撫中 達司/ムナカ タツジ

Tatsuji Munaka

教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • データ構造とアルゴリズム
  • コンピュータネットワーク
  • 情報通信セキュリティ
  • ソフトウエア工学2
  • 組込みソフトウエア工学実験1、3
  • システム工学通論

専門分野

  • 組込みネットワーク
  • IoT/M2Mシステム
  • 短距離無線通信

現在の研究課題

  • IoTを活用した産業システムのサービス化
  • 安全・安心なIoT/M2Mシステム
  • 研究内容

    「インターネットにすべての機器(モノ)が繋がり,実世界と仮想世界が融合することで,新たなサービスの創出につながる(IoT: Internet of Things)」。世界中がその実現に向け研究開発を加速しています。ドイツでは,Industrie4.0と呼ばれる第四次産業革命が国家レベルで推進されており,米国ではIndustrial Internetを提唱して企業,大学,各種団体がコンソーシアムを立上げ,異業種を超えて連携すべく取組みが進められています。

     このように,すべての機器がインターネットに接続されることで,社会の安全や安心,産業分野の生産性向上,さらにはエネルギーの効率的利用など,様々な効率化のためにIoT/ M2M(Machine to Machine)システムは大きな展開が期待されています。IoT/M2Mシステムは,センサを含む機器同士または機器とクラウド・サービスをネットワーク経由で接続し,様々なサービスを提供します。IoT/M2M システムを実現するには,センサなどのデバイスから,ワイヤレスセンサネットワークやサービスプラットフォームなどの様々な技術を組合せて実現する必要があります。安全安心なIoT/M2Mシステムの実現に向け,研究を進めています。

    所属学会

    IEEE Senior Member

    情報処理学会 シニア会員

    電子情報通信学会

    日本医療情報学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    ~ 将来の自分を描き、達成に向けて一緒に考えよう ~ ”お金のない大学生にはたくさんあり、お金があっても社会人には買えないもの”は何でしょうか。答えば”時間”です。学生時代は、たっぷりと時間を取っていろいろなことに悩むことが大切です。そんな貴重で将来の自分探しに大切な”時間”をいっしょに過ごしませんか。

    主な論文・著書

    • IoTのもたらす新たな世界 ~Industrial Internetの動向~, システム制御情報学会, 学会誌, 第60巻10号, 2016年10月
    • 語の出現と意味の対応の階層ベイズモデルによる教師なし語義曖昧性解消, 情報処理学会論文誌, Vol.57, No.8, pp.1850-1860
    • An Energy-Saving Control System of Lighting and Air-conditioning Linked to Employee's Entry/Exit in the Zone of the office, Scientific & Academic Publishing, International Journal of Energy Engineering, Volume 5, Number 4, July 2016
    • Simple, Secure, and Efficient Searchable Symmetric Encryption with Multiple Encrypted Indexes, IWSEC2016, 2016 Sept., IPSJ & IEICE
    • A Practical Attack to AINA2014's Countermeasure for Cancelable Biometric Authentication Protocols, ISITA2016, 2016 Oct., IEICE & IEEE

    メールアドレス

    Munaka@tsc.u-tokai.ac.jp

    戻る