海洋学部

関連動画

代替テキスト
代替テキスト
代替テキスト
代替テキスト
紹介動画

さあ、海に出よう。 目の前は無限の海だ。

海を見つめ、海の声を聴き、海を考え、海を学ぶ
日本で唯一の海洋学部


4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

1年次

学びの基礎を築く
 「海」を理解するための第一歩として、海の諸現象を物理学・化学・地学・生物学の分野からアプローチする「海洋学」や、キャンパスに隣接する日本で最も深い「駿河湾」をテーマに海洋科学への取り組みを理解する「駿河湾学」が開講されます。また、教養科目や学部・学科の基礎科目から4年間学んでいく上で必要となる力を身につけます。

2年次

未来への意欲を高め、知識の幅を広げる
学部・学科の基礎科目に加えて、学科の専門科目の学修がスタートします。専門科目では自分が学びたいことや興味・関心のあることを段階的に追究していきます。また、東海大学のコア科目「現代文明論」では、専門分野の枠組みにとらわれない幅広い視野と柔軟な思想を身につけます。

3年次

専門分野の学びを深め、研究テーマを見つけていく
専門科目が時間割の大半を占めます。フィールドワークでは、今までに身につけた知識を生かし、実際に調査・分析することを体験的に学びます。ゼミナールでは、課題の探求力や解決力、論理的な思考力を養います。さらに4年次に取り組む卒業研究に必要な知識や技術、方向性などの確認・準備を行います。

4年次

4年間の総仕上げ、卒業研究に取り組む
4年間の学びの集大成として卒業研究が始まります。卒業研究は、担当教員からの個別指導のもと、自分自身で研究テーマを決めて調査・研究を行います。さらに研究に基づいた卒業論文を制作して研究発表を行います。4年間の学びから専門的な知識や技術の修得に加え、社会貢献するための力が培います。

静岡キャンパス(海洋学部の学問バランス+α)

海洋学部の3学科では、海洋に関連する幅広い学問分野を研究教育の対象とし、理学、工学、水産学、生物学、海洋社会科学の各分野の専門科目を設定しています。また、人文学部・人文学科では、文化、歴史、国際関係、情報、経済、観光等、文系の幅広い分野の科目が学べます。静岡キャンパスでは、海洋学部と人文学部で文理融合の学びが実現されます。

教育研究上の目的及び養成する人材像

海洋学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、海洋に関わる社会科学、理工学などの幅広い基礎知識と、高度な専門知識と技術をもって、地球と人類が抱える多様な諸問題に対して、海洋を通じてその全体像を正しく理解し、さらに、これらの問題に対する対処・解決の方策を導き出せる創造力及び実践力をもった人材を養成することです。
以上の目的を達成するために、海洋学部では3学科2専攻に学士(海洋学)の学位プログラムを設置し、各々に「ディプロマ・ポリシー」、「カリキュラム・ポリシー」、「アドミッション・ポリシー」を定めています。


海洋環境保全と海洋資源開発の両立を目指します

【01】

海洋に関する理学・工学の幅広い知識を学ぶ

【02】

海洋環境を理解することで地球環境を考える

【03】

海洋管理など社会科学も身に付ける

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー 

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
海洋学部海洋理工学科海洋理工学専攻の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、海洋科学にかかわる幅広い知識と、海洋を利用するための高度な技術をもって、自然科学的な視点とともに、社会科学的な眼差しを兼ね備えた、海洋に関する諸問題の対処と解決の方策を導き出せる思考力及び実践力をもった人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
海洋学部海洋理工学科海洋理工学専攻では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(海洋学)」を授与します。
『知識・理解』
人と海の関わりを理解するとともに、持続的な海洋の利用に関する科学的な知識と技術を有することで、海洋環境の諸問題が自らを取り巻く社会状況と関連付けて具体的に理解できる。

『汎用的技能』
海洋に関する知識・技術に精通し、人と海とが調和する社会を構築するための取り組みや政策の理解を通して、論理的な思考力を持って具体的な問題に対処し解決の方策を導き出せる。

『態度・志向性』
海洋に関する幅広い知識や技術を基盤とし、人と海とが共生する持続可能な社会の構築に貢献できる人材として、主体的に問題を発見し、対処し、解決の方策を導き出す力を有する。

【カリキュラム・ポリシー】
海洋学部海洋理工学科海洋理工学専攻が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
本専攻では、海洋に関する科学的な基礎知識を基に、人と海とが共生する持続可能な社会を構築に貢献できる人材を養成します。入学直後に大学教育へと円滑に橋渡しする科目として「入門ゼミナールA、B」を、海を知る科目として「海洋学」、「海洋社会科学」、「駿河湾学」、「海洋実習1」の必修科目を開講します。また、自然科学の教養科目として数学、物理学、化学、生物学、地学に関する12の選択科目を開講します。加えて海洋理工学の基礎知識として、「地球科学」、「環境科学」など14の選択科目を設置しています。
次段階の学科専門科目では、海を学びの核としつつ、地球環境の現状や未来を総括的に把握できる能力を醸成します。そのためには、自然科学的な視点とともに、社会科学的な眼差しを兼ね備える必要があります。本学科においては、海と人との関係性を捉えることを基本とし、「海洋を科学する」「資源・エネルギーの科学」「海洋での活動力」の3つの学修体系を設置しています。
まず、「海洋を科学する」系で開講する「地球物理学」、「海洋化学」、「生物海洋学」、「海洋気象学」といった地球システムの中でも中核をなす海洋科学を中心とした科目群や「資源・エネルギーの科学」系で開講する「海底資源学」、「海洋地質学」など固体としての地球科学に関する科目群は、地球環境の現状を把握し環境問題のメカニズムを理解することを目的としています。
次に、「海洋を科学する」系で開講する「海洋共生論」、「海洋管理論」、「沿岸環境論」といった科目群や「資源・エネルギーの科学」系で開講する「沿岸開発論」、「海洋資源管理論」といった科目は、海洋の持続的な利用を可能とするために、人と海洋の共生のあり方を理解することを目的としています。
さらに、「資源・エネルギーの科学」系で開講する「海洋エネルギー工学」、「海洋土木環境工学」「海底資源開発学」といった科目群や「海洋での活動力」系で開講する「システム設計」、「ロボット制御基礎」、「水中ロボット工学」、「海洋構造工学」、「海洋流体工学」、「洋上システム工学」、「海洋計測工学」といった科目群は、海洋分野で「つくる」技術者として必要な知識を習得することを目的としています。
修得した知識を深めるために、各学修体系において「海洋物理学実験」、「海洋化学実験」、「海洋資源学実験」、「海洋エネルギー工学実験」、「メカトロニクス実験」、「ロボットプログラミング演習」、「海洋工学実験」といった実験・演習科目を開講します。加えて「海洋リモートセンシング学」、「数値解析・シミュレーション」など海洋を効率的に解析するために必要な技術に関する科目群を開講します。
座学、実験・演習より得られた知識や技術を学生自らの主体的な取り組みを通じて総合的に理解・活用することを目的として「海洋実習3」、「海洋フィールド実習」といったフィールド科目を、卒業研究科目として、6、7セメスターに「海洋理工学ゼミナール」、「海洋理工学研究1」を少人数ゼミナールとして開講し、最終8セメスターで卒業研究を取りまとめる「海洋理工学研究2」を配置します。
高等学校教諭および中学校教諭に一種免許状(理科)に関連して理科教材論、理科教育法1,理科教育法2、理科教育実践論の4科目を配置します。また、測量士補資格に関連して、測量学、測量学実習の2科目を配置します。

『学修成果の評価方法』
 海洋理工学科海洋理工学専攻のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等を通して教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
海洋学部海洋理工学科海洋理工学専攻の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 理科では、高校での理科(物理、化学、生物、地学)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましいです。
数学では、高校での数学の科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましいです。
英語では、高校での英語の科目の履修を通して文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましいです。
国語及び社会は、理系の学問を学ぶ上で必要な文化的な知識を幅広く理解していることが望ましいです。
(2)思考力・判断力・表現力
 海洋の社会的課題、海洋の環境問題など多様な事象を理解するために、自然科学や社会科学などの広範な知識を総合的に思考し判断しようとする力を有することを期待しています。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 海洋資源開発や環境アセスメント・コンサルタント、海洋土木、造船業界等で活躍するために必要な能力の修得を通して、多様な価値観や立場・役割を理解し、自分と自分以外の人および社会システムと健全な関係を築くことが可能で、物事に対して主体的に取り組む姿勢を有することを期待しています。


キャンパスは「海」、教室は「船」
航海士・船長は世界の海が「仕事場」

【01】

外国航路の航海士に必要な
海技士(航海)の資格取得

【02】

実践的な遠洋航海実習を通して船舶運航技術を習熟

【03】

グローバル輸送に対応した運航管理能力の育成

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
海洋学部海洋理工学科航海学専攻の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、海事に関わる人文社会学、自然科学などの幅広い基礎知識と、高度な海技士としての専門知識と技術をもって、海運界、海事関連産業が抱える多様な諸問題に対して、その全体像を正しく理解し、さらに、これらの問題に対する対処・解決の方策を導き出せる海技従事者となる人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
海洋学部海洋理工学科航海学専攻では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(海洋学)」を授与します。
『知識・理解』
海(自然現象、気象、海象など)に関する科学的な基礎知識と、船を運航・管理するために必要な海事に関する基礎知識を併せ持ち、さらに海技士としての専門分野での応用的知識を有している。
『汎用的技能』
海技従事者としての専門分野における最新の知識・技術に精通することを通して、具体的な問題に対する対処・解決の方策を導き出せる。
『態度・志向性』
海運界や海事関連産業で海技従事者として活躍するために必要となる国際感覚を備えたリーダーシップを発揮できる力を有している。

【カリキュラム・ポリシー】
学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
本専攻では、海に関する科学的な基礎知識、船を運航・管理するために必要な海事に関する基礎知識、さらに海技士としての専門分野での応用的知識を養うために、学科専門科目として初年次より海技士関連科目の「航海学1」、「運用学1」、「運用通信実習1」などを設置し、次年度から海技士関連科目の「航海学2」、「航海計器学1・2」、「航海力学」、「舶用機関概論」、「航海学演習1・2・3」、「航海計器学実験」、「運用学演習1」、「航海気象学」、練習船望星丸を用いた1ヶ月間の乗船実習「短期乗船実習」など、および専門科目の「無線工学」、「舶用電気機器」など、さらに学科総合科目の「海洋実習3」を設置しています。
また、海技従事者としての専門知識と技術を総合的に活用し、具体的な問題に対する対処・解決できる力を養うために、海技士関連科目の「航海学3」、「運用通信実習2」、「運用学2」、「運用学演習2」、「海事法令」、「海運実務論」、合わせて6ヶ月間の乗船実習となる「乗船実習A」、三級海技士(航海)の免許試験に必要な「乗船履歴」を得るため卒業後に履修する6ヶ月間の「乗船実習B」などを設け、および専門科目の「国際海事法」、「船舶管理概論」、「船舶保険論」、「港湾工学概論」、「海難論」、「海上交通工学概論」などを設けています。
さらに、グローバル時代に対応できるコミュニケーション力を持ちリーダーシップを発揮できる力を養うために、専門科目として初年次より「海事英語ゼミナール」の必修科目、および海技士関連科目の「海事英語1・2」、「物流英語」などや、専門科目の「物流論」、「海運経済論」などを設置しています。総仕上げとして総合科目の「海事研究1・2」を行ない、海運界や海事関連産業で活躍できる力を養っていきます。
『学修成果の評価方法』
本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
海洋学部海洋理工学科航海学専攻の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
理科では、高校での理科(物理、化学、生物、地学)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。
数学では、高校での数学の科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましい。
英語では、高校での英語の科目の履修を通して文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
国語では、高校での国語の科目の履修を通して、日本語文章の精確な読解力、論理的文章構成能力、多様な表現力を身に着けておくことが望ましい。
その他の科目においては、理系の学問を学ぶ上で必要な文化的・社会的な知識を幅広く理解していることが望ましい。
(2)思考力・判断力・表現力
海運界、海事関連産業が抱える多様な諸問題を理解するために、自然科学や人文社会学などの広範な知識を総合的に思考し判断する力が期待できること。
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
海運界や海事関連産業で海技従事者として活躍するために必要な能力の修得を通して、多様な価値観や立場・役割を理解し、自分と自分以外の人及び社会システムと健全な関係を築くことができ、物事に対して主体的に取り組むことが期待できること。


水産資源を人のくらしに生かす

【01】

水棲生物と水産学の基礎知識を身に付ける

【02】

食品衛生と加工・製造について学び関連資格取得

【03】

水産資源の持続的利用について学ぶ

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 水産学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、水生生物を食品の源ととらえ、その生態と生活環境、保護育成や増養殖などの水産資源に関する知識を有し、生物の多様性を維持した生物資源の持続的な利用に貢献できる知識と技術を備え、かつ食品の加工・製造、食の安全・安心に関する知識と技術を身に付けた、計画力と実践力に富み、生物と人との関わりを考慮できる社会貢献度の高い人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
水産学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(海洋学)」を授与します。
世界の漁業と養殖業を合わせた生産量は2019年に2.1億トンを超えました。このうち、漁業生産量は横ばい傾向であるのに対し、養殖生産量は急激に増加しており、その割合は全体の56%に達しています。また、漁業の対象となる水産資源のうち、持続可能な資源は66%に留まり34%は過剰利用または枯渇状態となっています。周りを海に囲まれた我が国にとって、水産資源は極めて重要な食糧資源です。したがって、厳しい国際情勢に対応していくためには、最先端の養殖と資源管理技術を持ち、限りある水産資源を持続的に利用していくことが不可欠となっています。
このような時代のニーズに応えるため、海洋学部水産学科では、水産資源の利活用を学ぶ食品科学コースと、水産生物の生態や増養殖を学ぶ生物生産学コースの2コースを設けています。両コース共通の水産基礎教育を通じて水産に関する幅広い知識を身につけさせ、そして各々のコースで展開する専門分野の教育を通じて応用知識と技術を習得させます。具体的には、国や自治体の水産技術職員、水産をはじめとする食品メーカーの研究開発職員、後進育成を担う中学・高校教員など、水産業界や学校教育の場で活躍できる人材の育成を目標とします。大学・学部の学位授与方針に従い、以下の能力を備えたと認められるものに学位を授与します。

『知識・理解』
水産全般にわたる 科学的な基礎知識を基盤とし、水産資源を含む海洋資源の保全と、その持続可能な形での利用(SDGs14) のため、以下①~⑤に示す、水産資源の保全・増養殖から食品等への利活用に至る先端的な知識や技術を有する。
① プランクトンやサンゴなど海洋生態系の基盤を成す生物群と水産資源の関連性
② 希少生物や深海生物を含む水産資源とその増養殖
③ 水産資源枯渇問題などを解決するための環境保全対策
④ 未利用魚を含む水産資源に含まれる成分の食品や医薬品等への利活用
⑤ HACCPに基づく安全安心な食品製造・開発と美味しさや品質保持

『汎用的技能』
水産基礎・応用教育を通じて様々な知識を修得し、その体現である実験や実習、卒業研究を介してデータ解析力、課題解決力、プレゼンテーション能力、チームで働く力 を高め、実社会で普遍的に活用できる論理的な思考力と実践力を有する。

『態度・志向性』
様々な情報 を元に状況を把握し、その分析によって適切な目標を設定して具体的計画を立案する能力、チームワークを駆使して目標を成し遂げる力、倫理観を有し、市民として社会の発展のために寄与できる力を有する。

【カリキュラム・ポリシー】
 水産学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
本学科のカリキュラムでは、初年次に「科学表現論」で科学的な思考及び表現方法を学びます。また、導入科目に当たる「水産通論」および「入門ゼミナール」により、水産学の基礎を学び、2年次以降の学修の方向性を考えさせます。また、関連する技術の基礎を身につけさせる ための実験科目として、「生物学実験」と「化学実験」を履修させます。そのほかにも、水産学科として必要な基礎知識に関する科目群を学科目「水棲生物の基礎知識」や「水産学の基礎知識」として開講しています。
食品科学コースでは、「水産食品学総論」や「水産食品学実習」などの基礎科目を学びながら、「水産利用学」、「食品栄養学」、「食品衛生学」、「食品製造学」などを通して、生物生産科学コースでは、「水産増殖学」、「漁業資源学」、「保全生態学」などで水生生物の増える仕組み、水圏生態系、環境との関連を学び、「魚病学総論・各論」や「水産餌料・栄養学」などを通して、水生生物を資源として持続的に有効利用するための実務的な応用知識を修得するとともに、汎用的技能である論理的思考力を養っていきます。
さらに実践力を身につけるために、食品科学コースでは、「食品化学実験」、「微生物学実験」および「食品製造学実習」といった独自性の高い専門系実験・実習の3科目を、生物生産科学コースでは、「魚類学実験」や「資源生物学実験」などの実験7科目を開講しています。これらの実験や実習科目を通して、能動的に学習しつつ実践力を習得していきます。また、「海洋実習3」により、水生生物資源の持続的利用のための知識・技術を修得し、チームで働く力 を高めて、汎用的技能を身につけていきます。
最終年次には、総仕上げとして、卒業研究科目に取り組みます。研究の考え方や解析方法、科学論文の書き方、プレゼンテーションの方法などを、教員から個別に指導を受けます。これらの卒業研究科目は、単に知識や技術の修得だけが目的ではなく、様々な活動を学生同士で行いながら、社会貢献度の高い計画を自ら考えて立案し、チームワークを駆使して実行できる高い社会性を持った態度と志向性を身に着けさせます。またサマーセッションにHACCP実務管理論があります。HACCP実務管理論では食品工場における衛生管理の実践的な思考を身につけ、HACCP実務管理者の資格を得ることができます。

『学修成果の評価方法』
 水産学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
水産学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 英語では、高校での英語科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
数学では、高校での数学科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましい。
理科では、高校での理科科目(物理、化学、生物、地学)の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。
 国語では、読解、文章作成を行う上での文構成の理解技能と表現力を身に着けておくことが望ましい。
社会では、理系の学問を学ぶ上で必要な文化的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 水生生物を生物資源として持続的に活用するために、多様な水生生物についての科学的な基礎知識と水生生物の保護・育成・食品への利活用、水圏環境の保全などの広範な科学の知識を総合的に思考し判断・表現できる力が期待できること。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 多様な価値観や立場・役割を理解し、自らが社会の一員であることを認識し、水圏環境システムや食品が有するさまざまな課題に対して主体的に取り組むことが期待できること。


多様な海の生物との共生を目指し、海洋生物の生態と行動を学ぶ

【01】

海の生命の科学

海には多様な海洋生物が生息していますが、そうした生物が繰り広げる生命の営みについてさまざまな角度から科学します。

【02】

行動とコミュニケーション

生き抜くために身に付けたさまざまな行動の意義を理解し、動物の織り成すコミュニケーションについて追及します。

【03】

ヒトと海

多様な海洋生物の暮らす海とその環境を知り、ヒトと海洋生物とが共生する道を模索します。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー 

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
海洋学部海洋生物学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、海洋生物とそれを取り巻く環境に関する正しい知識を身につけ、それを礎として海洋生物の多様性の維持と海洋環境の保全を目指すことのできる情報リテラシー能力を有し、自らの意見を持って海洋生物の有効利用への寄与と人間社会の発展に貢献し得るような社会的責任感のある人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
海洋学部海洋生物学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(海洋学)」を授与します。
『知識・理解』
多様で多彩な海洋生物とそれらを取り巻く環境について正しい知識と深い理解を有する。
『汎用的技能』
我々が直面する局地的あるいは地球的規模の生物多様性の危機や環境問題の解決に取り組むことができ、広く社会に貢献するための情報リテラシー能力(知る・書く・伝える力)を有する。
『態度・志向性』
幅広い視野で物事を理解し、知識と経験を活用することによって多種多様な海の生き物と人間との共生を目指し、積極的に新しい知識を吸収し、将来を見据えて社会のために貢献する社会的責任感を有する。

【カリキュラム・ポリシー】
海洋学部海洋生物学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
初年次教育科目として、海洋生物学科の教育目標を理解し、4年間の大学生活を自覚的かつ計画的に過ごすための必修科目「入門ゼミナールA」「入門ゼミナールB」を開講している。また、「海洋生物学概論」を通して海の生物に広い見識を持たせる。
科学的な知識の礎として<水生生物の基礎知識>、<海洋生物学の基礎>の分野において、「魚類学」「海洋生態学」「細胞生物学」などを開講し、次いで専門性を高める分野として<海の生命の科学>を設け、「海棲哺乳類学」「ベントスの世界」「プランクトンの世界」「深海生物学」など多彩な専門科目を学ばせ、多様な海洋生物の生態や行動を理解させる。また、<ヒトと環境>分野では、「群集生態学」「環境化学」「分子生態学」「水質学実験」「臨海実習」などの授業や実験実習を履修し、海洋生物の保護と管理に関わる問題点、さまざまな技術、情報収集と分析法などを能動的に修得・学修することにより、「知る・書く・伝える」といった汎用的技能を養うことができるようになっている。さらに<行動とコミュニケーション>分野では、「海洋動物の行動科学」「動物とコミュニケーション」などの科目によって当学科の特異性を象徴させている。3年次から「海洋生物総合演習」を開講し、学科内の各教員・研究室の研究の概要を把握することにより、4年次科目「海洋生物学研究1」「海洋生物学研究2」の準備に資する。こうした一連のカリキュラムを通して、積極的に新しい知識を吸収し、将来を見据えて社会のために貢献する社会的責任感や志向性を養うとともに、研究の集大成として課せられる「海洋生物学研究1」「海洋生物学研究2」における卒業論文のまとめや発表によって、会得した種々の情報リテラシー能力を強化・定着させる。

『学修成果の評価方法』
本学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、ルーブリック等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っている。そしてその集計結果はFD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげている。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
海洋学部海洋生物学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材、及びディプロマ・ポリシーで求められている能力を身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。

『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1)知識・技能
英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
数学では、高校での数学の科目の履修を通して公式や計算方法を理解したうえで、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましい。
理科では、高校での理科(物理、化学、生物、地学)の科目の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。
国語及び社会は、理系の学問を学ぶ上で必要な文化的な知識を幅広く理解していることが望ましい。
(2)思考力・判断力・表現力
環境・社会問題の構造を理解するために、自然科学や社会科学などの広範な知識を総合的に思考し判断する力が期待できること。
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
種々に変動し、多様さが増す価値観のもと、それぞれの立場や役割を理解し、自分、他者および社会システムと健全な関係を構築でき、主体的に物事に取り組む姿勢を有することが望ましい。


【授業トピックス】望星丸での海洋実習

「海洋実習1・2」では、駿河湾内で採水、測温、航海計器利用、気象・海象観測等を行います。「海洋実習3」は、学科・専攻によって実習先と内容が異なります。座学で学んだことを身をもって体験できることが魅力の授業です。

海洋実習1
●1年次/1泊2日
海洋実習2
●2年次/2泊3日
海洋実習3
●3年次/6泊7日

海洋調査研修船「望星丸」

「望星丸」は、全長約88m・総トン数(国際)2,174トンというスケールを誇る海洋調査研修船です。国際航海に従事する旅客船として第一種船の資格を持ち、大学単独でこれほどの規模の船舶を所有するのは他に類をみません。海洋学部生にとっては海に浮かぶもう一つのキャンパスで海洋学部全学生の必修科目「海洋実習」や海洋理工学科航海学専攻の学生が「海技士(航海)」の取得を目指す「乗船実習」などが行われます。また、全国のキャンパスの学生が1か月以上の共同生活をしながら諸外国を訪問する「海外研修航海」でも利用されており、大海原のど真ん中でスケールの大きい実習を体験できます。さらに、各省庁や大学研究機関からの委託調査・研究などでも活躍し、環境問題や資源問題に新たな視野を拓くものとして、学内外から高い評価を集めています。


就職サポート

※詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

本学では、学生一人ひとりが早い時期から自分の将来のビジョンを持てるよう、キャリアデザイン科目の開講、プロのコンサルタントによるガイダンスや各種講座の開講など実践的なサポートを行っています。これらのサポートは、就職活動を行う3・4年次生、大学院生のみならず、1年次生から就職や進路に関してきめ細かく行っています。また、学生が希望する進路をかなえられるように、全学部に設置された就職委員会、キャリア就職担当、校友会、後援会、同窓会(海外を含め同窓生は40万人以上)と連携し、学生の就業力育成に努めています。


卒業後の進路、取得できる資格

海洋理工学科 海洋理工学専攻

海洋理工学専攻の学びに関連した主な就職先(2016~2018年度)

三国屋建設/五洋建設/帝人エコ・サイエンス/いであ/日本ミクニヤ/尾道造船/三保造船所/ヤンマー造船/日立造船/三井E&Sホールディングス/朝日航洋/国際航業
天野回漕店/東海旅客鉄道/ヤマト運輸/鴻池運輸/日本郵便/東海澱粉/三井金属鉱業/星野リゾート・マネジメント/TOKAIコミュニケーションズ/清水銀行/国土交通省 など

取得可能な免許・資格
教職・学芸員課程 高等学校教諭一種免許状(理科)、中学校教諭一種免許状(理科)、学芸員
指定科目の修得で卒業後に取得可能 測量士補※指定科目の修得を要する、測量士※指定科目を修得し卒業後に一定の経験年数を要する
資格取得に有利 気象予報士、甲種危険物取扱者

海洋理工学科 航海学専攻

主な就職先(2017~2019年度) ※乗船実習課程修了生を含む

イイノガストランスポート/上野トランステック/宇部興産海運/NSユナイテッド内航マリン/ENEOSオーシャン/オーシャントランス/鹿児島船舶/川近シップマネージメント川崎汽船/国華産業/佐渡汽船シップマネジメント/商船三井フェリー/ショクユタンカー新日本海洋社/SECOJ/第一タンカー/第一マリン/鶴見サンマリン/東幸海運
東栄リーファーライン/日本海洋事業日本小型船舶検査機構/阪九フェリー/丸全昭和運輸/由良海運
※水先人養成機関や日本船員雇用促進センターなどで、さらに船員や水先人になるための知識の習得を目指す学生もいます。

取得可能な免許・資格
資格取得に有利 三級海技士(航海)の筆記試験免除<乗船実習課程修了後>、水先人養成コース受験資格<乗船実習課程修了後>、第一級海上特殊無線技士、第三級海上無線通信士

水産学科

主な就職先(2017~2019年度)

● 水族館・博物館 鴨川シーワールド/城崎マリンワールド/京急油壺マリンパーク/竹島水族館
● 製造業 赤城乳業/一正蒲鉾/紀文食品/崎陽軒/三立製菓/春華堂/全農チキンフーズ/創味食品/なとり/ニチレイ・フーズ/はごろもフーズ/フジパングループ本社/ホテイフーズコーポレーション/マリンフーズ/森永乳業/ヤヨイサンフーズ/UCC上島珈琲/ユーハイム/雪国まいたけ
●卸売業、小売業 ウエルシア薬局/うおいち/魚力/ジャパンフーズ/上州屋/生活協同組合パルシステム東京/生活協同組合ユーコープ/大都魚類/TASAKI/チャーム/中央魚類/東都水産/ドトール・日レスホールディングス/中島水産/マックスバリュ東海
● 学術研究、技術サービス業 アース環境サービス/いであ/エコニクス
● 運輸業、郵便業 鈴与/ニチレイロジグループ本社/日水物流/マルハニチロ物流/ヤマタネ/横浜冷凍
● 公務員 青森県庁/山形県庁/静岡県庁/島根県庁/根室市役所/静岡市役所/島田市役所/警視庁/神奈川県警本部/静岡県警本部/愛知県警本部/東京消防庁/静岡市消防局/岡山市消防局/伊勢市消防本部
●その他のサービス業など くらコーポレーション/ユニマットライフ/鹿児島讀賣テレビ/三重県漁業協同組合連合会/静岡市農業協同組合/なごや農業協同組合/ 横浜市教育委員会(中学校)/浜松市教育委員会(中学校)農業協同組合/西美濃農業協同組合/(公社)山口県栽培漁業公社/第一生命保険

取得可能な免許・資格
教職・学芸員課程
高等学校教諭一種免許状(理科)、中学校教諭一種免許状(理科)、学芸員
指定科目の修得で卒業後に取得可能 食品衛生監視員任用資格、食品衛生管理者任用資格、HACCP実務管理者資格取得に有利 生物分類技能検定

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー 

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 海洋学部水産学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、水生生物を食品の源ととらえ、その生態と生活環境、保護育成や増養殖などの水産資源に関する知識を有し、生物の多様性を維持した生物資源の持続的な利用に貢献できる知識と技術を備え、かつ食品の加工・製造、食の安全・安心に関する知識と技術を身に付けた、計画力と実践力に富み、生物と人との関わりを考慮できる社会貢献度の高い人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
海洋学部水産学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(海洋学)」を授与します。
世界の漁業と養殖業を合わせた生産量は2019年に2.1億トンを超えました。このうち、漁業生産量は横ばい傾向であるのに対し、養殖生産量は急激に増加しており、その割合は全体の56%に達しています。また、漁業の対象となる水産資源のうち、持続可能な資源は66%に留まり34%は過剰利用または枯渇状態となっています。周りを海に囲まれた我が国にとって、水産資源は極めて重要な食糧資源です。したがって、厳しい国際情勢に対応していくためには、最先端の養殖と資源管理技術を持ち、限りある水産資源を持続的に利用していくことが不可欠となっています。
このような時代のニーズに応えるため、海洋学部水産学科では、水産資源の利活用を学ぶ食品科学コースと、水産生物の生態や増養殖を学ぶ生物生産学コースの2コースを設けています。両コース共通の水産基礎教育を通じて水産に関する幅広い知識を身につけさせ、そして各々のコースで展開する専門分野の教育を通じて応用知識と技術を習得させます。具体的には、国や自治体の水産技術職員、水産をはじめとする食品メーカーの研究開発職員、後進育成を担う中学・高校教員など、水産業界や学校教育の場で活躍できる人材の育成を目標とします。大学・学部の学位授与方針に従い、以下の能力を備えたと認められるものに学位を授与します。

『知識・理解』
水産全般にわたる 科学的な基礎知識を基盤とし、水産資源を含む海洋資源の保全と、その持続可能な形での利用(SDGs14) のため、以下①~⑤に示す、水産資源の保全・増養殖から食品等への利活用に至る先端的な知識や技術を有する。
① プランクトンやサンゴなど海洋生態系の基盤を成す生物群と水産資源の関連性
② 希少生物や深海生物を含む水産資源とその増養殖
③ 水産資源枯渇問題などを解決するための環境保全対策
④ 未利用魚を含む水産資源に含まれる成分の食品や医薬品等への利活用
⑤ HACCPに基づく安全安心な食品製造・開発と美味しさや品質保持

『汎用的技能』
水産基礎・応用教育を通じて様々な知識を修得し、その体現である実験や実習、卒業研究を介してデータ解析力、課題解決力、プレゼンテーション能力、チームで働く力 を高め、実社会で普遍的に活用できる論理的な思考力と実践力を有する。

『態度・志向性』
様々な情報 を元に状況を把握し、その分析によって適切な目標を設定して具体的計画を立案する能力、チームワークを駆使して目標を成し遂げる力、倫理観を有し、市民として社会の発展のために寄与できる力を有する。

【カリキュラム・ポリシー】
 海洋学部水産学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
本学科のカリキュラムでは、初年次に「科学表現論」で科学的な思考及び表現方法を学びます。また、導入科目に当たる「水産通論」および「入門ゼミナール」により、水産学の基礎を学び、2年次以降の学修の方向性を考えさせます。また、関連する技術の基礎を身につけさせる ための実験科目として、「生物学実験」と「化学実験」を履修させます。そのほかにも、水産学科として必要な基礎知識に関する科目群を学科目「水棲生物の基礎知識」や「水産学の基礎知識」として開講しています。
食品科学コースでは、「水産食品学総論」や「水産食品学実習」などの基礎科目を学びながら、「水産利用学」、「食品栄養学」、「食品衛生学」、「食品製造学」などを通して、生物生産科学コースでは、「水産増殖学」、「漁業資源学」、「保全生態学」などで水生生物の増える仕組み、水圏生態系、環境との関連を学び、「魚病学総論・各論」や「水産餌料・栄養学」などを通して、水生生物を資源として持続的に有効利用するための実務的な応用知識を修得するとともに、汎用的技能である論理的思考力を養っていきます。
さらに実践力を身につけるために、食品科学コースでは、「食品化学実験」、「微生物学実験」および「食品製造学実習」といった独自性の高い専門系実験・実習の3科目を、生物生産科学コースでは、「魚類学実験」や「資源生物学実験」などの実験7科目を開講しています。これらの実験や実習科目を通して、能動的に学習しつつ実践力を習得していきます。また、「海洋実習3」により、水生生物資源の持続的利用のための知識・技術を修得し、チームで働く力 を高めて、汎用的技能を身につけていきます。
最終年次には、総仕上げとして、卒業研究科目に取り組みます。研究の考え方や解析方法、科学論文の書き方、プレゼンテーションの方法などを、教員から個別に指導を受けます。これらの卒業研究科目は、単に知識や技術の修得だけが目的ではなく、様々な活動を学生同士で行いながら、社会貢献度の高い計画を自ら考えて立案し、チームワークを駆使して実行できる高い社会性を持った態度と志向性を身に着けさせます。またサマーセッションにHACCP実務管理論があります。HACCP実務管理論では食品工場における衛生管理の実践的な思考を身につけ、HACCP実務管理者の資格を得ることができます。

『学修成果の評価方法』
 水産学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
海洋学部水産学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 英語では、高校での英語科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
数学では、高校での数学科目の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましい。
理科では、高校での理科科目(物理、化学、生物、地学)の中から数科目を選択し、個々の項目の内容を理解していることが望ましい。
 国語では、読解、文章作成を行う上での文構成の理解技能と表現力を身に着けておくことが望ましい。
社会では、理系の学問を学ぶ上で必要な文化的な知識を幅広く理解していることが望ましい。

(2)思考力・判断力・表現力
 水生生物を生物資源として持続的に活用するために、多様な水生生物についての科学的な基礎知識と水生生物の保護・育成・食品への利活用、水圏環境の保全などの広範な科学の知識を総合的に思考し判断・表現できる力が期待できること。

(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 多様な価値観や立場・役割を理解し、自らが社会の一員であることを認識し、水圏環境システムや食品が有するさまざまな課題に対して主体的に取り組むことが期待できること。

海洋生物学科

主な就職先(2017~2019年度)

●製造業 グローブライド/はごろもフーズ/フジパングループ本社/山梨缶詰
● 運送・倉庫業 センコー/横浜冷凍
● 卸売・小売業 イトーヨーカ堂/魚力/大月真珠/カラミアンパール/埼玉県魚市場/静鉄ストア/生活協同組合おおさかパルコープ/大水/TASAKI/DCMカーマノジマ/パナソニックコンシューマーマーケティング/福井中央魚市/マルエツ/メガネトップ/横浜丸魚/吉川水産/琉球真珠/ワークマン
● 技術サービス エステム/海洋エンジニアリング/サーベイリサーチセンター/J&T環境/中外テクノス/東海アクアノーツ /トルノアス/復建調査設計
● 水族館関連 アドベンチャーワールド/越前松島水族館/鴨川シーワールド/城崎マリンワールド/京急油壺マリンパーク/しものせき水族館海響館/新江ノ島水族館/DMMかりゆし水族館/鳥羽水族館/横浜・八景島シーパラダイス
● 複合サービス事業 町田市農業協同組合/庄川沿岸漁業協同組合連合会/三重県漁業協同組合連合会/日本郵便
● その他のサービス業など 一般社団法人漁業情報サービスセンター/ダスキン
● 公務員 海上保安庁/函館市役所/韮崎市役所/警視庁/神奈川県警察本部/静岡県警察本部/静岡市消防局
●学校 中学校教員(神奈川県)/高校教員(福岡県)
●大学院進学 京都大学大学院/東海大学大学院/東京海洋大学大学院/千葉大学大学院/長崎大学大学院/広島大学大学院/三重大学大学院/

取得可能な免許・資格
教職・学芸員課程
高等学校教諭一種免許状(理科)、中学校教諭一種免許状(理科)、学芸員
資格取得に有利
生物分類技能検定


デジタルパンフレット
イベント情報