堀江 琢/ホリエ タク

Taku Horie

准教授

学位:
博士(水産学)

主要授業担当科目

  • 生物環境毒性論
  • 環境化学実験
  • 沿岸生態学実習
  • 魚類学実験

専門分野

  • 海洋生態学
  • 環境化学

現在の研究課題

  • 板鰓類の生態学的研究
  • 板鰓類の有機塩素系化合物の蓄積特性
  • 研究内容

    底生性の小型サメ類である,トラザメ科魚類の分布・繁殖・食性・年齢・成長などの生物

    学的・生態学的研究を行っている.そして,これらの研究をもとに,高次捕食者であるサ

    メ類が,PCBやDDTなどの海洋汚染物質を,どのように,どれくらい取り込み,どのような

    影響を受けているのかについて研究している.

    所属学会

    日本水産学会

    日本環境化学会

    日本板鰓類研究会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    サメは、沿岸から外洋、深海まで幅広い海域に生息していますが、今、絶滅の危機に瀕している種が多くいます。しかしながら我々は、まだまだサメについて知らないことが多く、彼らと上手く共存して行くためにも、謎の多いサメについてもっと知らなければなりません。特に深海に生息するサメ類の生態について研究を行っていますが、彼らは他の深海生物と関わりを持って生活しており、その深海生物たちについてもわからないことがたくさんあり同時に明らかにしなければなりません。是非一緒に勉強をして、サメを含む深海生物の謎を解明して行きましょう。

    主な論文・著書

    • 駿河湾におけるナヌカザメCephaloscyllium umbratile (トラザメ科)の繁殖と食性.
    • サメ類における有機塩素系化合物PCB及びDDTの蓄積.
    • サメ類と海洋汚染物質.
    • 日本周辺4海域で採集したトラザメScyliorhinus torazame,のPCBsとDDEの蓄積特性.
    • 海洋生態系における高次捕食者のPCB汚染

    メールアドレス

    t-horie@scc.u-tokai.ac.jp

    戻る