田口 かおり

田口 かおり

タグチ カオリ

  • 准教授
  • 学位:博士(人間・環境学)

基本情報

所属

  • 教養学部 / 芸術学科 美術学課程
  • 情報技術センター
  • マイクロ・ナノ研究開発センター

ジャンル

  • アート
  • デザイン
  • 考古学
  • 西洋史
  • 哲学・思想

研究と関連するSDGs

  • 質の高い教育をみんなに
  • パートナーシップで目標を達成しよう

研究内容

文化財と美術作品の保存修復・科学調査・展示・収蔵・アーカイヴをめぐる総合的研究

「人類はどのように美術品を見出し、いかにそれを保存し、修復してきたのか」を明らかにすることを目的に、歴史学、美学/美術史、科学技術史など多方向からのアプローチにより、古代から現代までの保存修復史を再構成する基礎研究を行なっている。同時に、国内外の美術館では、ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ、クロード・モネをはじめとする印象派の画家たちの作品や現代美術作品の保存修復を担当し、修復の過程で行われる光学調査を介して明らかになる絵具の組成や修復遍歴などの新知見を積極的に公開しながら、国外美術館や企業との共同研究を進めている。また、展覧会のために来日する国外美術作品のメンテナンスやコンサベーションも数多く実施している。

詳細情報

研究キーワード

  • 美学・美術史
  • 表象文化論
  • 保存科学
  • 文化財保存
  • チェーザレ・ブランディ
  • 修復理論
  • 保存修復

研究分野

  • 人文・社会 美術史 保存修復理論、保存修復史、表象文化論

受賞

  • 表象文化論学会 第七回表象文化論学会学会賞

論文

カナレットの犬

橋をかける

アンゼルム・キーファー 《アタノール》の内部を視る

新型コロナウイルス、もし美術館で感染者が出たら? 保存・修復の専門家に対処法を聞く 寄稿とインタビュー(聞き手:橋爪勇介)

実用性の回復か、痕跡の保存か:18世紀西洋における近代保存修復学の萌芽

勅使河原蒼風《樹獣》――近現代美術の保存修復と調査の一事例として

ラファエル・コラン《海辺にて》をめぐる一考察 ―光学調査による技法分析を中心に

素材と時間、修復と制作のあいだで。田口かおり評 髙橋銑「二羽のウサギ / between two stools」展

『裏』からピーター・ドイグを見ること

日々を刻むーイダショウイチスタジオでの記憶、《Tantra》のこと

ジャン=フランソワ・ミレー《角笛を吹く牛飼い》調査修復

ありとあらゆる作品は、変化し続けている──『タイムライン ─時間に触れるためのいくつかの方法』展 解題

『タイムライン─時間に触れるためのいくつかの方法』 解題

2030年:保存修復の倫理(エシクス)

長作動距離モノキャピラリーX線集光素子を用いた絵画用X線分析顕微鏡の開発

アーカイヴと表象文化論の現在

近現代美術の「臭気」をめぐる一考察 --展示、収蔵、保存、修復のケーススタディ

「保存修復とX線の『暴力性』-キャサリン・ジルジュ《スザンナと長老達》をてがかりに」

井田照一《タントラ》(1962-2006)の技法研究と保存処置

Symbol and Satire in the History of Restoration: Focusing on the Cleaning Controversy

書籍等出版物

  • レオナルド・ダ・ヴィンチ 失われた大壁画の記憶 ≪タヴォラ・ドーリア≫徹底研究
  • 美術手帖 2021年 4月号 アーカイヴの創造性 過去をどう活かす?未来にどう残す?
  • タイムライン : 時間に触れるためのいくつかの方法 = Timeline : multiple measures to touch time
  • 美学の事典 = Encyclopedia of aesthetics
  • 印象派、記憶への旅
  • 保存修復の技法と思想:古典芸術・ルネサンス絵画から現代アートまで
  • イタリア・モード小史
  • ウフィツィ・ヴァーチャル・ミュージアム展図録
  • Utilizzo della colla Funori nel restauro
  • ボルゲーゼ美術館展図録「シピオーネ・ボルゲーゼと17世紀初頭のローマにおける芸術作品」

講演・口頭発表等

  • 『タイムライン ─時間に触れるためのいくつかの方法』展の射程
  • 現代美術の保存と修復
  • 高知県立美術館春季企画展「収集保存 あつめて→のこす」展における作品分析の手法
  • 美術作品保存修復における化学の役割と展望
  • 新型コロナウィルス時代の一現場:美術作品の点検/修復の現場における変化と展開
  • クロード・モネ作《睡蓮、柳の反映》における材料・技法についての科学的調査
  • 文化財の保存と修復
  • 作品を残すこと、保存修復の理論と実践:北原悌二郎作品の事例を前に
  • 作品を守ること/展覧会を記録すること:休館中に考える《展覧会の守り方》とピーター・ドイグ展
  • 保存修復の倫理:現代美術の「生」をめぐって
  • ファン・ゴッホ作品の再構成―来歴と色
  • 作りながら保存(アーカイヴ)すること
  • ものを残すための手立てーー絵画、現代美術の保存修復をめぐって
  • 保存修復をめぐる論理的・実践的研究ーー美術作品の保存修復と光学調査の射程
  • 光学調査から見たゴッホーーポーラ美術館収蔵作品を中心に
  • タイムライン展の時間軸ーー現在進行形の保存、記録の更新、予防的修復」 記念シンポジウム「タイムライン展を振り返るーー現代美術の保存・修復・記録をめぐって
  • 美術作品の保存修復における光学調査の射程
  • 美術作品の保存修復と光学調査―調査のケーススタディ―
  • 美術作品の保存修復における光学調査の射程:ヴィンセント・ヴァン・ゴッホの油画をめぐる新発見を中心に
  • 勅使河原蒼風《樹獣》調査と保存修復

担当経験のある科目

  • ミュージアム資料保存論
  • イメージ論
  • 文化財特殊講義
  • イタリア語初級文法
  • 博物館資料保存論
  • 比較文化史
  • ヨーロッパ文化史

所属学会

  • アート・ドキュメンテーション学会
  • 表象文化論学会
  • 文化財保存修復学会
  • 美術史学会
  • 美学会

共同研究・競争的資金等の研究課題

非破壊光学調査による西洋近代絵画の技法解明と保存修復来歴の再構成

文化財と美術作品の保存修復をめぐる理論的・実践的研究——古代から現代にいたる歴史的変遷の再構成を軸として

小規模映画における保存と修復及びアーカイヴに関する研究

現代美術の保存と修復――その理念・方法・情報のネットワーク構築のために

保存修復技法・思想の総合的研究:チェーザレ・ブランディ修復学の受容と現代性

「保存修復の技法と思想」出版助成

西洋における美術作品の保存・修復の技法と思想の変遷

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

ビーワンオフィス(広報担当)

Tel. 0463-63-4670(直通)