2018年度「卒業にあたってのアンケート」を実施しています

2019年01月28日

東海大学教育支援センターでは、2005年度より卒業生を対象に「卒業にあたってのアンケート」を実施し、"卒業時の満足度"や、"在学時の活動によって身についた能力"などを調査しています。卒業生からの回答率は(※2013年度以降)毎年80%以上を超え、高い信憑性があるものと考えています。

今年度も卒業を迎える学生を対象に、2018年11月26日より、「卒業にあたってのアンケート」の提出依頼を順次開始しています。

卒業時に学生にアンケートを行なうことで、"学生のニーズ"や"身についた能力"などが把握でき、在学生の教育や学修環境の改善につなげています。また、2016年度からは「卒業後の進路」に対する満足度も設問項目に加え、幅広い調査を実施していくことで、本学の教育活動の改善を図っています。

一覧へ戻る