佐藤 陽子

佐藤 陽子

サトウ ヨウコ

  • 教授
  • 学位:博士(理学)

基本情報

所属

  • 生物学部 / 生物学科
  • 生物学研究科 / 生物学専攻

ジャンル

  • 生物・動植物
  • バイオテクノロジー

研究と関連するSDGs

  • すべての人に健康と福祉を
  • 陸の豊かさも守ろう

研究内容

哺乳類精子形成で体温より低い温度が必要な理由を探る

哺乳類では通常、体細胞と比較して精細胞だけが体温より低い温度下でのみ正常精子形成を行うため、ヒトを含む多くの哺乳類において精巣が体内に留まる停留精巣では精巣温度上昇による熱ストレスのため精子形成異常を示す。しかし、ゾウは停留精巣でも正常な精子形成を行う他に類を見ない特徴を持つ稀少な動物の一つである。精細胞の温度感受性の謎を解明すべく、熱ストレス耐性を持つ特殊なゾウの精子形成の仕組みを研究している。

詳細情報

研究分野

  • ライフサイエンス 泌尿器科学
  • ライフサイエンス 発生生物学
  • ライフサイエンス 実験動物学

受賞

  • 第22回日本アンドロロジー学会 学会賞
  • 第20回日本アンドロロジー学会 学会賞
  • 江上基金

論文

Chelation of trace elements in preservation medium influences the quality of boar spermatozoa during liquid preservation at 5°C for 4 weeks.

Effects of skim-milk supplementation on the quality and penetrating ability of boar semen after long-term preservation at 15 °C.

Effects of green tea polyphenol on the quality of canine semen after long-term storage at 5°C.

The effect of relaxin supplementation of in vitro maturation medium on the development of cat oocytes obtained from ovaries stored at 4°C.

書籍等出版物

  • Aquatic genomics
  • 婦人科検査マニュアル
  • 変態の生物学

講演・口頭発表等

  • HELMET法を用いたラット小腸上皮組織でのDNAメチル化状態の解析
  • Differentiation stage-specific changes of DNA methylation and histone H3 modifications in mouse spermatogenesis
  • 生殖細胞に発現しているTex101に関するin vivoノックダウン解析の試み
  • マウス生殖細胞アポトーシス誘導におけるミトコンドリア動態とERβ発現の関与
  • DNAメチル化部位検出のための新たな分子組織細胞化学:HELMET法
  • RNAiによるマウス精巣Tex101に関するin vivoノックダウン解析:ベクターの作成とエレクトロボレーションによる精巣への導入条件検討
  • マウス生殖細胞アポトーシス誘導におけるミトコンドリア動態とERβ発現の関与
  • 成熟マウス精巣由来セルトリ細胞株を用いたin vitro 精子形成過程再現の試み
  • in vivo における哺乳類の精子形成促進及び維持系について~成熟と未成熟の違いとは~
  • Identification of new steroid metabolites in human testis showing deteriorated spermatogenesis.
  • ラット小腸虚血再灌流に伴う肺でのアポトーシス関連蛋白発現動態の解析
  • pEYFP-Mito遺伝子導入精巣でのミトコンドリアとその関連蛋白動態の生殖細胞アポトーシスへの関与
  • 造精機能障害を示すヒト精巣の特徴について
  • Limited differentiation and survival of spermatogenic cells after grafting adult and immature human testicular tissues to immunodeficient mice.
  • 造精機能障害に精細管基底膜は関与するのか
  • 造精機能障害と精細管基底膜の肥厚について
  • ヒト造精機能障害に特異的な精細管基底膜の肥厚と、その構成成分の解析
  • in vivo 移植実験系におけるヒト成熟精巣の精子形成維持系開発の試み
  • 造精機能障害を示す精巣におけるヒト特有な変化について

所属学会

  • 日本不妊学会
  • 日本発生生物学会
  • 日本動物学会

Works(作品等)

精子形成細胞におけるmitosisからmeiosisへの分子スイッチ機構の解明

ヒト造精機能障害におけるステロイド代謝異常の解析

マーモセット精巣の免疫不全マウスへの移植による精子形成in vivo実験系の開発

ヒト造精機能障害に関与する精細管基底膜内糖蛋白質の同定と機能解析

造精機能障害の発生機序:精細管基底膜に存在する糖蛋白質の解析

共同研究・競争的資金等の研究課題

哺乳類の精子形成機構について

マウス精子先体反応に及ぼすglycine receptorの役割について

ヒト精子形成機構について

牡蠣の性転換機構について

ホヤの変態機構について

ResearchMapへ移動します

取材・研究に関するお問い合わせ先

取材に関するお問い合わせ

大学広報部企画広報課

Tel. 0463-58-1211(代表) Fax. 0463-50-2215