中山 直英/ナカヤマ ナオヒデ

Naohide Nakayama

助教

学位:
博士(理学)

主要授業担当科目

  • 魚類学
  • 魚類学実験

専門分野

  • 系統分類学
  • 多様性生物学
  • 魚類学

現在の研究課題

  • 深海性魚類の系統分類学的研究
  • 静岡県の海産魚類相
  • 研究内容

    地球表面のおよそ7割を覆う海。水深200m以深の「深海」はその9割以上を占めます。しかし、広大な深海域に暮らす生物の多様性は十分解明されていないのが実状です。比較的よく研究されてきた魚類でさえ、毎年たくさんの新種が深海域から報告されています。一方で、深海魚に見られるユニークな「かたち」は、古くから多くの人々を魅了してきました。しかし、その機能や進化については多くの謎が残されています。私たちの研究室では「分類学」と「形態学」を基軸に、深海魚を含む魚類の多様性を探求しています。

    所属学会

    日本魚類学会

    日本動物分類学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    駿河湾に面する東海大学海洋学部は、魚の多様性を学ぶには絶好の立地です。海洋生物学科は魚類に関する講義・実習を幅広く展開していますので、「魚好き」にはもってこいの場所でしょう。

    主な論文・著書

    • 日本魚類学会(編).2018.魚類学の百科事典.丸善,東京.778 pp.(分担執筆:外部形態)
    • 中坊徹次(編・監修).2018.小学館の図鑑Z 日本魚類館.小学館,東京.524 pp.(分担執筆:アオメエソ科,ヒメ科,ソコダラ科)
    • Nakayama, N. and Endo, H. (2016) A new species of the grenadier genus Coryphaenoides (Actinopterygii: Gadiformes: Macrouridae) from Japan and a range extension of Coryphaenoides rudis Gunther 1878 in the northwestern Pacific. Ichthyological Research 64(1): 1-12.
    • Nakayama, N. and Endo, H. (2015) Redescription of Nezumia infranudis (Gilbert & Hubbs 1920), with the first record of the species from the Eastern Indian Ocean (Actinopterygii: Gadiformes: Macrouridae). Marine Biology Research 11(10): 1108-1115.
    • Nakayama, N., Kimura, Y. and Endo, H. (2014) Neoepinuula minetomai, a new species of sackfish from off Kuchierabu-jima Island, southern Japan (Actinopterygii: Gempylidae). Ichthyological Research 62(3): 320-326.

    戻る