大西 修平/オオニシ シユウヘイ

Shuhei Ohnishi

教授

学位:
博士(農学)

専門分野

  • 水産資源学
  • 水産資源管理学
  • Bioeconomics

現在の研究課題

  • 生物資源のフィードバック管理理論
  • 資源の不確実性とAdaptive management
  • 資源管理での行動経済学的アプローチ
  • 研究内容

    水産資源とは食糧や薬品として利用される海洋生物を意味します。最近では観光や環境

    教育を目的にした資源開発や利用もみられ、水産資源の捉え方は多様化しています。水産

    資源が鉱物など地下資源と決定的に異なる特徴は、再生産(子を産むこと)を通じて短い

    時間スケールで数量が増加することです。この増加のメカニズムは環境変動に依存し、一

    般に極めて複雑なものです。我々人類は、海洋という「銀行」に預けた水産資源が生んで

    くれる「利子」の増え方を調べながら適正に利用し、「元金」の管理を行うという問題を

    扱う必要があるのです。水産資源を測定すれば様々な情報が得られます。生物個体の大き

    さや性比、生息域や分布密度など、定量的に扱えるデータの分析方法を工夫することで、“

    元金”や“利子”の状態を診断することが可能です。

     本研究室では、無秩序な開発を回避し、水産資源の永続的な利用計画をたてることを目

    的に、水産資源の数量的変化の特性やその背景にある要因について解明する研究を行って

    います。コンピュータの力を借りて、目では見えない水産資源の動きを捉えるということ

    が大きな課題です。

    所属学会

    水産海洋学会

    日本水産学会

    主な論文・著書

    • A note on the von Bertalanffy growth function concerning the allocation of surplus energy to reproduction. Fish. Bull. 110, 223-229 (2012)
    • Combined effects of social pressure from the inside and outside of fishing communities promote cooperation for stock management. Ecological Research, 28, 845-854 (2013)
    • On the analytical solution for the Putter-Bertalanffy growth equation. Journal of Theoretical Biology, 343, 174-177 (2014)

    戻る