高橋 哲夫/タカハシ テツオ

Tetsuo Takahashi

准教授

学位:
博士(農学)

主要授業担当科目

  • 生化学3
  • 生化学実験A(生体分子)
  • 植物工学
  • 生化学実験B(微生物・遺伝子)
  • 遺伝子工学特論

専門分野

  • 糖鎖工学・糖鎖生物学
  • 遺伝子工学
  • 細胞工学・細胞生物学

現在の研究課題

  • アスパラギン結合型糖鎖生合成機構の解明
  • 糖転移酵素遺伝子のクローニング
  • 糖転移酵素の物理的相互作用の解析
  • 研究内容

    動物細胞において、糖蛋白質上の糖鎖は、その多様な糖鎖構造を通じて蛋白質の構造維持、輸送・選別、機能調節に働いており、また、細胞増殖・分化や発生、免疫といった複雑な生命現象での細胞間の認識や接着に重要な役割を果たしています。様々な種類の糖鎖が真核細胞の粗面小胞体やゴルジ体で生合成されますが、その生合成に必要なのは、膜に局在する多数の糖転移酵素です。これらの糖転移酵素は個々に解析が進められていますが、酵素間のコンタクト(物理的相互作用)については、知見があまりありません。そこで本研究室では、遺伝子工学的手法によりこれらの糖転移酵素の遺伝子のクローニングを行ったのち、分割ユビキチンシステムという技法を用いて、糖転移酵素間の物理的相互作用の有無を解析しています。

    所属学会

    日本農芸化学会

    日本生化学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    私たち自身の体内の細胞で働いている、遺伝子、酵素、糖鎖といった、内なる生命の神秘を一緒に探ってみませんか?

    主な論文・著書

    • T. Takahashi et al., Cloning of the human cDNA which can complement the defect of the yeast mannosyltransferase I-deficient mutant alg1. Glycobiology,10(3), 321-327, 2000.
    • T. Takahashi et al., Physical interactions among human glycosyltransferases involved in dolichol-linked oligosaccharide biosynthesis. Trends in Glycoscience and Glycotechnology 24(136), 65-77, 2012.
    • T. Takahashi, Dolichyl-Phosphate Mannosyltransferase Polypeptide (DPM1-3). Handbook of Glycosyltransferases and Related Genes, 2nd edition, 1637-1647, 2014.
    • T. Takahashi, Dolichyl-Phosphate Beta-Glucosyltransferase (ALG5). Handbook of Glycosyltransferases and Related Genes, 2nd edition, 1649-1655, 2014.
    • T. Takahashi et al., Identification and characterization of transcriptional control region of the human beta 1, 4-mannosyltransferase gene. Cytotechnology,DOI: 10.1007/s10616-015-9929-y, pp1-18, 2015.

    メールアドレス

    tetsuo@keyaki.cc.u-tokai.ac.jp

    戻る