武藤 望生

武藤 望生

ムトウ ノゾム

  • 准教授
  • 学位:博士(農学)

基本情報

所属

  • 生物学部 / 海洋生物科学科
  • 生物学研究科 / 生物学専攻

詳細情報

研究分野

  • ライフサイエンス 水圏生命科学
  • ライフサイエンス 多様性生物学、分類学

委員歴

  • 日本魚類学会 編集委員
  • 日本魚類学会 庶務幹事
  • 日本魚類学会 2021年度日本魚類学会年会(ウェブ大会)実行委員
  • 北海道FDSDフォーラム 実行委員
  • 日本動物分類学会 英文誌編集委員

受賞

  • 日本魚類学会 論文賞 Taxonomic review of the Sebastes vulpes complex (Scorpaenoidei: Sebastidae).
  • Fish Barcode of Life World Conference 2012 Young Scientist Support Award. Extensive introgressive hybridization in marine fishes and its geographic trends: a case of rockfishes Sebastes vulpes and S. zonatus (Scorpaeniformes: Scorpaenidae) from Japan

論文

Taxonomic review of the Sebastes vulpes complex (Scorpaenoidei: Sebastidae)

書籍等出版物

  • Commercial and Bycatch Market Fishes of Panay Island, Republic of the Philippines

講演・口頭発表等

  • メギス科メギスに確認された形態的・遺伝的に異なる2 種
  • Phylogeographic Concordance Factors による系統地理パターンの定量比較
  • Asperapogon属の有効性と1未記載種を含むコミナトテンジクダイ属の形態学的再定義(スズキ目:テンジクダイ科)
  • Taxonomy and evolution of marine fishes in the western Pacific: the case of Sebastes and related topics
  • ミトコンドリアDNAおよび脊椎骨数からみたシシャモの集団構造
  • 日本産イカナゴ属魚類3種の耳石形状について
  • Taxonomic review of the cardinalfish genus Apogon (Apogonidae) in Japan
  • Comparative phylogeography of fishes in the South China Sea
  • イソギンポ科タマカエルウオ属魚類ヤセタマカエルウオAlticus orientalis Tomiyama, 1955 の有効性
  • キス属魚類の分類における頭部側線系の有効性
  • 南シナ海における魚類の比較系統地理
  • Solving the mixed-stock problem by an integrative approach: a case study of the genus Rastrelliger (Pisces: Perciformes: Scombridae)
  • 西太平洋におけるオニアジの隠蔽種と交雑
  • ユメカサゴとオキカサゴの交雑群「ニセオキカサゴ」
  • 西太平洋から得られたベラ科ホホスジモチノウオ属の2未記載種
  • Highly divergent lineages in the freshwater needlefish Xenentodon within the Mekong River System
  • Fish species diversity around Bidong Island off Terengganu, Peninsular Malaysia
  • Reef and shore fishes of Ha Long Bay, a World Heritage Site in northern Vietnam
  • Genetic and morphological differences among the three species of the genus Rastrelliger (Perciformes: Scombridae) and their identification using PCR-RFLP
  • 乾季及び雨季のトンレサップ湖における魚類群集の食性解析

担当経験のある科目

  • 多様性生物学特論
  • 脊椎動物学特論C
  • 魚類の進化と体系
  • 生物と社会
  • 資源生物学実験
  • 海洋分子生物学
  • 資源生物学
  • ゼミナール2
  • ゼミナール1
  • 水産・海洋の職業
  • 卒業研究入門
  • フレッシュマンゼミナール
  • 現代文明論
  • 野外調査実習(フィッシング)
  • 地域理解
  • シティズンシップ
  • 海洋生物科学フィールド実習
  • 水産工学演習
  • 海洋生物資源学
  • 環境システム学概論

所属学会

  • 日本動物分類学会
  • 日本進化学会
  • 日本魚類学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

淡水・沿岸魚類の系統地理構造に基づくインドネシア島嶼域の生物地理区境界線の検証

海水魚類の種分化過程における生殖隔離の進化に生理・生態・行動からせまる

海産魚類増養殖の低排出化をもたらす有用形質関連遺伝子の網羅的探索

気候変動が海洋生物の個体群構造に及ぼす影響を過去にたずねる

メバル属魚類種苗の有用形質を支配する遺伝的基盤の解明

更新世の氷期-間氷期サイクルが南シナ海沿岸魚類の多様性形成過程に与えた影響の解明

種間の遺伝子流動が生物多様性に及ぼす影響―浅海性メバル属魚類を例とした定量的研究

メバル属シマゾイにみられる大きく分化したミトコンドリアDNA系統の正体の解明

社会貢献活動

  • 体験臨海実習
  • さっぽろキャンドルナイト 市民向け講演 「北海道の魚類の多様性」
  • 出前授業
  • 出前授業
  • 出前授業
  • 体験臨海実習
  • 出前授業
  • 出前授業
  • 京都産業大学バイオフォーラム
  • 「WEB連載:地球犬(ちきゅうけん)と行く!世界一周の旅」ウェブ掲載記事
  • 「プロジェクト訪問:触って感じて考えよう.海と生き物のこと」
  • クニマスとヒメマスとの遺伝的差異

学術貢献活動

  • 国立遺伝学研究所ABS学術対策チーム出張セミナー「生物資源と法規」
  • ワークショップ「次世代シーケンサーにより得られた大量データに基づくマイクロサテライト多型解析用プライマーの設計とマルチプレックスPCR系の構築」
  • シンポジウム「魚類の多様性研究における次世代シーケンシング技術の活用」
  • 集団遺伝分析ワークショップ

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215