阿部 淳/アベ ジユン

Jun Abe

教授

学位:
博士(農学)

主要授業担当科目

  • 作物学
  • 土と肥料
  • 熱帯農学特論

専門分野

  • 作物学

現在の研究課題

  • 熊本県下の水稲有機栽培の研究
  • 根量が優れたサトウキビ新品種の選抜
  • バイオマス,エネルギー原料作物の研究
  • 研究内容

    食用作物としては、水稲を中心に研究しています。

    水稲は、南阿蘇村など熊本県内で、有機栽培・自然栽培されている水稲の生育特性や収量・品質を調査し、有機栽培・自然栽培に適した品種の特性や、より良い栽培方法の解明に役立てることを目指しています。そのほか、多用途米など、米の消費拡大に繋がる研究や、余剰水田の活用のため、水田転換畑でのダイズの湿害対策にも取り組んでいます。

    また、サトウキビについて、土壌環境が悪い土地でも生産性を維持できる品種の育成を目指し、根系の評価方法を検討しています。

    こうした食料生産に関わる研究のほか、セルロース系バイオマス原料となるイネ科の多年生植物やバイオディーゼル原料となる油料作物の研究、地域での循環型農業の研究など、エネルギーや環境を含めた、広い意味での作物学・栽培学の研究も実施しています。

    所属学会

    日本作物学会

    根研究学会

    日本水稲品質・食味研究会

    入学をお考えの皆様へメッセージ

    優れた作物を生産しようと熱心に取り組む農家が多い熊本のフィールドで,実地に学んで,世界に発信できる栽培技術を開発していきましょう.

    主な論文・著書

    • Nemoto K. and Abe J. 2013. Radiocesium absorption by rice in paddy field ecosystems. In Nakanishi T. M., Tanoi K. eds. Agricultural Implications of the Fukushima Nuclear Accident. Springer, Tokyo. pp 19-27.
    • Doi T., Abe J., Shiotsu F., Morita S. 2011. Study on rhizosphere bacterial community in lowland rice grown with organic fertilizers by using PCR-denaturing gradient gel electrophoresis. Plant Root 5:5-16.
    • 阿部 淳・森田茂紀・安 萍 2006. 作物研究における低真空走査電子顕微鏡とX線微量分析の利用.日本作物学会紀事 75(2):217-219.
    • Abe J. ed. 2003. Roots:the Dynamic Interface between Plant and the Earth. Kluwer Academic Publishers, Dordrecht, the Netherlands.
    • 森田茂紀・阿部 淳 代表編集 1998. 根の事典.朝倉書店,東京.

    メールアドレス

    abejun@agri.u-tokai.ac.jp

    ホームページURL

    http://www.facebook.com/tokaicrop新しいウィンドウを開きます

    戻る