに、両分野の垣根を意識することなく開発するスキルを習得します。

POINT2
高度な実装力

 実験・実習科目を多数設けており、教室で学んだ理論を実験室で体験することで、基礎から段階的に技術力を身に付けられます。コンピュータシステムやロボットは、日本の産業を支える基幹技術であるだけでなく、ハードウェアとソフトウェアを習得する上で、大変効果的な教材でもあります。ものづくりやロボット製作を通して、実装する喜びとともに高度な実装力を習得します。

POINT3
システムを生み出す創造力

 高機能なシステムを実現するには、各要素の性能向上を目指す要素技術だけではなく、多数の要素を組み合わせて効率性・安全性の高いシステムを設計・構築するシステムインテグレーション技術(SI技術)も重要となります。当学科では、各種講義科目で学んだ内容をもとに、数多くの実験・実習や卒業研究を通じて、さまざまなシステム開発を実践的に体現し、SI技術の素養を身に付けます。

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

電子回路

世界を変えたトランジスタを学ぶ
 センサによる信号の取得やモータの制御に、トランジスタを用いたアナログ回路は必要不可欠です。本講義では、座学と製作課題を通してトランジスタを用いた基本的な増幅回路、オペアンプについて学びます。

計測工学

「測る」世界を明らかにする一歩
 生物は目や耳を使って光や音を測ることで世界を知覚し、賢く動くことができます。測ることは世界の形を知り、万物の真理を探究する大事な一歩です。本科目ではセンサ原理を通じて世界を測り知覚する方法を学びます。

CAD設計演習

想像を具現化し、創造しよう
 人は自らのアイデアを具現化し、いわゆる“もの”として創造することで発展してきました。ものづくりは人類の発展に深く結びついています。本科目ではものづくりの設計に欠かせないCADやCAMについて学びます。

WEBアプリケーション開発

世界を一つにつなぐウェブを学ぶ
 世界はネットワークでつながっており、多くの情報システムでWebブラウザを用いたクライアント・サーバ方式が用いられています。本講義では、HTML5、CSS3、JavaScript言語を用いてWebサイトを作成することに
より、実践的な技術を習得します。

システム開発演習

コンピュータ応用システムの構築
 学科の教育研究分野に対応し、FPGAによるディジタル回路、リアルタイムOSによるアプリケーション開発、自律型知能ロボットシステム、コンピュータシミュレーションなどをテーマに実用的な技術を体得します。

ネットワーク工学

情報化社会の基盤技術を設計する
 情報化社会の実現には、ネットワーク技術が必要不可欠となっています。本講義では、ネットワーク機器による実習を交えながら、ネットワーク技術の知識にはじまり、現実的なネットワークの設計方法について学びます。

ロボット開発演習

ICT技術を活用したロボット製作
 近年の「ものづくり」の革命により、コンピュータをうまく使いこなすことで、以前に比べてはるかに効率的に皆さんのアイデアを具現化できる時代になりました。この環境を生かし、オリジナルのロボットを製作します。

コンピュータビジョン

人の眼を知り、ロボットの眼をつくる      
 空間を3次元的に把握するコンピュータビジョンは、自動車の自動運転など実社会での活用が広がっています。本講義では人の眼について学ぶとともに、カメラやレーザで3次元空間を取得する技術および3次元データ処理技術を習得します。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー 

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 情報理工学部コンピュータ応用工学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、これからの高度情報化社会、高福祉化社会の技術的基盤として必要とされている、実社会における機器やシステムへコンピュータを高度に応用するための知識と技術を蓄積・開発することにあります。本学科では、「コンピュータ工学」および「知能ロボティクス」の専門的な基礎知識と実践的技術の習得を目指し、グローバル化した社会での急速な技術革新に対して、自らを進歩させ柔軟に対応できる幅広い知識と応用力、リーダーの資質と英語コミュニケーション能力を養い、国際的にも活躍できるような人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
 情報理工学部コンピュータ応用工学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(工学)」を授与します。

『知識・理解』
 情報に関する幅広い基礎知識と「コンピュータ工学」、「知能ロボティクス」に関する専門知識をあわせ持ち、さらに現代社会における様々な課題、ニーズを柔軟に理解する能力を有する。

『汎用的技能』
 情報分野に関するソフトウェアおよびハードウェア技術を応用し、時代の多様なニーズに対して情報工学的な解決策を見出すことができる。

『態度・志向性』
 情報技術者のモラルと使命を理解して、情報分野におけるソフトウェアおよびハードウェア技術の発展に寄与し、社会に貢献することができる。

【カリキュラム・ポリシー】
 情報理工学部コンピュータ応用工学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。

『教育課程・学修成果』
 全体は、基礎科目の上に、各専門分野科目、実験・演習分野科目、教職科目を並列に配し、その上に卒業研究を配置する構成となっています。
 初年次において、「コンピュータ工学」、「知能ロボティクス」の各分野に共通する専門基礎知識を修得する為の科目として、「電気電子工学概論」、「コンピュータ工学」等の科目を開講し、情報理工学分野の幅広い知識を身につけさせます。これらには、情報処理技術者試験を中心とする資格取得を念頭に置いた科目も含みます。その上で、各分野について、より深く学ぶ為の専門科目を高学年に設置します。また、講義科目の理解促進と実践的なスキル向上を目的として、必修の実験科目である「コンピュータ応用実験1・2」を開講します。3年時には、2つの専門分野に対して、それぞれテーマを設定した「システム開発演習」を必修科目として開講します。このように、各分野の基礎から専門までを段階的かつ横断的に学べる選択科目および資格取得を意識した英語科目をバランスよく設置します。その集大成として、4年次には「卒業研究1・2」を必修科目として開講し、これらの実践的教育を通して、新しい情報技術を創成する能力やリーダーシップを育成します。

『学修成果の評価方法』
 コンピュータ応用工学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
情報理工学部コンピュータ応用工学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。

『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 情報に関する幅広い基礎知識と「コンピュータ工学」および「知能ロボティクス」に関する専門知識をあわせ持ち、さらに現代社会における様々な課題、ニーズを柔軟に理解する能力を有することが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 情報・工学に関する理論およびそれらを活用してシステムを組み立てるために必要な客観的かつ定量的な思考および判断が可能な能力、ならびにその思考や判断を明確に人に伝えるための能力があることが望ましい。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 学科における実験・実習科目において、教員の指示に従って、他の学生達と円滑にグループワークを進める事のできる協調性および自主性、そして他者の考えを理解し、それを許容できる能力を身につけておくことが望ましい。

情報メディアの最先端技術を追究する

映像、音楽、文字、さまざまな形で私たちの生活に溶け込んでいる情報メディア。本学科では、情報メディアのコンテンツ開発技術と流通技術について学び、最先端の研究をすることができます。そして、開発者、技術者、研究者として、社会でリードできる人材を育成しています。

POINT1
情報メディア技術の基礎から応用までを実践的に学べる

 CG、VR/AR、ゲーム、メディアアート、ヒューマンインタフェースなどの「メディアコンテンツ」分野の実践的な開発スキルを、豊富な実習科目を通して学習します。
また、メディアコンテンツのグローバルな流通に欠かせない、インターネット、SNS、ネットモラル、電子ペーパーなどの「メディアコミュニケーション」分野に関する広範な知識について、講義・ディスカッションを通して身に付けます。

POINT2
学生が授業・研究にアクティブに参加できる

 メディアコンテンツ・メディアコミュニケーションの専門分野別に設置された科目の中から、自分の興味・関心に応じて選択し受講することができます。コンピュータを利用した実習を通して、CG、VR/AR、ゲームなどのコンテンツ開発やWebプログラミングなどを体験し、実社会で役立つスキルを身に付けることができます。また、ディスカッションを通して、技術者として必要なコミュニケーション能力の向上を図ります。

POINT3
情報メディアに関する最先端の研究に取り組める

 メディアコンテンツ分野の研究室では、バーチャルリアリティーの医療への応用、人間工学に基づいたシステム、学校教育における3Dディスプレイの活用などに関する研究を行っています。また、メディアコミュニケーション分野の研究室では、SNSを流通する情報の分析やSNSの防災への応用、インターネット利用のリスクとネットモラル、デジタル情報を表示するための装置・材料などに関する研究を行っています。

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

情報メディア基礎テクノロジー1・2

情報理工学の基礎を理解する
 誰もが備えておくべき情報理工学分野の基礎知識を、講義および問題演習を通して習得します。1・2を通じて、情報の基礎理論、アルゴリズムとプログラミング、コンピュータシステム、情報マネジメントなどを学びます。

メディアプログラミング基礎

プログラミングの基礎を習得
 プログラミングとは、コンピュータで処理したい課題を解く手順(アルゴリズム)を考え、コンピュータが実行可能な命令の集まりであるプログラムを作成することです。この科目では、pythonという言語を利用してその基礎を学びます。

情報メディアプロジェクト実践1・2

チームでさまざまな問題に取り組む
 チームでさまざまな問題に取り組み、現代社会が抱えるさまざまな課題の解決に必要とされる「創造性」や「実践力」、「協調性」の向上を目指します。プロジェクト実践2では、英語でのプレゼンテーションにもチャレ
ンジします。

メディアコンテンツ
基本講義・演習A・B

メディアコンテンツの基本を学ぶ
 
メディアコンテンツ系の専門分野を学ぶ上で必須の基本的知識を習得するための科目です。コンピュータグラフィックスやヒューマンインタフェースの基礎を講義、およびコンピュータを利用した演習を通して学びます。

メディアコミュニケーション
発展講義・演習A・B

メディアコミュニケーションの
今を知る
 メディアコミュニケーション分野の最新技術や発展的内容を、講義、およびコンピュータを利用した演習を通して学ぶ科目です。
具体的には、ネットワークプログラミングやソーシャルメディア、ネットモラルについて学習します。

メディアコンテンツ応用実習

コンテンツ制作などにチャレンジ
 「創造性」と「実践力」を身に付けることに主眼を置いた科目です。3DCGやゲーム、VR/ARコンテンツの設計と実装、メディアアート作品やインタラクティブコンテンツの制作などを、専用のシステムやソフトウェアを用いた実習形式で行います。

情報メディア先端技術論

情報メディアの最先端を展望
 情報メディア分野の最先端技術の現状を理解し、新しいビジネスチャンスや情報メディアの未踏研究分野を切り開くヒントを得るために、企業の第一線で活躍されている技術者や内外の一流研究者などを招いて授業を行います。

情報メディア卒業プロジェクト1・2

4年間の集大成としてのプロジェクト      
 1年間にわたり卒業プロジェクトに取り組み、研究や開発、作品制作を体験、実践します。各研究室へ配属され、先端的・創造的研究活動を行う教員の指導のもと、4年間の集大成として研究・開発、作品制作を行います。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 情報理工学部情報メディア学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、日々変化して いく技術や新しい価値を捉える力を受容し、社会を支えていく人材を社会に排出することを目指し、「超スマート社会実現のために解決が急務の課題を発見する力」、「情報メディアに関する幅広い知識を用いてその解決方法を創造する力」、「情報メディア技術を駆使して実現、実践する力」を持ち、世界が今後直面するであろう課題を発見し解決していく力を有する人材を養成する。

人材を養成することです。
【ディプロマ・ポリシー】
 情報理工学部情報メディア学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士( 工
学)」を授与する 。
『知識・理解』
情報に関する幅広い基礎知識と「メディアコンテンツ」、「メディアコミュニケーション」に関する専門知識をあわせ持ち、さらに現代社会における様々な課題、ニーズを柔軟に理解する能力を有する。
『汎用的技能』
情報メディア に関する技術を応用し、時代の多様なニーズに 対応して、問題を発見し、 解決策を見出すことができる。
『態度・志向性』
情報技術者として、創造力・実践力・適応力を備え、モラルと使命を理解し、 情報メディア分野の発展に寄与して社会に貢献することができる。

【カリキュラム・ポリシー】
 情報理工学部情報メディア学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
 多様化する価値観や学びのスタイルに対応し、課題発見・解決のプロセスや新しい価値の創造をアクティブラーニング形式で初年次から最終学年まで継続的かつ実践的に学ぶ「情報メディアプロジェクト科目」群を柱として配置し、自ら考え解決を目指していく創造力と実践力を養っていく。加えて、情報メディア技術の幅広い知識を身につけるため「メディアコンテンツ系科目」と「メディアコミュニケーション系科目」に関する科目群を設置して幅広い視点の育成を進めていく。また、「コンピュータ基礎・プログラミング科目」群、および「理工系基礎科目」群、 情報メディアに関する現状や発展的な内容を把握することを目的とした「情報メディア基盤科目」群、「自己発展科目」群により、確かな基礎力と深い専門性を養い、幅広い視点から問題解決に取り組んでいく創造性と実践力の育成を行う。

『学修成果の評価方法』
 情報メディア学科のディプロマ・ポリシーに示されている『知識・理解』『汎用的技能』『態度・志向性』に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
情報理工学部情報メディア学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。数学では、高校での数学の科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましい。理科では、高校での理科(物理、化学、生物、地学)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。国語及び社会は、理系の学問を学ぶ上で必要な文化的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 物事を論理的に志向する力、物事の良し悪しが判断できる力、自分の考えを相手に伝えられる表現力があることが望ましい。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 他人とグループワークを行なう際などに、相手に自分の考えを伝え、また相手の考えを聞き、ともに1つの目標に協力しようとする態度があることが望ましい。


キャリア支援・資格

本学部では大学卒業後の進路指導に力を入れています。 就職指導も教育の一環という理念に基づき、4年間をかけて学生一人ひとりを支援します。
具体的には、学生のキャリア形成を支援する就職支援室の設置に加えて、学部独自の支援体制により、学生をサポートしています。

就職・採用のプロフェッショナルによるマンツーマン指導

本学のキャリア就職担当では、企業や組織からの求人情報を常時収集し、就職を希望する学生を支援するためにさまざまな企業研究会やガイダンスを実施して、情報提供を行っています。
また、学生の身近な場所に1年を通じて開かれている就職支援室を設け、就職指導担当職員を常時配置しています。ここには、求人中の会社や組織からの資料が掲示されていて、学生がいつでも閲覧できるようになっています。就職指導担当職員のなかには一部上場企業で長い間実務にかかわり、採用する側の立場から多くの学生を見て来たベテランもいます。その経験から、就職試験受験時の心構えや留意点、言葉遣いから立ち居振る舞いまで、マンツーマンで丁寧に指導することができます。さらに、各学科に学生の就職支援を行う教員が各1名指名され、学生への情報提供などを行っています。

就職指導担当職員による就職相談

【学部独自のキャリア支援】
▶大学院進学指導
▶ 1年を通じて開かれている就職支援室
▶ 就職指導担当職員による就職指導
▶ 年間を通じて開催される企業研究会、就活対策講座
▶ 優良企業からの求人情報の常時掲示、
  学校推薦企業情報提供と支援
▶ 保護者向け進路説明会

取得可能な免許・資格

情報科学科

《 教職・司書課程 》 
 ● 高等学校教諭一種免許状(情報) ● 司書・司書教諭
《 資格取得に有利 》 
 基本情報技術者/応用情報技術者/ITストラテジスト/
 CGエンジニア検定/画像処理エンジニア検定 など

コンピュータ応用工学科

《 教職・司書課程 》 
 ● 高等学校教諭一種免許状(工業) ● 司書・司書教諭
《 資格取得に有利 》 
 基本情報技術者/応用情報技術者/
 エンベデッドシステムスペシャリスト試験 など

情報メディア学科

《 資格取得に有利 》 
 基本情報技術者/CGクリエイター検定/CGエンジニア検定/
 WEBデザイナー検定/マルチメディア検定 など


卒業後の進路


施設・設備

多様化する学びに柔軟に対応するためには、学びの環境は重要な要素となります。本学部が在籍する19号館には、特徴のある施設および設備が構築されています。これらを活用することにより、学びやひらめきを更に促進します。

【ホール】
学食が併設されており、学生の憩いの場となっています。また、ときにはイベント会場として
も使用されています。


【ラーニングコモンズ】
学生が自由に勉強可能な空間となっています。気分に応じて、個別机やテーブルを自由に使用することができます。

【コーナーラウンジ】
窓からの風景として相模平野が広がり、研究の合間のリフレッシュや食事スペースとして活用
されています。

【プロジェクト室】
学部内の研究を学内外問わず見ることができ
るほか、空間を生かした研究活動を行うスペースとして活用しています。

【理工系工房】
ロボット製作やハンダ付け作業などを行う授
業をはじめとして、ものづくり全般の実習の場として活用しています。


【女子ロッカー】
本学部オリジナルのロッカーとして、専用の部
屋に設置されており、利便性およびセキュリティの面で好評を得ています。


デジタルパンフレット
イベント情報