体育学部

関連動画

代替テキスト
代替テキスト
代替テキスト
代替テキスト
代替テキスト
紹介動画

スポーツからつながる世界

Connecting the World Through Sports

人と人のつながりから生まれるBIG WAVE、そこから始まる未来へのスポーツの広がり。輝くその瞬間を逃さない。その仲間の一人として、歩みを進めていこう。

教育研究上の目的及び養成する人材像

教育研究上の目的及び養成する人材像
体育学部の教育研究上の目的は、建学の精神及びそれらを具現化した4つの力を踏まえ、体育・スポーツ科学の学修を通じて、その知識・技能・態度を修得すると同時に心身を錬磨し、これらの英知を生かして柔軟な思考力と総合的判断力を有する人材を育成すると共に、体育・スポーツ科学の専門家としての指導力及び実践力をもった、平和で健康的な社会の創造に貢献することのできる人材を養成することです。
以上の目的を達成するために、体育学部では5学科に学士(体育学)の学位プログラムを設置し、各々に「ディプロマ・ポリシー」、「カリキュラム・ポリシー」、「アドミッション・ポリシー」を定めています。


【Message】
体育学部 学部長  内山 秀一 教授

 この複雑で多難な時代にあっても、体育やスポーツは文化としてあるいは権利として深く認知され、政治や経済、人々の生き方や暮らし方に大きな影響を与えています。皆さんには、体育・スポーツ科学の専門家として、指導的・実践的な役割を果たしてほしいと思っています。私たちは、社会で活躍しようとする皆さんとスポーツの可能性とを信じ、全力でサポートします。体育・スポーツを愛する仲間と共に、新しい社会を創っていきましょう。


体育・スポーツ科学の基礎を身に付けた、
未来を担う子どもたちを育む保健体育教師に。

 健康や体力の維持・増進への関心が高まり、スポーツに対する価値観が多様化する現在、体育・スポーツを学ぶ意義や重要性が見直されています。体育学科では、体育・スポーツの実践に加え、論理的・科学的アプローチからの研究や教育を通して、時代のニーズに応える学修体系を確立。優れた保健体育教師や指導者、研究者を育成します。

身に付けられる能力

ABILITY1

体育・スポーツ科学の専門性

ABILITY2

体育・スポーツの実践力

ABILITY3

保健体育教師の指導力

学びの特徴

1.基礎・基本が身に付く

 体育学科では、学びの土台となる「基礎・基本」を大切にしています。そのために、初年次では体育学の基礎・基本がしっかりと身に付く科目が用意されています。例えば、「入門ゼミナールA・B」では、体育学の研究領域の概要、魅力に触れ、学問の扉を開きます。また、大学での学び方や、論理的な思考の方法を学びます。さらに、「基礎身体運動実習A・B」では、体育・スポーツを専門的に学ぶために必要な運動・スポーツの基礎的な実践力を身に付けます。

2.視野を広げる

 どのようなスポーツにおいても「視野の広さ」は、プレーや表現の幅を広げます。学問も同じです。2年次以降は、初年次に身に付けた「基礎・基本」を土台とし、さまざまな体育・スポーツ科学の専門領域の知識を深めていくことで、物事の見方や考え方が広がるような科目が用意されています。また、身に付けた知識や技能、広がった視野を「実習・実験」の科目で応用・活用することで、より科学的、実践的な思考を身に付けることができます。

3.学びを深める

 身に付けた科学的、実践的な思考は、何に役立つのでしょうか。自分が興味を抱いた研究領域での学びを深め、社会で求められる「人間」として、一歩を踏み出すための学びが体育学科にはあります。カリキュラムの総仕上げの段階では、体育・スポーツ科学の分野・領域の研究者やスポーツ科学の基礎・基本がしっかり身に付いた保健体育教師の育成を期してゼミナールに所属し、卒業研究に取り組みます。スポーツ科学の枢軸を担う体育学科での学びは、あなたと社会の確かな絆をつくり上げます。

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

基礎身体運動実習A・B

基礎的な身体能力を身に付ける
 体育を専門に学ぶ者として、また、体育・スポーツの指導者を志す者として、基礎的な運動技能を身に付けます。また、運動そのものの価値や、それぞれの種目の特性や魅力を、動きを通して他者に伝える力を身に付ける実技科目です。

スポーツ人文学演習/
スポーツ社会科学実習

人文・社会科学の研究手法を実践的に学ぶ
 基礎科目で学んだ方法論に基づいて、質問紙・インタビュー・観察などによる調査を実際に行います。また、文献精読に基づく哲学的考察や、自己・他者観察による動感をもとにしたモロフォロギー的考察から問題意識を深めていきます。

保健体育学習指導法実習 A・B

授業実践を通して指導力の向上を図る
 学んだ保健体育授業の基本理論を実践へ導く授業です。授業の計画を立て、実践し、振り返るというサイクルを繰り返しながら、理論をより深く理解し、優れた保健体育教師になるための実践的指導力を高めていきます。

スポーツバイオメカニクス
実験 A・B

スポーツの動作や生理的変化に関する実験・分析方法を学ぶ
 基礎科目で学んだ方法論に基づいて、動作の形・姿勢・フォーム・エネルギーに着目して、動作についての疑問・課題を出し合い、グループで実験研究を行います。実験のプロセスを仲間と協力して行うことも重要な課題です。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
体育学部体育学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、身体を多面的に把握・理解する能力の育成に重点を置き、体育・スポーツ科学の学修を通じて、人文社会科学や自然科学など体育・スポーツに関する幅広い知識・技能・態度を修得し、学校・企業・地域社会などあらゆる場面において、体育・スポーツに関する学問研究の文化的諸成果を、周囲の人々や未来を担う子どもたちに発展的に継承することのできる実践力・指導力ある人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
 体育学部体育学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(体育学)」を授与します。
『知識・理解』
 体育・スポーツ科学に関する基礎的・専門的知識やその指導力を有すると共に、論理的な思考・判断によって問題の所在や問題の解決方法が見いだせる能力を有する。
『汎用的技能』
体育・スポーツ科学の方法論や実践的経験を活かし、学校・企業・地域社会などあらゆる場面において対象や場に応じた適切な判断・指導・行動のできる能力を有する。
『態度・志向性』
体育・スポーツ文化の指導的後継者として学ぶ意欲を持ち続け、また、倫理感や社会的責任感を持って積極的に社会貢献ができる能力を有する。

【カリキュラム・ポリシー】
 体育学部体育学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
 体育学科では、体育・スポーツ科学に関する基礎的・専門的知識やその指導力を有すると共に、論理的な思考・判断によって問題の所在や問題の解決方法が見いだせる能力の修得を目的として、保健体育科教育分野、人文社会科学分野、自然科学分野の三分野から体系的な教育課程を編成します。また、体育・スポーツ科学の方法論や実践的経験に立脚した実践力・指導力を修得し、さらにそれぞれの分野で発展的に専門性を高められる教育課程の構築を図るべく、以下の系統的な科目を設置します。
 大学での初年次教育の重要性に鑑み体育学専門基礎の学科目を設置し「基礎身体運動実習A・B」「保健体育科教育の基礎」「体育・スポーツ科学研究法」「スポーツ人文社会科学の基礎」「身体運動科学の基礎」などを学び、大学で学修する体育・スポーツ科学へと導きます。
 アウトドアスポーツ関連領域においては、「アウトドアスポーツ理論及び実習A~D」「海外アウトドアスポーツ理論及び実習1・2」など宿泊を伴う野外でのスポーツ活動を通じて、人との繋がりなどの人間関係の構築や社会性を学びます。
 保健体育科教育分野からなる保健体育科教育と、人文社会科学分野および自然科学分野からなるスポーツ科学の学科目を、それぞれ設置します。そして、保健体育科教育では、「保健体育授業論」「学校体育概論」を学びます。スポーツ科学では、「社会調査法」と「実験計画法」による研究方法と収集データの処理など研究の基本を学びます。そして、それぞれの実験、演習、実習科目を通じて、専門性・実践力・指導力の強化を図り、身体を多面的に把握・理解する能力の育成を目指します。
 体育・スポーツ科学研究の学科目においては、「体育・スポーツ科学研究ゼミナール1・2」及び「研究発表の技法」を設置し、各分野の講義・実験・実習・演習を平行履修することによって、保健体育教師、スポーツ指導者・研究者に必要な高い専門性の修得を図るとともに、省察能力や課題解決能力の向上を目指します。その集大成として、「卒業研究1・2」において研究論文の作成と発表を課題とします。
以上の教育課程の編成により、体育・スポーツ文化の指導的後継者として、倫理感や社会的責任感を持ち積極的に社会貢献ができる能力を修得し、体育・スポーツに関する「専門性」「実践力」「指導力」の高次元での融合を図ります。

『学修成果の評価方法』
 体育学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
体育学部体育学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
国語あるいは、数学のいずれかについては、次のことが望まれます。
国語では、高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。

“実戦”重視のカリキュラムで、
スポーツ界をリードする競技者・指導者になる。

 “実戦”を重視し、競技で汗を流す活動を多く取り入れながら、スポーツ科学的視野を学び、アスリート、コーチ、トレーナーのスペシャリストを目指します。国内屈指のスポーツ施設がそろう教育環境に加え、総合大学の利点を生かして医学部など他分野との連携の中で教育・研究を進めていることも特長です。

実戦”重視のカリキュラム

 私たちが強調したい競技スポーツ学科の特徴は「“実戦”の重視」です。体育・スポーツに関する知恵も実戦を経験して本物になります。従って、競技スポーツ学科では“グラウンドが研究室”という原則に基づいて汗を流す活動を十分に実践しながら、さらに一生懸命に勉強してほしいと考えています。
 アスリート、コーチ、トレーナーの各分野において、スポーツ科学の成果に立脚し、「何を」「どのように」「どのタイミングで」指導すべきかを実践の場から学び、自らの能力を向上させるための理論と実践の方法論を追究します。このような活動が“実戦力”を育てるものと確信しています。

国内屈指の教育環境

 競技スポーツ学科は東海大学が誇る国内屈指の施設と、国際的水準の体育学の専門家を擁しています。スポーツ施設は、広大な敷地に点在する各種グラウンド、体育館などの他に、2フロアのトレーニングセンター、高地トレーニングが可能な低圧室、リハビリ用も併設された温水プール、それらを各部門専門の教員およびスタッフがこと細かに指導・運営しています。
 さらに総合大学の利点を最大限に生かして、他の分野との密接な連携の中で教育・研究を進めています。特に医学部との協力関係は密であり、湘南キャンパスに位置する“スポーツ医科学研究所”では、医学的なサポートはもとより栄養や心理、並びにリハビリテーション、コンディショニングの調整までの体制が整っています。

独創性を促す授業

 競技スポーツ学科では、ゼミナールをはじめとした少人数の指導を心掛けており、学生の主体性が尊重されています。教員が教え込むのではなく、「こうあるはずだ!」という学生の発想を大切にしながら授業が進められます。
 高度な理論を学び、それを“実戦”で証明するという競技スポーツ学科の4年間は、スポーツの技能向上や指導法の習得だけでなく、たくさんの宝物を得る貴重な時間になるはずです。

身に付けられる能力

ABILITY1

アスリートとしての高い競技力

ABILITY2

コーチとしてのより良い指導力

ABILITY3

トレーナーとしての
高いコンディショニング能力

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

競技スポーツ理論
及び実習 1-1~ 4-2

科学的トレーニングを実践しよう!
 スポーツ種目のルールに合致する合目的、科学的なトレー二ング手段、方法に基づいて、その理論および実践法を学習します。各種目のトップアスリートの養成を目指し、基礎から応用まで発展させ、授業を展開します。

スポーツ心理学特講

こころとからだの奥深さに迫ろう
 スポーツ心理学に基づく心理支援の基礎を学びます。発育発達、競技水準、病理、身体系個性化などの視点からアスリートの心性を知ることは、競技に限らず人間存在の意味について考えるきっかけとなります。自身の体験を振り返りながら、こころとからだのつながりの不思議さや奥深さについて味わうことになります。

スポーツパフォーマンス分析実習

スポーツにおける技術・体力を分析しよう!
 現代のトップアスリートや優秀なコーチには、パフォーマンスを分析・評価する力が求められています。本授業では、スポーツ動作やアスリートの体力的特徴に関する疑問・課題をテーマとし、実験的に分析・評価します。

テーピング理論及び実習

傷害の予防、応急処置を実践的に学びます!
 テーピングはスポーツ傷害に対して手軽に用いることができる補助具療法の一つであり、スポーツ現場において最も頻繁に使われる手技の一つでもあります。本授業では、スポーツにおける傷害の予防、再発防止、応急処置のためのテーピング方法を学習し、テープの選択、補助手技や補助用品の使い方なども学びます。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
体育学部競技スポーツ学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、自己及び他の競技者の競技力向上に寄与しうる能力を高めるに留まらず、アスリート、コーチ、トレーナーを目指す活動を通して、自己の専門分野における理論と実践面におけるリーダーとしての資質向上を目指し、国内はもとより世界のスポーツ界をリードしていくことのできる、より高度な知識と実践力を有する人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
 体育学部競技スポーツ学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(体育学)」を授与します。
『知識・理解』
 体育・スポーツ科学の基礎知識を理解し、アスリート、コーチ、トレーナーとしての高度で専門的な知識を有する。
『汎用的技能』
“実戦”重視の教育から身につけた理論と実践方法を用い、アスリート、コーチ、トレーナーの各分野での問題解決策を見出す能力を有する。
『態度・志向性』
アスリート、コーチ、トレーナーの使命を理解し、活動を通して社会に貢献しようとする意欲と能力を有する。

【カリキュラム・ポリシー】
 体育学部競技スポーツ学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
 体育学部競技スポーツ学科では、学科目として「身体教育学」「スポーツ科学」「スポーツ指導法」「基礎関連科目」「教職関連科目」の学部共通科目が複数開講されています。
入学から専門学修へ円滑な橋渡しを行うための初年次教育科目として「競技スポーツ入門」、競技スポーツの基礎を学ぶための「スポーツ方法論」「基礎身体運動演習」「トレーニング論」などの競技スポーツ基礎領域科目が開講されます。次段階の学科専門科目では、競技スポーツの意義を踏まえて、体育・スポーツ科学を広く理解し知識を得るために「アスリート領域」「コーチング領域」「トレーナー領域」の3つの学修体系を設置しています。
 「アスリート領域」ではアスリート論に基づき、各競技スポーツにおける理論及び実習科目を開講します。「コーチング領域」ではコーチング論に基づき、アスリートを支援するために必要な実技系科目と講義・実験・演習系科目をバランスよく配置します。「トレーナー領域」ではアスレティックトレーニング概論に基づき、アスリートを支えるトレーナーとして必要な理論・実習・演習科目を開講します。いずれの領域においても、“実戦”重視の教育から身につけた理論と実践方法を各分野で発揮することのできる能力を有する人材を育成します。
 さらに「競技スポーツ研究領域」として、3年次より「競技スポーツ研究ゼミナール」を開講し、アスリート、コーチ、トレーナーの使命を理解し、それぞれの活動を通して社会に貢献しようとする意欲と能力を身につけるとともに、各分野におけるスペシャリストの育成に努めます。

『学修成果の評価方法』
 競技スポーツ学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
体育学部競技スポーツ学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。

『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
国語あるいは、数学のいずれかについては、次のことが望まれます。
国語では、高校での履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
数学では、高校での履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身につけておくことが望ましい。
また、競技スポーツ学科においてその専門性をより高めるために、基礎的な運動技能を有していることが望ましい。
(2)思考力・判断力・表現力
競技スポーツを通じて、自己の競技力向上に留まらず、アスリート、コーチ、トレーナーの広範な知識や技能を総合的に思考し判断できる素養を持ち、スポーツ界をリードできる表現力が期待できること。
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 競技スポーツを学ぶ者として、多様な価値観や他者との関係性を理解し、自らの活動を通して主体的に社会に貢献しようとする意欲と能力が期待できること。

武道を通して日本の伝統文化への理解を深め、豊かな人間性、生きる力を養う。

 武道は「心技体」の調和を図る教育の重要な柱。その武道を科学的視点から研究するとともに、実践を通して武道の精神と技術を習得していきます。また、海外実習や研修、国際大会への参加などを通して、異文化への理解や語学力を磨く場を用意し、国際的に活躍する人材の育成も目指します。

身に付けられる能力

ABILITY1

「柔道」「剣道」武道の伝統

ABILITY2

高度な競技力

ABILITY3

世界で活躍できる国際感覚

特色

伝統文化

 武道は日本古来の武術を基本とした「身体文化」であり、現在では、私たちの生活を豊かにする運動文化として親しまれています。すなわち武道は「心技体」の調和を図る教育の重要な柱といえます。本学科では武道を通して日本の伝統文化の理解を深め、生きる力を養うことを目指しています。

競技力

 運動部活動を重視し、高度な競技力を養います。在学生、卒業生が、国内外の各種大会において、優秀な成績を残しています。また、競技者のみならず、科学的に研究された手法を用いて、トレーナーなどのサポートスタッフとしての役割も重要視し、その育成も目指します。

科学的研究

 スポーツ医学、スポーツバイオメカニクス、運動生理学などの自然科学的研究や、武道文化論、柔道・剣道史、柔道・剣道指導論、スポーツ心理学、スポーツ社会学などの、人文社会学的研究を行います。また、指導法、チームマネジメント、メンタルトレーニングなどの応用研究も行い、科学的視点から武道を追究することを目指します。

海外交流

 海外実習や研修、国際大会への参加などを通じて国際感覚を磨きます。英語コミュニケーション科目をはじめとした外国語科目を学び、海外から来日する武道修行者との会話で成果を実践し、国際感覚を磨き、国際的に活躍する人材を育成することを目指します。

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

日本剣道形理論演習

形を通して剣道の専門家となる
 この授業は、日本剣道形太刀七本、小太刀三本の内容を十分理解し、刀法を習得することを目的としています。日本剣道形を演武する上での、入退場、礼法など、剣道の専門家として求められる高度な内容を学びます。

柔道論

柔道の科学的研究能力を養成する
 この授業は、主に講道館柔道の原理、特性について学びます。その中で①投技、固技、当身技の運動力学、運動生理学的視点からの分析②練習方法、衛生管理についての分析、考察を中心に授業を展開しています。

柔道研究ゼミナール 1・2

柔道を科学的な視点から専門的に研究する
 卒業論文を完成させることを目的に、武道学研究の方法を段階的に学びます。研究の視点、方法、論文の書き方などを習得し、自らのテ ーマを設定します。論文完成への過程で「知の世界」の深遠さと重要性を認識します。

剣道研究ゼミナール 1・2

剣道を科学的な視点から専門的に研究する
 この授業は、多様な角度から武道を科学的に研究する能力と資質の養成を目的としています。研究論文作成の準備として、文献検索の方法、各種分析方法、プレゼンテーションの技法などを中心に学びます。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 体育学部武道学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、武道の特性を踏まえ、体育・スポーツ科学の視点から武道を科学的に研究することにあります。そして、武道実践を通して武道の精神と専門的な知識を身につけ、技術を体得し、国際性に富んだ広い視野を培い、自己開発能力に長けたリーダーシップのとれる、社会に積極的に貢献する人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
 体育学部武道学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(体育学)」を授与します。
『知識・理解』
 体育・スポーツ科学、武道についての専門的知識を有し、かつ、問題の所在や問題解決の方策を探るために必要な理解力や思考・判断力を有している。
『汎用的技能』
 社会の変化に対応しつつ、武道の伝統を尊重し、広く国際的な発展に貢献しうる身体・精神・技能を有している。
『態度・志向性』
 武道に関心を持って学び続け、礼法を守り武道の精神を社会に活かしていくことができる。

【カリキュラム・ポリシー】
 体育学部武道学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
武道学科では、「武道」の特性を踏まえて、体育・スポーツ科学の視点から武道を科学的に研究するとともに、武道実践を通して武道の精神と技術を体得し、国際性に富んだ広い視野を培い、自己開発能力とリーダーシップのとれる個性的な人間の育成を教育目標とします。
 この目標を達成するために、教育課程においては「体育・スポーツ、武道を科学的に研究できる能力開発」、「事理一致(心技体に一致)の実践」、「競技力の向上」、「国際化に対応しうる柔道・剣道の指導者養成」を基本的教育方針として、以下の教育課程を編成します。
 「武道学基幹科目」として、プレゼミナールや武道基礎実習など初年次教育科目を各コースに設置する他、武道科学概論や武道文化論など体育・スポーツ科学と武道に関連する基礎基本を学修する科目を開講します。また「武道実技科目」を第1〜第8セメスターにバランスよく配置し、武道の基本となる技の習得と高い競技力を養成する力を身につけると共に、知識と理解の継続性を重視します。
 3年次からは、研究ゼミナールや武道特別実習、海外実習等の「武道関連科目」を置き、社会での実践的教育を通して国際的視点、幅広い知識と実践力を身につけた人間の育成を目指します。

『学修成果の評価方法』
 武道学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。
 
【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
体育学部体育学部武道学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1)知識・技能
 英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
国語あるいは、数学のいずれかについては、次のことが望まれます。
国語では、高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
数学では、高校での数学の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましい。
また、武道学科では、学科の専門内容に関する実技能力を身につけておくことが望ましい。
(2)思考力・判断力・表現力
 体育・スポーツ科学、武道に関する諸問題について、広い視野から総合的に物事を思考し判断する力、また筋道を立てて自己の考えを表現する力が期待できること。
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 体育・スポーツや武道の実践を通して多様な価値観を容認し合い、その活動に対して意欲的に取り組んだり、失敗や挫折を乗り越えて目標達成のために努力したりする力が期待できること。

生涯スポーツの楽しさと健康の重要性を伝えて、人々の健康で豊かな生活をサポートする

 レクリエーショナルスポーツ・体力づくり・健康科学などの生涯スポーツ領域に関する知識・技能を、主に実践を通じて身に付けます。また、生涯スポーツを行う「人」と、「人」を取り巻く「環境」との関係を深く理解し、優れたコミュニケーション能力を備えた「指導のスペシャリスト」を育成します。

身に付けられる能力

ABILITY1

スポーツの楽しさを伝える指導力

ABILITY2

人々の健康を支援する知識と実践力

ABILITY3

優れたコミュニケーション能力

特色

体験授業を重視

 多くの科目において、講義で理論などを学んだ後に、実習や演習による体験授業を行います。夏季、冬季の野外活動については、豊かな自然環境の中で、学内で学んだことを生かして、全学生が必修で実習を行います。

リーダーシップとプレゼン能力の向上

 生涯スポーツの指導者として、また、社会人として、人の前に出て、自分の伝えたいことを相手に分かりやすく伝え、人々をリードしていく能力を重視します。さまざまな授業を通してその能力を向上させるようカリキュラムが組まれています。

人と環境にやさしいスポーツへの取り組み

 生涯スポーツを行う「人」と「人」を取り巻く「環境」との関係を深く理解し、生涯スポーツ活動が「楽しい」と感じられるような運動・スポーツの指導について理論と方法を学びます。

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

高齢者スポーツ演習

 高齢者の健康と運動・スポーツの関連について学びます。また、高齢者疑似体験、グラウンド・ゴルフ、筋力アップ運動や認知症予防プログラムなどの実践的な内容を体験的に学びます。

アダプテッド・スポーツ演習

 障がいのある人とスポーツに関する講義と、ボッチャなどのアダプテッド・スポーツ体験を通じて、インクルーシブなスポーツの在り方を学びます。

子どもと遊び演習

 子どもたちが「体を動かすことは楽しい! もっと動きたい!」と思いながら運動ができるように環境を整え、適切で、安全な指導について学びます。

運動処方応用演習

 本授業では、自己の健康・体力に対する認識を深め、健康・体力づくりの方法を理解し、それを実践できる能力を身に付けることを目的とします。また、体力測定や各種の測定結果を活用し、自己および他者、特に中高年者の健康・体力づくりのための指導および管理が適切に遂行できる能力を高めることを目的とします。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
体育学部生涯スポーツ学科の研究教育上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、生涯にわたり健康で豊かな生活を送ることのできる社会の実現に寄与するため、生涯スポーツに関する理論及び実践を科学的に探求することを通じて、人々の健康の維持増進と生活の質の向上を促す確かな知識と技術を修得し、優れたコミュニケーション能力を持ち、スポーツ・健康増進施設、教育機関、企業など、地域社会で幅広く活躍できる人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
体育学部生涯スポーツ学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(体育学)」を授与します。
『知識・理解』
 生涯スポーツとその周辺領域に関する基礎的な知識と技能を有し、人文・社会・自然科学的視座に立った幅広い知識と情報を活用しながら問題の発見と解決に必要な能力を有する。
『汎用的技能』
 生涯スポーツのみならず、人々の身体・心理・社会的な健康と生活の質(QOL)に関わる広汎な分野で活用可能な適応能力を有する。
『態度・志向性』
 生涯スポーツの指導者となることに意欲と関心を持ちながら、「人」と「環境」の関係を深く理解し、優れたコミュニケーション能力を発揮して生涯スポーツの発展と啓発に貢献できる能力を有する。

【カリキュラム・ポリシー】
 体育学部生涯スポーツ学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
 生涯スポーツ学科では、子ども・成人・高齢者・障がい者スポーツ、および野外活動に関する基礎的、専門的、および応用的な課題を教育の中心に位置づけ、生涯スポーツとその周辺領域に関する幅広い知識と技能を、体系的かつ統合的に学べるよう、体験授業を重視した理論と実践が融合している教育課程を編成します。
○ 基礎領域
   「入門ゼミナールA・B」「生涯スポーツ論」「生涯スポーツ基礎演習」「情報処理」などの初年次教育に重点を置き、生涯スポーツ学科生として円滑に、かつ充実した4年間を過ごすために必要な基礎知識を修得します。
○ 専門領域
   「生涯スポーツ」「健康スポーツ」「保健・衛生」および「野外活動」の4つの領域からなる専門領域について、実践的な授業を通じて「人」と「環境」の関係を深く理解し、優れたコミュニケーション能力を発揮して生涯スポーツの発展と啓蒙に貢献できる能力を養います。さらに、生涯スポーツのみならず、その周辺領域への知見を深めることで、人々の身体・心理・社会的な健康と生活の質(QOL)に関する広汎知識の修得を目指します。
○ 応用領域
   生涯スポーツに関する各種の研究方法を学ぶとともに、インターンシップにより生涯スポーツの臨床を経験します。また、多岐に亘る生涯スポーツの領域から自己の目標や興味関心に合った分野を選択し、学問的・科学的に探究し、論文にまとめることで、問題発見と解決に必要な能力を養います

『学修成果の評価方法』
 生涯スポーツ学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
体育学部生涯スポーツ学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲をもった人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
国語あるいは、数学のいずれかについては、次のことが望まれます。
国語では、高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身につけておくことが望ましい。
数学では、高校での数学の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に着けておくことが望ましい。
特に生涯スポーツ学科では、生涯スポーツ社会の実現や健康づくり運動など学科の専門内容に関する基礎的実技能力を身につけておくことが望ましい。
(2)思考力・判断力・表現力
生涯スポーツを通じて目指す健康で安全な社会の姿と諸問題を理解するために、柔軟な思考力と総合的な判断力が期待できること。
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 体育・スポーツ科学を学ぶ者として、価値観の多様性を受容し、生涯スポーツに関わる諸問題の解決に主体的に取り組む態度が期待できること。

体育・スポーツ科学の基礎を身に付けた、
未来を担う子どもたちを育む保健体育教師に。

 健康や体力の維持・増進への関心が高まり、スポーツに対する価値観が多様化する現在、体育・スポーツを学ぶ意義や重要性が見直されています。体育学科では、体育・スポーツの実践に加え、論理的・科学的アプローチからの研究や教育を通して、時代のニーズに応える学修体系を確立。優れた保健体育教師や指導者、研究者を育成します。

身に付けられる能力

ABILITY1

「スポーツ&レジャー」の経営人材としての専門能力

ABILITY2

幅広い教養と優れたプレゼン能力

ABILITY3

国際化に対応したマネジメント能力

学科として目指すことは

POINT1
スポーツ&レジャーとマネジメントの専門能力の開発

 スポーツ&レジャー、マネジメントを深く学び、持続可能な社会を目指し、個々人の充実したゆとりある生活の形成に資する、人材育成を追求。

POINT2
身体を通して学ぶ実習と英語力重視による国際人材の養成

 スポーツ&レジャーの企画や運営を経験できる実際の場があり、ネイティブ教員による実践英語コミュニケーションが充実。

POINT3
幅広い教養を身に付け、多様な分野で活躍

 スポーツ&レジャーは人々の生活を潤す必要不可欠な要素。多様な分野で活躍するための幅広い教養を積み上げる。

4年間の学び(カリキュラム)

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

マネジメント概論

マネジメントの基本理解とスポーツ&レジャーへの応用
 スポーツ&レジャー分野におけるミドルマネジャーとしての専門能力を開発するために、マネジメントの必要性や、マネジメントのプロとしてのマネジャーにはどのような役割が期待されるかなどを検討します。

スポーツイベントマネジメント実習

スポーツイベントの運営を身体で学ぶ
 スポーツイベントの運営を実際に体験する実習です。リトルリーグ神奈川県連盟の協力でリトルリーグの大会や、東海大学付属などの高校から約2,000人の高校生が集まる学園オリンピックを通じて、さまざまなことを学びます。

アウトドアスポーツ理論及び実習A・B・C・D

海・山・川といった自然環境をフィールドに展開
 学内授業では、気象状況を把握する能力や自然環境の保全も含めたフィールドでのマナーなどを学びます。学外授業では、アウトドアスポーツ技術の習得と野外教育として必要な団体生活の運営方法と安全管理について学びます。

研究ゼミナール 1・2 / 卒業研究1・2

わが国の課題を見いだすための基礎的知識の習得を目指す
 本研究ゼミナールは、問題発見とその解決方法を考えることを課題にしています。3年次はスポーツ&レジャーの現状などを学んで問題点を発見し、解決方法を話し合ってまとめます。4年次は個々で卒業論文としてまとめます。

教育研究上の目的及び養成する人材像と3つのポリシー

【教育研究上の目的及び養成する人材像】
 体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科の教育研究上の目的は、大学・学部の教育目的に沿って、思想・歴史・文化など幅広い教養と豊かな見識を持ち、平和で豊かで美しい地球社会の発展に役立とうとし、人間が人間らしく生きていくために必要不可欠な人権の一つである「スポーツ&レジャー」分野において、自他に対してその実現に寄与し、科学的・創造的思考に卓越し、英語でのコミュニケーション能力を有して国際的に活躍できる人材を養成することです。

【ディプロマ・ポリシー】
 体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科では、以下の能力を備えたと認められる者に学位「学士(体育学)」を授与します。
『知識・理解』
人間の文化としてのスポーツ&レジャーおよびマネジメントに関する形式知と、国際感覚を備えた実践的な身体知を有する。
『汎用的技能』
スポーツ&レジャーを通じた社会課題の解決や新たな価値を創造するための科学的・実践的技能を有する。
『態度・志向性』
スポーツ&レジャーという世界共通の文化を学び続け、人間の幸福やゆとり、クオリティー・オブ・ライフを構築し続けようとする思想を有する。

【カリキュラム・ポリシー】
 体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科が定めるディプロマ・ポリシーに基づき、以下に示す教育課程を編成し、実施します。
『教育課程・学修成果』
 スポーツ・レジャーマネジメント学科では、ヒューマニズムに基づく倫理観を育て、基本的人権としての「スポーツ&レジャー」の理解を深め、社会で求められる共通能力としてのマネジメント力を培う教育課程を設置し、持続可能な視点と他者・異文化・多文化理解の基礎となる他者への寛容の精神を培い、国際感覚とコミュニケーション力の基礎としての英語能力高めるための科目を開講しています。
 教育課程においては、5つの学修領域を設定しています。
「スポーツ&レジャーマネジメント領域」では、まず専門基礎として「スポーツ&レジャー概論」や「マネジメント概論」において、人間の文化としてのスポーツ&レジャーやマネジメントの概念や基礎的な知識を理解させるとともに、新たな価値を生み出す能力を開発します。そのうえで、「スポーツ&レジャー各論」および「マネジメント各論」で専門的な知識と能力を育成します。
「国際スポーツ&レジャー領域」では、「Introduction to Sport & Leisure Management」
や「Event Management」など、スポーツ&レジャーに関する諸領域について英語で解説する授業をおき、「スポーツ&レジャー」のみならず、グローバル化の観点から、他者と異文化・多文化への理解と配慮を深めます。
「アウトドアスポーツ関連領域」では、アウトドアスポーツを実際に体験、学習することで、スポーツ&レジャー活動の実際とマネジメントについて学びます。 
「スポーツ&レジャー実践領域」では、マネジメントに必須な人間力を高めるために、「スポーツイベントマネジメント実習」や「スポーツ&レジャー海外実習」において、大学内外で行うフィールドワークや実習によって、合意形成と課題発見・解決能力を養います。また、将来を見据え、インターンシップ等でキャリアについて学びます。
「スポーツ&レジャー研究領域」では、「マネジメントゼミナール」、「研究ゼミナール」や「卒業研究」でスポーツ&レジャー研究における調査や統計手法をはじめとした研究方法を修得します。そして、スポーツ&レジャー研究を通してクオリティ・オブ・ライフ、幸福、ゆとりへと繋げていく思想、人間の生き方や生きがいを構築しようとする志向性、汎用性あるマネジメント能力と個性を兼ね備えた人材を育成します。

『学修成果の評価方法』
 スポーツ・レジャーマネジメント学科のディプロマ・ポリシーに示されている「知識・理解」「汎用的技能」「態度・志向性」に関して、ルーブリックによる観点別評価、修得単位数・GPAによる分析評価、授業についてのアンケート等を用いた学生による自己評価により、学修成果の評価を行っています。その集計結果は、FD活動等をとおして教育の質向上のためのPDCAサイクルにつなげています。

【アドミッション・ポリシー】
『求める学生像』
体育学部スポーツ・レジャーマネジメント学科の教育目標を理解し、この目標を達成するために自ら学ぶ意欲を持った人材。及び、ディプロマ・ポリシーで求められている能力を、身に付けられると期待できる基礎学力を十分有する人材。
『入学者にもとめる知識・技能・思考力・判断力・表現力・態度』
(1) 知識・技能
 英語では、高校での英語の科目の履修を通して英語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身に付けておくことが望ましい。
 国語あるいは、数学のいずれかにおいては、次のことが望まれます。
国語では、高校での国語の履修を通して日本語の文章理解力、表現力、コミュニケーション能力を身に付けておくことが望ましい。
数学では、高校での数学の履修を通して公式や計算方法を理解した上で、それらを応用できる能力を身に付けておくことが望ましい。
 特に、スポーツ・レジャーマネジメント学科においては、その専門性をより高めるために総合的な英語力を有していることが望ましい。
(2)思考力・判断力・表現力
文理融合の観点から、総合的かつ科学的思考による経験を通した判断力、及び、具体的に伝達できる発信力が期待できること。
また、個々人のライフスタイルに必要不可欠なスポーツ&レジャーをマネジメントすることによるクオリティ・オブ・ライフの向上に対する興味・関心を持ち、新たな知識・技能を積極的に実践できる力が期待できること。 
(3)主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度
 多様な価値観を容認して友好な人間関係を築くことができ、その活動に対して効果的なマネジメントを図ることに努め、挑戦的に取り組むことができ、さらに活動時に生じる失敗や挫折を乗り越えて目標を実現しようと努力が期待できること。


体育学部のキャリアサポート

※カリキュラム詳細はこちら(デジタルパンフレット)をご確認ください。

体育学部での学び、クラブ活動やボランティア活動などで培った力、強みを生かした進路選択ができるように支援をしていきます。

体育学部キャリア支援企画

体育学部では、3年次の春学期からさまざまな講座を開催しています。
 
 春学期のインターンシップ講座から、秋学期には公務員・一般企業向け就活対策、業界・企業・職種研究、自己分析、SPI体験受験など、個々のニーズに合わせた講座を開催し、体育学部生の強みを生かした就職活動を支援します。2020年度は全てオンラインで開催しました。

学内合同説明会

湘南校舎内で開催される合同企業説明会に参加できます。
  
 例年、4年次前の春休みに湘南校舎で合同説明会が開催されます。2020年度はオンラインで開催されました。直接企業の方のお話を聴く機会です。「ぜひ体育学部生を!」と希望される企業も多いです。卒業生が企業の担当者の場合もあり、参加しやすい環境で情報を得ることができます。

教職・教員採用試験対策

3年次から教員を目指す学生を集めた「保健体育科教育研究会」を開き、教員を目指して計画的にステップアップを支援します。

 保健体育科教育研究会は①みんなでレベルア ップ②自分のペースで活動、がポリシーです。何をどう勉強するか、ゼロからのスタートを応援します。大切なのは本人の発心と継続心です。仲間との出会いや学び合いから、確実なステップアップができます。他にも、教員採用試験対策講座や平塚秦野地区高大連携教育交流事業の一環として部活動派遣ボランティアなどを実施しています。


卒業後の進路


施設・設備

陸上、球技、武道、水泳…ジャンルや種目を問わず、さまざまなスポーツで好成績を収める東海大学。
その圧倒的な強さには理由があります。学生や選手のハイパフォーマンスを引き出すために、施設やシステムが完備されています。

【Campus Training Center (CTC)】
トップアスリートたちが、日々研さんする場所です。


【Campus Fitness Center (CFC)】
一般学生がトレーニングを気軽に楽しむ場所です。

【Campus Recreation Center (CRC)】
授業時間を気にせず、自由に使用できます。

【15号館 外観】
トレーニング施設や実験、研究に関係する設備があります。

【屋内プール (15号館内)】
2つの温水プールがあり、クラブ活動、一般開放で利用されています。


【総合体育館】
公式戦に式典行事、雨天時のランニングコースとフル回転です


学部動画

デジタルパンフレット
イベント情報