海洋学部の山田吉彦教授が読売新聞「あすへの考」で取り上げられました

このほど、読売新聞の大型インタビュー「あすへの考」で、海洋学部海洋文明学科の山田吉彦教授(本学静岡キャンパス長)が取り上げられました。

記事では、「海洋国家百年の計 今こそ」と題し、日本の海洋政策について述べられていますので、ぜひ以下のリンクよりご覧ください。

[出典:2021年11月28日 読売新聞(朝刊13頁)]
※読売新聞社より転載許諾済み(2021年12月1日付)
※同記事の無断転載・複製等は禁止されています。

実際の記事はこちらよりご覧ください