大江 信宏/オオエ ノブヒロ

Nobuhiro Ohe

教授

学位:
博士(工学)

主要授業担当科目

  • 入門ゼミナール
  • 組込み技術基礎実験
  • プロジェクト管理
  • 組込みソフトウェア開発特別講義
  • 組込みソフトウェア開発プロジェクト
  • 組込みソフトウェア工学実験1

専門分野

  • IoTシステム
  • AI
  • 組込みソフトウェア

現在の研究課題

  • IoTシステムのPBL
  • IoT/AIの融合とAI教育法
  • 研究内容

    身近な製品に組込みシステムが内蔵されている時代です。それに加え、センサー技術,ネットワーク技術,情報処理技術など複数の技術を横断的に結合した IoT(Internet of Things)は,近年それぞれの技術の進展等によりその適用分野の拡がりが期待されています。さらにAI・機械学習の技術を加えて、社会インフラから産業分野,身の回りの課題まで、これまで想定できなかった新しいサービスのアイデアが生まれる可能性があります。その人材育成のために、プロトタイプ構築を行うことによる教育法を研究しています。

     文科省が推進するenPiT(Educational Network for Practical Information Technology)のプロジェクトに東海大学も組込みシステム分野で参画しています。組込みシステム技術のエキスパートを養成し、さらにIoT/AIを取り込み、連携させることで、より広い応用へと発展できます。我々は、大学で学ぶ様々な技術と組合せ、多様な組込みシステムを発想し、設計できる技術者の育成に取り組んでいます。

    所属学会

    情報処理学会

    電気学会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    キャタピラ型ロボット、ルンバ、ドローンなどの組込みシステムのものづくりに挑戦することで、4つのP、すなわち「Product:システムを作る技術力」「Process:開発工程の活用力」「Project:プロジェクト推進力」「Professionlism:職業人力」を養うことができます。やる気さえあれば、楽しくチャレンジができます。チャレンジしていくことを少しずつでも続けていけば、やがて力をつけた自分を発見できることでしょう。

    主な論文・著書

    • 「アイディアに基づくM2M/ IoT プロトタイプシステム構築法の提案と実践」,大江信宏,堂坂 辰,北上眞二,金子洋介,井上雅裕,中島 毅,汐月哲夫,小泉寿男:電気学会論文誌C(電子・情報・システム部門誌)Vol.137 No.10 pp.1402-1413 (2017)
    • “A Method of Prototype Construction for the Active Creation of IoT Application Ideas and Its Evaluations”, Nobuhiro Ohe, M.Ishihara, H.Yonemori, S.Kitagami, M.Inoue, J.Sawamoto, T.Shiotsuki:International Journal of Internet of Things, 2016, 5(1): 1-8
    • 「M2Mのプロトタイプ構築によるものづくり教育システムの提案と実践」,大江信宏,北上眞二,米盛弘信,井上雅裕,汐月哲夫,小泉寿男:電気学会論文誌A(基礎・材料・共通部門誌),2015年11月号 VOL.135, NO.11 PP.655-665 (2015)
    • 「業務システムにおけるスマートデバイスの多様性に対応したWebアプリケーション自動生成機能と実装」,大江信宏、渡辺透、汐月哲夫:電気学会論文誌C(電子・情報システム部門誌),VOL.135 NO.8 PP.1017-1027 (2015)
    • 「保守技術者の移動先作業を支援する電話・PC融合システムとその実装評価」,大江信宏,渡辺透,北上眞二,小泉寿男:電気学会論文誌C(電子・情報システム部門誌),VOL.134, NO.10 PP.1566-1576 (2014)

    メールアドレス

    oe.nobuhiro.h@tokai.ac.jp

    戻る