大泉 宏/オオイズミ ヒロシ

H. Ohizumi

教授

学位:
博士(農学)

主要授業担当科目

  • 基礎生態学
  • 海洋生態学
  • 沿岸生態調査実習

専門分野

  • 海洋生態学・海棲哺乳類学

現在の研究課題

  • 北海道周辺のシャチの生態学的研究
  • 駿河湾の鯨類に関する研究
  • 日本近海の小型鯨類の食性に関する研究
  • 研究内容

    各種鯨類の胃内容物分析による摂餌生態の解明。安定同位体比を用いた海洋生態系の研究。魚類

    耳石および頭足類顎板の形態と種判別への応用。飼育下の小型鯨類を用いた呼吸生理学的手法に

    よるエネルギー代謝の研究。

    所属学会

    日本水産学会

    日本哺乳類学会

    The Society for Marine Mammalogy

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    日本は海に囲まれています。その海には様々な鯨類が分布しています。しかし、その生態はよく分かっていません。いつ、どこに、どの種が何頭いて、そこで彼らは何をしているのでしょうか? 海の生態系は人間が利用する場でもあります。海洋生物資源や生態系サービスを持続的に利用するためには、そこで暮らす生物の営みを理解する必要があります。鯨類は高次捕食者としての役割を生態系で果たしているはずです。しかし、私たちはそれを十分に理解しているとは言えません。世間では、鯨類が身近な海にいることすら知らない人も多いと思います。鯨類が海洋生態系で果たす役割について、一緒に明らかにしていきましょう。

    主な論文・著書

    • Prey selection of common minke (Balaenoptera acutorostrata) and Bryde's (Balaenoptera edeni) whales in the western North Pacific in 2000 and 2001. Fisheries Oceanography 16, 186-201. 2006.
    • Feeding habits of Dall's porpoises (Phocoenoides dalli) in the subarctic North Pacific and the Bering Sea basin and the impact of predation on mesopelagic micronekton. Deep Sea Research I 50, 593-610. 2003.
    • Feeding habits of Baird's beaked whale Berardius bairdii, in the western North Pacific and Sea of Okhotsk off Japan. Fisheries Science 69, 11-20. 2003.
    • Prey Switching of Dall's porpoise Phocoenoides dalli with population decline of Japanese pilchard Sardinops melanostictus around Hokkaido, Japan. Marine Ecology Progress Series 200, 265-275. 2000.

    戻る