三橋 弘明/ミツハシ ヒロアキ

Hiroaki Mitsuhashi

准教授

学位:
博士(学術)

主要授業担当科目

  • 微生物学
  • 基礎生化学実験
  • 科学リテラシー2
  • 理化学基礎特論1
  • 理化学基礎特論2
  • 生化学1

専門分野

  • 分子遺伝学
  • 分子生物学
  • 骨格筋生物学

現在の研究課題

  • 遺伝性筋疾患のゼブラフィッシュモデル
  • 顔面肩甲上腕型筋ジストロフィーの病態解明
  • 研究内容

    私の研究室では、ゼブラフィッシュという熱帯魚を使って研究をおこなっています。熱帯魚で研究?と不思議に思う方もいるかもしれません。しかし、ゼブラフィッシュには他の動物にはない様々な研究に適した特徴があります。例えば、卵が透明なので、受精卵が孵化するまでの様子を顕微鏡で観察することができます。さらに最先端の遺伝子組換え技術を用いて、からだの一部の器官を光らせた蛍光ゼブラフィッシュを作り出し、脳や筋肉などの成り立ちを詳しく観察することもできるのです。このような利点をうまく活かして、ゼブラフィッシュを私たち人間の病気の理解のために役立てたいと考えています。

    所属学会

    日本分子生物学会

    骨格筋生物学研究会

    日本筋学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    生命化学は生命のしくみを分子のレベルで理解することを目指す学問です。生命の不思議にはまだまだ謎が多く、常に実験によって新しい事実を明らかにしていきます。新しいものへの好奇心や、失敗を恐れず何度も挑戦できる根気が大切です。

    主な論文・著書

    • 1. Mitsuhashi S, Frith MC, Mizuguchi T, Miyatake S, Toyota T, Adachi H, Oma Y, Kino Y, Mitsuhashi H, Matsumoto N. (2019) Robust detection of tandem repeat expansions from long DNA reads. Genome Biology 20(1):58
    • 2. Mitsuhashi, H., Homma, S., Beermann, M.L., Ishimaru, S., Takeda, H., Yu, B.K., Liu, K., Duraiswamy, S., Boyce, F.M., and Miller, J.B. (2019) Efficient system for upstream mRNA trans-splicing to generate covalent, head-to-tail, protein multimers. Scientific Reports 9: 2274
    • 3. Pakula A, Lek A, Widrick J, Mitsuhashi H, Kunkel L, et al. (2018) Transgenic zebrafish model of DUX4 misexpression reveals a developmental role in FSHD pathogenesis. Hum Mol Genet 28 (2), 320-331.
    • 4. Mitsuhashi H, Ishimaru S, Homma S, Yu B, Honma Y, Beermann ML, Miller JB. (2018) Functional domains of the FSHD-associated DUX4 protein. Biol Open. 7(4). pii: bio033977.
    • 5. Mitsuhashi S, Nakagawa S, Takahashi-Ueda M, Imanishi T, Frith MC, Mitsuhashi H. (2017) Nanopore-based single molecule sequencing of the D4Z4 array responsible for facioscapulohumeral muscular dystrophy. Sci Rep 7: 14789

    戻る