文部科学省 平成30年度「私立大学等改革総合支援事業」の3タイプに本学の取組みが選定されました。

2019年02月27日

文部科学省 平成30年度「私立大学等改革総合支援事業」の3タイプに本学の取組みが選定されました。

私立大学等改革総合支援事業は、文部科学省が教育の質的転換や、産業界・他大学との連携、地域におけるプラットフォームの形成による資源の集中化・共有など、特色化・機能強化に向けた改革に全学的・組織的に取り組む大学等を重点的に支援する事業です。

支援対象校の選定は、対象となる取組みに応じて以下の5タイプ毎に行なわれます。

*タイプ1「教育の質的転換」
*タイプ2「産業界との連携」
*タイプ3「他大学等との広域・分野連携」
*タイプ4「グローバル化」
*タイプ5「プラットフォーム形成」

本学は、以下の3タイプで選定されました。
タイプ2「産業界との連携」
 産業界と連携した高度な教育研究支援
タイプ4「グローバル化」
 国際環境整備、地域の国際化等、多様なグローバル化を支援
タイプ5「プラットフォーム形成」
 「大学コンソーシアム熊本」で申請。
 各大学等の特色化・資源集中を促し、複数大学間の連携、自治体・産業界等との連携を進めるための
 プラットフォーム形成を通じた大学改革の推進を支援



「私立大学等改革総合支援事業」の詳細は、文部科学省のサイトをご参照ください。
*文部科学省HP「私立大学等改革総合支援事業

一覧へ戻る