「4つの力」のアセスメント(ジェネリックスキル測定)

現代社会では、大学で学ぶ専門知識のほか、コミュニケーション力や課題解決力等が求められています。
東海大学では、このような能力を「4つの力(自ら考える力・集い力・挑み力・成し遂げ力)」と表現しています。
全キャンパス共通で新入生を対象に4月開講時期に実施する“「4つの力」のアセスメント”は、いろいろな能力の中から、入学する皆さんの強みや課題を測定する取り組みです。測定後に開催される「解説会」では、結果報告書と「ガイドブック」をお渡しし、能力を伸ばす方法と計画の立て方を具体的に解説します。これらは皆さんが在学中に自分の強みや課題を確認し、大学での様々な学びを通して能力を伸ばしていくことを期待するものです。
このアセスメントは、皆さんが3年次になったときにもう一度実施します。

2019年度入学者の皆さんへ に戻る